FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

サンクチュアリご利用案内

※現在、この記事がトップに来るよう設定しています。

<平日開園>
次の平日開園は 10月1日(月) と 10月15日(月)  を予定しております。
(今年度の日程については、こちらの記事をご確認ください。)

<今後の行事・イベント>
事前申込の必要なものもありますので、詳細はこちらの記事、もしくは以下のリンク先の記事をご確認ください。

体験工房「ススキでトトロをつくろう」 … 9月30日(日)  ※雨天時10/6(土)に延期
このページのトップへ

2018年度 秋〜冬 行事予定

<体験工房>
事前申込が必要です。開催日の1ヶ月前より受付開始します。
申込フォーム、メール、電話、FAXで生態工房へ。または開園日に直接スタッフまでお知らせください。

まもろう練馬の草はら「落ち葉かきと焼きいも・焼き林檎の日」
焼き林檎の日:12月9日(日)
焼きいもの日:12月16日(日)、2019年1月20日(日)
10:00~12:30 (積雪・雨天中止)
対象:小学2年生以上(1年生以下は保護者とご一緒にどうぞ)
定員:30名(申込先着順)
参加費:500円(2才以下は保険料30円のみ)
※日にちによって集合場所が違います。下部チラシをよくご確認ください。

<企画展>
7月29日(日)~10月20日(土)
「かいぼり before→after」

11月4日(日)~2月16日(土)
「生きもののすみか 虫たちの冬越し」

3月10日(日)~5月中旬(予定)
「写真展 光が丘の生きものたち」



サンクチュアリで配布しているイベント案内チラシです。
みなさまのご参加をお待ちしております!

行事チラシ2018秋冬_表おもて  行事チラシ2018秋冬_裏うら
このページのトップへ

残暑の連休末日

2018年9月17日(月)晴れ
三連休の最終日。まとわりつくような気温と湿気に「残暑」という言葉を思い出す一日。
光が丘公園内でお祭が開催されていたこともあり、特に日の高い時間帯は、来園者で賑わう観察舎でした。

すすきトトロ
体験工房の宣伝トトロたちがお出迎え。
「ススキでトトロをつくろう」参加申し込み受付中です!


主役はサシバ
平日開園日や昨日に続いて、ツミ・サシバ・ノスリと、猛禽日和のバードサンクチュアリ。
大きく目立つ行動は見られなかったものの、カマキリを捕らえては食べ続けるノスリと、飛び去ったと見せかけて思い出したように現れるサシバたちに、皆さんの目は釘づけでした。
この猛禽強化週間は、はたしていつまで続くのでしょうか?

サシバ

サシバ
飛行中のサシバの連続写真。
翼の形に風を感じます!
(撮影:岡井孝さん)

樹上のサシバ
サシバ「留鳥ではないのだよ……毎日いるけど」
(撮影:岡井孝さん)


イトトンボのいろどり
種を見分けるのが難しいトンボ類の中でも、さらに難しいと噂のイトトンボ類。
そんなイトトンボの、涼しげな色の2種の写真をご紹介します。

アジアイトトンボ
小さくて可愛らしいアジアイトトンボ。
しっぽの先(腹部第9節)の淡い青色が特徴的です。
(撮影:齋藤豊広さん)

アオイトトンボ
実は「イトトンボ科」ではないアオイトトンボ。
翅をハの字に広げて止まるのが、アオイトトンボ類の特徴だとか。
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:カルガモ、カワセミ、アオサギなど 11種(さくら)


このページのトップへ

ぽかぽか陽気の連休中日

2018年9月16日(日)晴れ
朝は少し曇っていたサンクチュアリも、昼過ぎには日差しも見えて暖かな陽気となりました。
ダンゴムシ
スロープで干していた網を片付けると下からダンゴムシがたくさん


水を浴び陽を浴び
日差しの出てきたサンクチュアリではオナガたちが集団で水浴び水飲み。
オナガ
中之島で水浴び中
(撮影:古屋真さん)

オナガ
団子のように連なって休憩かな?
(撮影:岡井孝さん)


池に仕掛けたワナの上ではアオサギが翼を広げています。
アオサギ
陽を浴びて決めポーズ
(撮影:古屋真さん)

アオサギ
「さっぱりしました」
(撮影:斎藤豊広さん)


お食事風景
開園中、何度もカマキリを食べている姿を見せたノスリ。
ノスリ
カマキリゲット!
(撮影:斎藤豊広さん)

ノスリ
何匹食べればお腹いっぱいになるのかしら?
(撮影:古屋真さん)

オナガ
オナガの幼鳥はまだ「ちょうだいちょうだい!」なお年頃?
(撮影:古屋真さん)


可憐な黄色
サンクチュアリの水辺ではキンミズヒキが可憐な花を咲かせています。
キンミズヒキ
こちらは観察舎内のしょうぶ池横

サンクチュアリ池にはキセキレイがやってきました。
おしりのあたりの黄色が美しく可憐
キセキレイ
泥島に降り立つ
(撮影:岡井孝さん)


今日確認された鳥:カイツブリ、キジバト、シジュウカラなど11種(ごとう)
このページのトップへ

長い雨と行方知れず

2018年9月15日(土)雨
朝から雨がザーザーと降り15時過ぎてやっとやみました。
サンクチュアリの入口ではキンミズヒキがよく咲いています。

1DSCF2232.jpg

9月のサンクチュアリ


雨と水はべつもの
鳥はナゼ雨宿りしないのだろう?
雨の降る中、アオサギが草地をウロウロ。雨の降る中、カルガモは水浴び。雨の降る中、ツミは木のてっぺんで休憩。なぜだろう。

1ツミ_古田孝彦さん150915

(撮影・古田孝彦さん)


ヒナはいずこへ
カイツブリのヒナがいません。親鳥は2羽そろっています。どうしたのでしょうか?パートナーがヒナに餌を持ってこないので、背中に乗せていたほうの親が餌を探しに出かけていたのでしょう。ヒナが一羽取り残されている隙を何者かが襲ったのかもしれません。誰もその瞬間をみていないのでなんとも言えません。

1カイツブリ1_岡井さん180915

(撮影・岡井孝さん)


カメムシハウス
サンクチュアリの詰所は気づくといろんな虫が不法侵入してきます。夏はカメムシが詰所内をうろついているし、冬もカメムシが越冬のために本棚の隙間や剥製にしがみついている。

DSCF2226.jpg

いつ入ったのかクダマキモドキの仲間が天井にいた
※閉園後外にだしました


1DSCF2222.jpg

お腹がパンパンのハラビロカマキリが壁にいた
※閉園後外にだしました


  




今日確認された鳥:シジュウカラ、コゲラ、メジロ等11(外来種+1)種(つちや)

このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード