FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

サンクチュアリご利用案内(随時追記)

※現在、この記事が上部に来るよう設定しています。

<平日開園>
次の平日開園は 9月28日(月) です。
(2020年度の日程については、こちらの記事をご確認ください。)

<今後の行事・イベント>
事前申込の必要なものもありますので、詳細はこちらの記事、もしくは以下のリンク先の記事をご確認ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部イベントを中止としています。ご理解いただけますようお願いいたします。

のぞいてみよう、池の中 光が丘1日水族館
 … 9月19日(土)、10月7日(水)、9日(金)、10日(土) 11:00~15:00 ※申込不要、雨天中止

【中止】光が丘 水辺の生きもの教室
 … 9月12日(土)、13日(日) 9:30~12:00 ※雨天決行、荒天中止

特別公開 昆虫観察 & ススキミミズク作り
 … 10月4日(日) ①10:00~12:00、②13:30〜15:30 ※雨天延期

企画展「水辺の管理 〜サンクチュアリのお仕事紹介〜」 
 … 展示期間:8月16日(日)~10月10日(土)


このページのトップへ

食欲の秋、渡りの秋、彩りの秋

渡りの秋、食欲の秋
2020年9月21日(月・祝)曇りのち晴れ
朝からのどんよりとした曇り空から一転、午後は明るい日差しに包まれました。
ツミやサシバが入れ代わり立ち代わり姿を現し、観察窓から眼が離せない一日となりました。
アオサギ通過2020921岡井さん
みんながサシバに夢中なとき
人知れず上空を通過していったアオサギのV字編隊、総勢14羽
(撮影:岡井孝さん)

鳥が見えやすい窓や望遠鏡には限りがございますので、皆様譲り合ってのご利用にご協力をお願いいたします。

昆虫ハンター
サンクチュアリには、近くで虫を捕まえた子供達が「こんなの見つけたよ!」「この虫なに?」とよくたずねて来ます。この時期だと、立派なカマキリやバッタは大人気です。
しかし、そんな昆虫達を狙っているのは人間だけではありません。ノスリやサシバ、カラスなどが次々と飛び出しては飛んでいるセミを捕らえ、地面に降りてはカマキリを捕らえて食べています。彼らが今日捕まえた昆虫の数は……10は超えていたことでしょう。
ツミ200921岡井さん
ツミもセミを追いかけていました
(撮影:岡井孝さん)

ヒヨドリ_たんぽぽ200921齋藤さん
サンクチュアリ外で撮影されたものですが……
ヒヨドリもセミをパクリ!
(撮影:齋藤豊広さん)


渡りの小鳥たち
バードサンクチュアリ内では今シーズン渡りの小鳥たちはあまり確認されていませんが、公園内で撮影された写真をいただきましたのでご紹介します。
エゾビタキ_たんぽぽ2020921齋藤さん
エゾビタキ
くりっとした眼がかわいい
(撮影:齋藤豊広さん)

キビタキ_たんぽぽ200921齋藤さん
キビタキ♂
(撮影:齋藤豊広さん)

山地やさらに北の地域で繁殖を終えた彼らは、これからさらに南下し、東南アジアなどの地域で冬を越します。

鮮やかキセキレイ
今日もキセキレイがやってきました。観察窓近くの泥池をお尻をフリフリ歩き回っていました。
キセキレイ2020921岡井さん
黄色がとっても鮮やか!
(撮影:岡井孝さん)

色つながりで、こちらはアオイトトンボ。最近はサンクチュアリ入り口の池で連結しているのをよく見かけます。
アオイトトンボ20200921齋藤豊広さん
"アオ"い体に粉を吹いているので、水色っぽく見えますね
(撮影:斎藤豊広さん)


今日確認された鳥:カイツブリ(1羽)、オナガ、コゲラなど17種(ごとう)
このページのトップへ

秋の雨降る連休二日目

2020年9月20日(日)曇りときどき雨
四連休の二日目を迎えた、光が丘公園バードサンクチュアリ。
朝からどんより曇り空で、しとしとと小雨の降る時間帯も。
バードウォッチングには微妙ですが、秋らしく、過ごしやすい一日となりました。

ヘクソカズラとシジュウカラ
シジュウカラ with 花盛りのヘクソカズラ。
(撮影:齋藤豊広さん)


秋告げの渡りカモ
アオサギ・ダイサギ・カルガモと、いつもの水鳥メンバーに、本日はコガモが加わっていました。
今年3月以来の半年ぶり、今年度としては初確認です!
光が丘でも越冬するコガモですが、この時期のコガモは、もっと南へ渡っていく旅の途中と思われます。
ゆっくり羽を休めてくれるといいですね。

コガモ2羽
コガモ「子どものカモではございません」
(撮影:齋藤豊広さん)


キセキレイあらわる
続いて、こちらも久しぶり(昨年12月ぶり)の登場。黄色いお腹がキュートなキセキレイです。
キセキレイは本州でも繁殖している小鳥ですが、当地では(実質)冬鳥。
これからの季節、しばしば姿を見せてくれると思われます。

キセキレイ
池の浅瀬を東へ西へ。
(撮影:岡井孝さん)


秋の緑色
夏の間はカブトムシ達で密だった樹液レストランも、もうすぐ閉店。
あれだけ賑やかだったセミの声も、ほとんど聞こえなくなってきました。
それでは、他の虫たちは……? というわけで、本日出会った虫たちから、緑色の虫をピックアップしてご紹介します。

カマキリ
「スズメガ幼虫はいないかな」とツル植物を覗き込んでいると、
カマキリに見つめ返されてしまいました。
不審な動きを警戒したのか、こちらの動きをどこまでも追ってきます。
どこまでも……どこまでも……。

アオバハゴロモ
スズメガ幼虫の代わりに見つけた、アオバハゴロモ。
よく見ると、羽が薄紅色に縁取られています。おしゃれ。

ナミアゲハ幼虫
スロープ横のサンショウ&スダチの木では、ナミアゲハの幼虫が成長中!
アゲハ幼虫シーズンも、そろそろ終盤です。

アオゲラ
昨年7月ぶりのアオゲラ「私は虫ではありませんけど……?」
(撮影:齋藤豊広さん)




今日確認された鳥:サシバ、ノスリ、ヤマガラ、メジロなど 18種 (さくら)



このページのトップへ

【終了】光が丘一日水族館(1回目)

本日、今年度最初の「光が丘一日水族館」を開催しました。
雨予報でしたが、なんとか降らずに終えることができました。
ご来場いただいた皆さま、お手伝いいただいたサンクチュアリおとなスタッフの皆さん、ありがとうございました!

一日水族館の水槽展示
会場の様子


会場は、光が丘バードサンクチュアリを飛び出して、お隣の鑑賞池でした。
サンクチュアリ看板娘のミシシッピアカミミガメも出張し、大人気。
水槽にいるサンクチュアリ池の生きものたちと、外来生物に関する展示パネルをご覧いただきました。
モツゴたち
モツゴたち
よくカワセミが食べているアレです


今日のイチオシは、何と言ってもこれ!
ニホンスッポンの赤ちゃん
生まれたて!
ニホンスッポンの赤ちゃん
500円玉サイズ

ニホンスッポンの息継ぎ
呼吸しているところ


次回は、10月です。
生きものは毎回とれたてをご用意するので、お楽しみに☆
(ますなが)

------------------
光が丘一日水族館
10月7日(水)、9日(金)、10日(土) 11:00~15:00 ※雨天中止
鑑賞池にて、開催時間中ご自由にご覧ください
------------------






このページのトップへ

4連休初日


2020年 9月 19日(土)曇り
今日の光ヶ丘公園バードサンクチュアリは、曇りの一日。雨予報でしたが、何とか降らずに一日を終えました。
セミの勢いが弱まり、小鳥の声がよく聞こえるようになってきて、秋の訪れを感じます。



二羽の距離感

 見つめ合う?カイツブリ(撮影:岡井孝さん)

サンクチュアリ池に来たばかりの頃は、あまり仲が良くなかったカイツブリですが、最近は2羽一緒にいるところをよく見ます。



カルガモ「それちょうだ〜い」
カイツブリ「嫌だよ!」
(撮影:岡井孝さん)

カイツブリが捕らえたザリガニを狙ってしつこく追い回していました。



食欲の秋
今日のサンクチュアリ池には、アオサギ2羽、ダイサギ1羽。
ダイサギが池の中で小魚を食べたり、アオサギが草むらでカマキリを食べ、それぞれ食欲の秋を満喫していました。


えいっ!
(撮影:斉藤豊広さん)



抜き足差し足忍び足・・・
(撮影:渡辺正明さん)



今日確認された鳥:サシバ、モズ、ヤマガラなど16種(ひらいわ・ますなが)



このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード