FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

サンクチュアリご利用案内

※現在、この記事がトップに来るよう設定しています。

<平日開園>
次の平日開園は 未定 です。
(今年度の日程については、こちらの記事をご確認ください。)

<今後の行事・イベント>
事前申込の必要なものもありますので、詳細はこちらの記事、もしくは以下のリンク先の記事をご確認ください。

企画展「写真展 光が丘の生きものたち」
写真展作品募集! … 応募期間:2月2日(土)~3月3日(日)
 
このページのトップへ

春分の日

2019年3月21日(木・祝)曇りのち晴れ
春分の日の今日、朝の雨はすぐに去り、頭上には青空が広がりました。
暖かな日差しが降り注ぐと同時に強い風が何度も吹き抜ける一日となりました。
190321ソメイヨシノ開花
今日、東京ではサクラの開花宣言が出されましたが、
光が丘公園内でもソメイヨシノが花開いていました
(撮影:岡井孝さん)


啓蟄過ぎて
景色が日に日に色づき、すっかり春めいてきました。
春分の日の"春分"とは、一年を24に分けた"二十四節気"の一つで、昼と夜の長さが大体同じになる頃です。
春分の一つ前は"啓蟄(けいちつ)"で、虫が冬眠から目覚める頃と言われ、今年は3月6日でした。
そんな季節を迎え、続々と動き始めた虫たちをご紹介したいと思います。
190321キタテハ_キブシ古屋さん
キブシに連なるキタテハ
先週も同じような光景が見られましたが、今日はなんと2羽!
(撮影:古屋真さん)

190321クビキリギス柴田さん
クビキリギス
目を惹くアゴをアップでご覧あれ
(撮影:柴田絵里さん)

190321アズチグモ柴田さん2
ススキ原っぱにいたのは、仮面をつけたような顔が個性的なアズチグモ
(撮影:柴田絵里さん)

190321ササグモ柴田さん
最後はこちら、ササグモ
脚に生えた針のような毛が、アップで見ると迫力満点です
(撮影:柴田絵里さん)


花より団子
カイツブリは今日も2羽。近くに寄り添いなんだかいい感じ?と思わせるも、エサをとってそのまま逃げて自分でパクリ!といった場面も見られました。まだ色気より食い気なのでしょうか…?引き続き、動向を見守っていきたいと思います。
190321カイツブリ岡井さん
おさかな咥えたどら猫ならぬ、ドジョウ咥えたカイツブリ!
カルガモを横目に華麗な逃走劇
(撮影:岡井孝さん)

190321ヒヨドリ古屋さん
ヒヨドリにとってはお花(キブシ)が団子!
(撮影:古屋真さん)

190321キジバト_キブシ古屋さん
ヒヨドリに独り占めはさせない!とキジバトもムシャムシャ
(撮影:古屋真さん)


春めく鳥々
上ではたくさんの虫たちをご紹介しましたが、もちろん、鳥たちもたくさん姿を見せてくれましたよ。
190321カワラヒワ_シメ岡井さん
クヌギに集まったカワラヒワとシメ
(撮影:岡井孝さん)

190321ルリビタキ2岡井さん
ルリビタキは下の様子を覗って…
(撮影:岡井孝さん)

190321ルリビタキ1岡井さん
ポンプ池に登場!
(撮影:岡井孝さん)

190321バン古屋さん
枯れた水草の中にひっそり登場、バン
(撮影:古屋真さん)

バンは朝一で少し姿を見せた後隠れてしまい、一日中観察舎をソワソワさせましたが、夕方になって再び登場してくれました。

今日確認された鳥:コガモ、カワセミ、アオジ等19種(ごとう)
このページのトップへ

キブシと外えら

2019年3月17日(日)晴れ
昨日とは打って変わって、安定した空模様となった光が丘公園バードサンクチュアリ。気温は12度(正午・日陰)と低めでしたが、日差しが暖かく、風も穏やかな一日でした。

カワラヒワ
クヌギにとまるカワラヒワ。
冬芽と冬鳥(※一部留鳥)ですが、なんだか春色な組み合わせ。
(撮影:古屋真さん)


今日の水鳥
アオサギとカイツブリは昨日と同じく16羽と2羽、カルガモとコガモは昨日より増量、ダイサギやカワウもいる、にぎやかなサンクチュアリ池です。

コガモとカイツブリとカルガモ
左からカルガモ、コガモ♀、コガモ♂、コガモ♂、カイツブリ、カルガモ。
オセロなら全部カルガモになるところ。
(撮影:齋藤豊広さん)

カルガモ
カルガモ「息を揃えてザブン!」
(撮影:古屋真さん)

コガモ
コガモ「春眠、暁をむにゃむにゃ……」
(撮影:古屋真さん)


キブシに集まる
先週よりつぼみを膨らませたキブシ。
みっしりと垂らされた花穂の周囲は、一足先に春の様相。
羽を休めるキタテハや、つぼみをついばむヒヨドリの姿が観察されました。

キタテハ
無事に冬を越したキタテハ。
(撮影:齋藤豊広さん)

ヒヨドリ
ヒヨドリ「つぼみ美味しい!」
(撮影:古屋真さん)

ヒヨドリ
ヒヨドリ「つぼみ美味しい!!!」
(撮影:齋藤豊広さん)


卵以上オタマジャクシ未満
10日ほど前にふ化したヒキガエルは、まだ一般的なオタマジャクシ未満の姿。
ずんぐりむっくり、上手に泳ぐことも、何かを食べることもできません。
ウーパールーパーのような「外鰓(そとえら、がいさい)」を見られるのは、この時期だけ!(※成長とともに消えてゆくため)

オタマジャクシ
オタマジャクシ(頭部)
頬のあたりにニョロニョロ生えているものが「外えら」です。
(撮影:古屋真さん)



今日確認された鳥:シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ルリビタキなど 21種(さくら)


このページのトップへ

新芽と枝とコケ

2019年3月16日(土)晴れ曇り
開園後は日差しがでて暖かかった午前中は午後には曇り肌寒くなった。夕方ごろには一瞬、強い雨が降りました。
水辺のヤナギは黄緑色の新しい葉が生え、日に日に景色に色が追加されていきます。

1R0013419.jpg

アケビの新芽


いちご色
最近アオサギが集まってきました。婚姻色でくちばしがピンク色に変わり、イチゴをいっぱい食べたみたい。巣材の枝を運ぶような仕草をするアオサギも。

1アオサギ_190316齋藤豊広さん

巣作りの練習
(撮影・齋藤豊広さん)


巣箱に…!?
サンクチュアリの中には樹洞が少ないため、オオコノハズク用の巣箱をかけています。その一つが観察舎から見える場所にあり、シジュウカラがコケを持ち込む様子が…。観察舎の屋根のコケを使っているようです。

1シジュウカラ1_190316齋藤豊広さん

コケを…つめる!!
(撮影・齋藤豊広さん)


1シジュウカラ1_190316岡井孝さん

これをしばらく続けるのです!
(撮影・岡井孝さん)


1シジュウカラ2_190316齋藤豊広さん

観察舎のコケが役に立ったようです
(撮影・齋藤豊広さん)



ポンプ池
今日もポンプ池に小鳥が賑わっています。ポンプ池のコケが少なくなっている気がするのですが、もしかしてシジュウカラの巣材に使われている…?

1メジロ_190316岡井孝さん

メジロ
(撮影・岡井孝さん)


1カワラヒワ_190316齋藤豊広さん

カワラヒワ
(撮影・齋藤豊広さん)


1ウグイス1_190316岡井孝さん

ウグイス
(撮影・岡井孝さん)


1IMG_1587.jpg

今日のおまけ
雨上がりの虹がサンクチュアリから誕生

今日確認された鳥:カルガモ、カイツブリ、ハイタカ、カワラヒワ等16種(つちや)

このページのトップへ

写真展、始まりました

2019年3月10日(日)晴れ
暖かい空気に包まれた、今日の光が丘公園バードサンクチュアリ。水色や紫・・・春の花が咲き乱れています。足下の小さな春、見っけ☆
タチツボスミレ
タチツボスミレ
(撮影:斎藤豊広さん)


写真展開催中
今日から公募写真展「光が丘の生きものたち」が始まりました。光が丘公園やその周辺で撮影されている方のご協力により、今回も素晴らしい作品の数々を展示しております。
来園者の皆さんによる投票も実施中。ぜひお気に入りの作品をひとつ選んで投票してください。
グランプリや各賞は4月以降に発表します。お楽しみに!
ハシブトカラス
「どれどれ……」
カラスも投票したそう!?皆様の投票お待ちしています♪
(撮影:斎藤豊広さん)


水浴び日和
今日は暖かいせいか水浴びシーンをよく見ました。
どの鳥も、いわゆる“カラスの行水”で、豪快にジャバジャバ!
カワセミ
カワセミ
(撮影:古屋真さん)

ハシブトカラス水浴び
本家本元ハシブトガラス
(撮影:斎藤豊広さん)

一緒に行水して、大量に浴びたはずの花粉を洗い流したい・・・。

ちびちびつぶつぶ
サンクチュアリ入口の池をよーく見てみると、黒いつぶつぶがじっとしています。これはふ化したオタマジャクシの赤ちゃん。
2週間前に産卵したと思ったら、この暖かさでもうふ化してしまいました。
ヒキガエル幼生
ヒキガエルのオタマジャクシ(の赤ちゃん)
まだ動けません
(撮影:斎藤豊広さん)

ニホンアカガエルのオタマジャクシもふ化しています。違いがわかるかな?
ニホンアカガエル幼生
ニホンアカガエルのオタマジャクシ(の赤ちゃん)
(撮影:斎藤豊広さん)

細長くて色が薄いのが、ニホンアカガエルです。数としてはとても少ないので、動かない今が探すチャンス!卵塊にくっついています。
どちらもまだ尾が生えていないので泳ぐことはできません。観察舎では、実体顕微鏡を使ってじっくり観察してみました。
来週は、尾が生えたオタマジャクシらしい姿になっているかな・・・?これからの成長が楽しみですね。

カイツブリ
2羽になったカイツブリ。仲がよいのか悪いのか、よくわかりません。
カイツブリ2羽
つかず離れず
(撮影:古屋真さん)

エサを捕ったら、もう1羽から逃げるように離れていって食べます。かと思うと、ケレレレと2羽で鳴き合うこともあります。
これから愛を育み、春には子育てしてくれることを期待しています。

今日確認された鳥:カイツブリ、カワウ、カワセミなど24種(ますなが)


このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード