FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

サンクチュアリご利用案内

※現在、この記事がトップに来るよう設定しています。

<お知らせ>
11月より翌年1月まで、開園時間が9:00〜16:30になります。
(詳細はこちらの記事をご確認ください。)

<平日開園>
次の平日開園は 11月30日(金)  を予定しております。
(今年度の日程については、こちらの記事をご確認ください。)

<今後の行事・イベント>
事前申込の必要なものもありますので、詳細はこちらの記事、もしくは以下のリンク先の記事をご確認ください。

まもろう練馬の草はら「落ち葉かきと焼きいも・焼き林檎の日」
焼き林檎の日 … 12月9日(日)  ※積雪・雨天中止 *定員に達しました
焼きいもの日 … 12月16日(日) ※積雪・雨天中止 *定員に達しました
焼きいもの日 … 2019年1月20日(日)  ※積雪・雨天中止
このページのトップへ

紅葉のサンクチュアリ

2018年11月17日(土)晴れ
とてもいい天気の光が丘公園バードサンクチュアリ。野鳥撮影用のカメラを持った来園者が多く、鳥を見るのによい季節が来たことを感じました。
観察窓の数が限られておりますので、野鳥観察、撮影の際は譲り合ってご利用いただけますようお願いします。
望遠鏡を使う方のために、望遠鏡を設置していない窓からの撮影にご協力いただきありがとうございます。

カモ!
きれいな色のカモがやってきました。
181117magamo_s.jpg
青首と呼ぶこともあります
(撮影:斎藤豊広さん)

マガモです。首から上が緑色の光沢、白い首輪が目立ちますね。
オス1羽、メス2羽が、終日サンクチュアリ池に滞在してくれました。
水中に頭を突っ込んで、なにやらモグモグ・・・。水草でも食べているのでしょうか?

せわしない彼ら
赤や黄色に葉っぱが色づき、少しずつ紅葉が進んできました。
池を眺めていると、鳴きながらせわしなく飛び回る鳥を発見!
181117kisekirei_o.jpg
黄色いキセキレイ
(撮影:岡井孝さん)

181117hakusekirei_s.jpg
トンボをパクリ、ハクセキレイ
(撮影:斎藤豊広さん)

181117hakusekirei2_o.jpg
2羽で追いかけ合うハクセキレイ
(撮影:岡井孝さん)

どれも幼鳥のようです。尾羽をフリフリしながらあちこち歩き回っていました。

鋭いまなざし
高い木の上から「ギチギチギチ・・・」とモズの声が聞こえてきます。
しばらくすると、サンクチュアリ池の草はらに降りてきました。
181117mozu_o.jpg
叫んでいるモズ
(撮影:岡井孝さん)

撮影した方の話によると、ノイバラの茂みにいるウグイスに向かって叫んでいるらしいのです。ウグイスに追いかけられたそう。まさか、「食べちゃうぞ!」とは言ってないでしょうね・・・。


今日確認された鳥:カワセミ、コゲラ、エナガ、シメなど 19種(ますなが)


このページのトップへ

草むらスペシャル

2018年11月11日(日)晴れ
昨日は半袖でも寒くなかったのに今日は寒い。
1が4つも並んだ今日はススキが生えているようなイメージで草むらの日にしたいところです。

1DSCF2469.jpg

草むらも林も、水辺もあるサンクチュアリ


草むらの日の恩恵その1
観察舎のケヤキの上のほうから「チチッ」と声がすると思ったら、しゅるりと観察窓の前の草むらにホオジロがやってきました。ヨシの穂をつまんだりしてすぐに飛び去りました。

1ホオジロ1_斉藤豊広さん181111

サメのほうじゃないよ!鳥のほう!!
ホオジロ
(撮影・斉藤豊広さん)


草むらの日の恩恵その2
草むら近くの藪にベニマシコがきました!!世間ではパーティーが好きな人々をパーティーピーポーというようなので、草むらが好きなピッポーと鳴く鳥は草むらピッポーとでも呼んでみましょうか。目指せ今年の流行語大賞!!

1ベニマシコ_古屋真さん181111

ベニマシコ
メスなので赤くない
(撮影・古屋真さん)


ある意味、草むらの日の恩恵その3
サンクチュアリの左奥の林にノスリがふわりとカマキリをくちばしに添えて出現。草むらですすく成長したカマキリはノスリのお腹を満たすのでした。

1ノスリ_長田さん181111

メインディッシュは…
ノスリのくちばし ~カマキリを添えて~
(撮影・長田さん)


サシガメのサッシーたち
サンクチュアリのアイドルではないヨコヅナサシガメたちが越冬場所を探してうろついています。肉食の彼らがもつ針状の口で刺されるととても痛いらしい。思わぬ所にいるので気をつけよう。

1DSCF2462.jpg

何かを捕らえていたサッシー




今日確認された鳥:ジョウビタキ、シメ、アオジ等18(+外来種1種)(つちや)

このページのトップへ

照り付ける日差しと秋の空

2018年11月10日(土)晴れ
前日の雨が嘘のように晴れ渡り、暑いほどの日差しと陽気に、時折そよぐ風が涼しい一日。
かと思えば、(閉園後に)通り雨が降ったりと、油断のならない秋の空です。

カリン
展示中のカリンの果実。
近くに寄ると、ふわりと良い香りがします。


サンクチュアリ池のキの鳥
7羽のカルガモたちが行き交う他は、しんと静かな朝のサンクチュアリ池。
そこへ現れた本日の主役は、2羽のキセキレイでした(※個人の意見です)。
中之島付近をうろうろしていたり、泥島を歩いていたり、日光浴ワナの上でくつろいでいたり。
尾羽を振り振り、一日を通してさまざまな姿で目を楽しませてくれました。

キセキレイ
紅葉にも負けない黄色いお腹がとってもキュート。
(撮影:齋藤豊広さん)

モズ
こちらは、「声はすれども姿は……」なタイミングの多かったモズ。
(撮影:齋藤豊広さん)


ポンプ池のアオの鳥
サンクチュアリの片隅に位置するポンプ池には、本日もアオジが姿を見せてくれました。
現代人の感覚ではアオく見えなくてもアオジです。

アオジ
アオジ「暑いねぇ……」
(撮影:齋藤豊広さん)


詰め所の侵入者
明かりに誘われてか、自然の摂理か、観察舎の詰め所にはさまざまな虫たちが侵入してきます。そのまま行き倒れてもかわいそうなので、キャッチ&リリースを心がける日々です。
本日発見した侵入者は、センチコガネとイナゴ。
うっかり素手で捕まえてしまいましたが、センチコガネの「センチ」は雪隠(せっちん)=便所。つまり、こやつのメインの居場所は……と考えるのをやめて、ぴかぴかに手を洗うスタッフなのでした。
どんな生きものも、触った後には必ず手を洗うのが正しい判断です!(※個人の意見です)

センチコガネ
詰め所内をさ迷っていたセンチコガネ。
コガネムシ類は触角が可愛いと思います。

コバネイナゴ
ススキにとまったコバネイナゴ。
詰め所の侵入者とは同種の別個体。絵になりますね。
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:ノスリ、カワセミ、ジョウビタキなど 15種(さくら)


このページのトップへ

冬鳥と白黒ツートーン

2018年11月4日(日)くもり
朝からひんやりと冬の空気。冬はすぐそこまでやってきています。サンクチュアリのマコモの葉が緑から白へと変わり、その一角だけとても光って見える。

1DSCF2401.jpg

11月のサンクチュアリ


シメ
シメがきました!!頭上で「チピチピ」鳴いています。
落葉しないと木の枝にとまった鳥を探すのはとてもむずかしい。

1PB040072.jpg

ポンプ池で水飲み
(撮影・斉藤豊広さん)


アカハラ
アカハラがきました!ヒヨドリに蹴散らされて飛び去りました。ヒヨドリ強いですね。

1PB040054.jpg

アカハラ1対ヒヨドリ数羽は分が悪い
(撮影・斉藤豊広さん)


ジョビ子
あっちで「ヒッ」、こっちで「ヒッ」。公園内に何羽かいるようです。サンクチュアリはいつも通りメスのジョウビタキのなわばりに落ち着きました。
ただ一つ気になることがあります。ジョウビタキの左の脇の羽がむしられているように見えました。争ったときにできたのでしょうか?

1PB040050.jpg

羽の薄いところが寒そう
(撮影・斉藤豊広さん)


止まった!
ハクセキレイが止まるといいなと思って観察舎に近い水辺に木の枝を置いておきました。台風で折れた枝が近くにあったのでちょうどよかったのです。
思惑通りにハクセキレイが止まりました。もう少し太い枝だとカモが乗ってくれたカモしれませんね。

1PB040084.jpg

きっとほかにも止まってくれるはず
(撮影・斉藤豊広さん)



今日確認された鳥:カルガモ、カワセミ、キセキレイ等17種(つちや)

このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード