FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

サンクチュアリご利用案内(随時追記)

※現在、この記事が上部に来るよう設定しています。

<開園時間変更のお知らせ>
1月いっぱい開園時間が 9:00〜16:30 ですが、2月からは17時までに戻ります。

<平日開園>
次の平日開園は 1月21日(木) です。
(2020年度の日程については、こちらの記事をご確認ください。)

<今後の行事・イベント>
事前申込の必要なものもありますので、詳細はこちらの記事、もしくは以下のリンク先の記事をご確認ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部イベントを中止としています。ご理解いただけますようお願いいたします。

まもろう練馬の草はら 「落ち葉かきと焼きいもの日」
 … 1月9日(土)、23日(土) 13:30~16:00 ※積雪・雨天中止
※1月9日(土)の回は2月11日(木・祝)に振替実施予定です。
  追加募集等はありません。

※1月23日(土)の回は緊急事態宣言発出のため中止です。振替はありません。

育てよう練馬の里山 クワガタを育む雑木林
 … 2月27日(土)、3月20日(土・祝) 13:30~15:30 ※少雨実施

光が丘公園 自然観察会(協力行事)
 … 2月23日(火・祝)、3月21日(日) 9:30~11:30 ※雨天中止

「ヒキガエル展」
 … 展示期間:1月31日(日)~5月中旬(予定)


このページのトップへ

練馬区広報番組で紹介されています

練馬区広報番組「ねりまほっとライン 令和3年1月後半号」にて、光が丘公園バードサンクチュアリが紹介されています。
「冬の外遊びを楽しもう!」のテーマで、バードサンクチュアリは最初に登場。
ケーブルテレビで毎日放映されているほか、WEB上でも視聴できますので、ぜひご覧ください!

【放送日時など】
①ケーブルテレビJ:COM 東京(デジタル:11チャンネル)
  1月16日〜31日まで毎日放映(1日3回/午前9時、正午、午後8時)
練馬区公式ホームページ
Youtube 練馬区公式チャンネル


このページのトップへ

枝の顔

2021年1月17日(日)曇り
ポカポカと暖かかった昨日と比べ、風も冷たく、指先が凍える1日。
まだまだ真冬と思い知る、光が丘公園バードサンクチュアリです。

ちなみに次の開園は、21日(木)の平日開園。
土日よりも、少しだけ静かなバードサンクチュアリに、足を運んでみませんか?

浴びたり飲んだり出したり
現在、管理作業のために水位を下げているサンクチュアリ池。
カルガモやカイツブリなどの泳ぐタイプの水鳥は、観察舎からは確認しづらい、水深の深いエリア(池の東西、奥のほう)を利用しています。
本日はコガモの姿も、遠目~~~に確認できました。
一方、浅瀬では…

水浴びハクセキレイ
ハクセキレイ「のびのびと水浴びできて嬉しいなぁ」
見ているこちらは寒いです…!
(撮影:齋藤豊広さん)

水飲みツグミ
ツグミたちの密な水飲み風景。
人間は真似してはいけません。
(撮影:齋藤豊広さん)

水飲みシロハラ
今週末は凍らなかったポンプ池。
シロハラは今日も1羽で水飲み!(撮影:齋藤豊広さん)

キャプション
飲んだら出す、というわけで、ノスリの劇的瞬間。
白い線のようなものが、フン(液状)です…!
(撮影:齋藤豊広さん)


すすき原っぱの小鳥たち
冬の梢を賑わせる、さまざまな小鳥達。
観察舎を訪れる時間帯もありますが、小鳥を探すなら、公園内を散策するのがオススメかもしれません。
というわけで、バードサンクチュアリの向かいに広がる「すすき原っぱ」で撮影された、小鳥たちの写真をご紹介します!

コゲラ
なにやら、頭上が気になる様子のコゲラです。
(撮影:齋藤豊広さん)

エナガ
上のコゲラと、頭の向きだけ似たポーズ。
エナガ「右上に、何かあるの?」
(撮影:齋藤豊広さん)

シジュウカラ
シジュウカラ「そんなことより冬芽が美味しい!」
(撮影:齋藤豊広さん)


誰の顔?
オニグルミの葉痕ン
(撮影:齋藤豊広さん)

何かの動物の顔のようにも見えるこれは、オニグルミの葉痕。
冬になって葉を落とした部分が、独特の模様になって見えるのです。
昨日の記事で紹介したセンダンの葉痕とは、また違った趣があります。

さまざまな樹木の葉痕をじっくり観察できるのは、この季節だけ!
冬の公園を散策する時は、葉痕や冬芽を探しながら歩くのも、面白いかもしれませんね。




今日確認された鳥:コガモ、ツグミ、シメ、アオジなど 23種 (さくら)



このページのトップへ

ぽかぽかサンクチュアリ

2021年 1月16日(土)晴れ
今日はよく晴れた小春日和でした。
北向きの観察舎では、北風に凍える日が続いていましたが、今日は暖かいそよ風が吹き、鳥見日和となりました。

一日を通して猛禽類、アオサギが見やすい位置にいました。小鳥たちも飛び回り、樹上や泥地で食事や水のみをしていました。

人手は昼過ぎがピークとなり、バードウォッチングはもちろん、展示物や写真展を楽しむお客様で賑わいました。
(※三密を避けるため、入場制限をかける場合があります。)

ぱくり!
寒い冬を乗り切るためにはエネルギーが必要!
鳥たちの食事風景のお写真をいただきました。

アオジ20210115齋藤豊広さん
アオジ
ススキの種をくわえています!
ススキ原っぱから採ってきたのかな?
(撮影:齋藤豊広さん)


ヒヨドリクロガネモチ20210116齋藤豊広さん
ヒヨドリとクロガネモチ
鳥界の食いしん坊、ヒヨドリ!
他の鳥に不人気な果実にも果敢に挑みます。
(撮影:齋藤豊広さん)



水浴び
きれい好きな鳥たちは、羽についた埃や寄生虫を落とすため、水浴びを欠かしません!
羽毛は水滴をはじくので、少し寒くても水浴びをする姿が見られます。

ツグミ水飲み20210116齋藤豊広さん
ツグミ
水しぶきをあげて水浴び!
(撮影:齋藤豊広さん)


モズ水浴び20210116齋藤豊広さん
モズ
さっぱり!
(撮影:齋藤豊広さん)


今日の植物
鳥だけでなく、植物も季節を教えてくれました。

センダン葉痕20210116齋藤豊広さん
センダンの葉痕
葉っぱが取れるとこんな顔
(撮影:齋藤豊広さん)


たんぽぽ種子20210116齋藤豊広さん
ふわふわしたタンポポの綿毛
(撮影:齋藤豊広さん)


オオイヌノフグリ20210116齋藤豊広さん
オオイヌノフグリ
足元の小さな春でした。
この花が絨毯のように咲く季節も楽しみですね!
(撮影:齋藤豊広さん)


今日確認された鳥:カイツブリ、ノスリ、カワラヒワなど20種(さいとう)
このページのトップへ

【予告】育てよう練馬の里山 クワガタを育む雑木林

育てよう練馬の里山 クワガタを育む雑木林


育てよう練馬の里山


クワガタやカブトムシなどの様々な生きものが利用する雑木林という環境は、昔から人々の生活の中で利用されることで育まれてきました。
落ち葉かきや堆肥場作り、枝を編み込む柵作りなど、生きもの豊かな雑木林を守るための作業を一緒に体験しましょう。

草はら191228_2_小
林床を明るくするための落ち葉かき

20200307協働_P3072178_小
枝を編み込んだ「しがら柵」作り


【日付】2月27日(土)、3月20日(土・祝)
【時間】13:30〜15:30(13:00受付開始) 少雨実施
【定員】各日 先着15名
【対象】小学生以上(小学生は保護者と一緒にご参加ください)
【集合】光ヶ丘公園バードサンクチュアリ入口
【参加費】1人500円
【持ち物】マスク、防寒対策、あれば軍手(貸出もあります)
☆作業のできる服装、靴でお越しください

主催:光が丘公園バードサンクチュアリ、光が丘公園サービスセンター

お問い合わせ:認定NPO法人 生態工房
電話・ファックス:0422-27-5634(平日のみ、10-19時)
メール:eco@eco-works.gr.jp

IMG_1957_小
樹液に集まる昆虫たち

シュンラン花8
雑木林の林床で可憐な花を咲かせるシュンラン

このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード