光が丘公園バードサンクチュアリ

雪と日向と黒い種

2017年2月19日(日)晴れ
早朝雪が降ったようです。少しだけだったので午後にはとけてしまいました。
池は氷ってはいませんでした。

1CIMG0120.jpg


草地がうっすら白い



水場
サンクチュアリの池の水位が一年で一番低いです。冬場は雨が少なく、なかなか水位が高くなりません。それでもカイツブリやカモたちは関係なく泳いでいます。

1コガモ_斎藤豊広さん170219

コガモ
一番右側が左側にいるオスをメスに見立てて求愛の練習中
(撮影・斎藤豊広さん)



あるひのシロハラ
今年はシロハラをよく見る気がします。普段サンクチュアリでは観察窓の左側の林で落ち葉をかき分け餌を探しています。そしてときどき観察舎の上を左から右へ飛んだりします。

1シロハラ_古屋さん170219


まだ眠いシロハラの朝
「おはよう」
(撮影・古屋真さん)


1シロハラ_岡井さん170219


シロハラの朝食
なにかよくわからない黒い種
(撮影・岡井孝さん)


1シロハラ_斎藤豊広さん170219


午後は水浴び
(撮影・斉藤豊広さん)


たべもの
「草地でキジバトが雪を食べている?」と思いきやなにやら怪しい黒いものを食べていました。一体この時期に何が落ちているのでしょう。

1キジバト_斎藤豊広さん170219


雪とキジバトと黒いもの
(撮影・斉藤豊広さん)


アトリの休日
右も左も上も下もアトリ、アトリ、アトリでいっぱいです。地面に降りてきて植物の種などをついばんでいますが、何かに驚いて一斉に飛ぶ姿は何度見ても面白いです。そしてまた一斉に地面に降りてくる。アトリは毎日忙しそうです。

1アトリ_斎藤豊広さん170219

まるでうがいしているよう
アトリの水飲み
(撮影・斉藤豊広さん)


1アトリ_岡井さん170219

日向ぼっこ
「あったかい。」
(撮影・岡井孝さん)


今日確認された鳥:オナガガモ(オス)、ダイサギ、カワセミ等22種(つちや)

このページのトップへ

気温の変化は気にならない!

2017年2月18日(土)くもり

昨日は暖かかったためか、春の花であるオニタビラコが開花しました。一転今日は寒かったので、満開はまだ先になりそうです。

オニタビラコ_斎藤豊広さん160218
もう一息
(撮影:斎藤豊広さん)


今日も朝から

しかし、鳥たちは変わらず活発に活動していました。最近見られるダイサギは、朝から精力的に餌を捕っていました。昨年アオサギが群れをなしていたときは、すぐに追い出されていました。アオサギがあまり現れない今年は長く滞在するかもしれません。

ダイサギ_斎藤豊広さん160218
とりゃ!
(撮影:斎藤豊広さん)


パトロールは欠かさず

サンクチュアリではよくモズのオスが見られます。モズは繁殖期だけでなく冬も縄張りをつくるので、おそらく同じオスがいつも睨みをきかせています。縄張り内にははやにえも見られるので、みなさんもぜひ探してみてください。

モズ_斎藤豊広さん160218
かわいい顔してギラッ
(撮影:斎藤豊広さん)
モズのはやにえ、カナヘビ
ニホンカナヘビのはやにえ(1か月程前の写真)


林から出たり入ったり

いつも林や林縁の地面で、植物の実や昆虫を一生懸命食べているシロハラ。今日も餌を求めて、せわしなく動いていました。暖かくなって北国に帰るまであと1か月ほどです。それまではこうした姿が見られるでしょう。

シロハラ_斎藤豊広さん160218
林の中からひょっこりと
(撮影:斎藤豊広さん)


今日確認された鳥:コガモ、カイツブリ、エナガ、シメ等27種(ひろなか)
このページのトップへ

久々の水鳥たち

2017年2月12日(日)快晴
今日もとてもいい天気でしたが、まだまだ冬の空気が居座っています。
午後からは北風が強くなり、日陰のサンクチュアリは凍えるような寒さでした。

久々の飛来
朝から「ピッ、ピッ」という声がサンクチュアリに響きました。
12月以来のカイツブリの登場です。

blogカイツブリ_岡井孝さん170212
お久しぶりです!
(撮影:岡井孝さん)

ノスリが飛ぶと、「ピッ、ピッ」と鳴きながら、辺りを警戒していました。
夏にいた個体と同じかどうかは、カイツブリ本人に聞いてみないと分かりません。

腹減った?
サンクチュアリおなじみのアオサギは今日も1羽も飛んできませんでした。
代わりに飛んできたのは真っ白なダイサギ。
池の中を右へ左へ歩き回りながら、小魚を食べまくっていました。

blogダイサギ_岡井孝さん170212
ここは良い餌場だねぇ
(撮影:岡井孝さん)


blogダイサギIMG_7339
えい!捕らえた?!


ツグミの受難?
冬鳥たちは相変わらずアトリの大群が入れ替わり立ち替わり飛び回っています。
アトリの大群に押されて?、ツグミの数は例年より少なめのようです。
冬鳥も種類によっては3月頃から移動し始めます。
冬鳥たちの観察に、ぜひサンクチュアリへお越しください。

blogツグミ_岡井孝さん170212
泥島に降り立つツグミ
(撮影:岡井孝さん)

今日確認された鳥:ジョウビタキ♀、ハクセキレイ2羽、カワラヒワ等24種(いわもと)
このページのトップへ

食う食われる世界

2017年2月11日(土)晴れのちくもり
午前中は日差しがでて暖かかく、午後は日が陰り寒い冬の1日。春が待ち遠しい。
池の氷もすぐに溶けてしまいました。公園の管理事務所の片隅にフクジュソウが咲いていました。

1CIMG0103.jpg

フクジュソウ


黒い潜水艦
時々くるカワウ。「何を食べているのかな?」と来園者の方と一緒にじっくり見てもなんだかよくわからない。食べているものが小さ過ぎて何度も何度も頻繁に食べていました。

1CIMG0102.jpg

何食べているの?



食べられちゃった
サンクチュアリの入口付近にいた右の羽をケガしたキジバトは食べられてしまったようです。2月2日の作業日の朝に猛禽に襲われたようで、そのときにはまだ肉が置いてありました。その日の夕方に肉がなくなっていたので、きっと取りにきたのでしょう。自然界ではこれが日常です。人間界は下手に手を出してはならないのです。

1IMG_0954.jpg

2月2日の写真
今も散らばった羽が見れます。



エサ渡し
そろそろ野外にエサが少なくなってきたようです。東京都が行っているカラス駆除のためのカラストラップではこの時期恒例のエサ渡しが行われています。トラップの中に入っているおとりのカラスは水と食糧が完備されているため、外にいる仲間のカラスにエサを渡しています。時々オオタカやノスリなど他の鳥が入り、弱ってしまうこともあります。

1CIMG0090.jpg

屋根の上で律儀に待っているカラスたち。もはや、えづけ状態


1CIMG0105.jpg

今日も10件ほどお問い合わせがきました。
みんな気にしているカラストラップ


今日確認された鳥:コガモ、モズ、オナガ、ウグイス、シロハラ等24(+外来種1)種(つちや)

このページのトップへ

【作品募集】写真展「光が丘の野鳥たち」

公募写真展「光が丘の野鳥たち」作品募集!

R0021360.jpg


今年も公募写真展で展示する写真を皆さまから募集いたします。可愛い猛禽からかっこいい小鳥まで、お待ちしています。

 ・応募期間 : 2月4日(土)〜3月5日(日) ※会期中も随時受け付けます!
 ★開園中にスタッフにお渡しください。

 ・撮影地 : 光が丘公園(光が丘地区内)
 ・募集部門 : 【野鳥部門】 【その他生きもの部門】 の2部門
 ・規格 : A4サイズくらい、お一人様3枚まで。 
 ・応募方法 : 現物をサンクチュアリへお持ちください。メモ用紙に「撮影者名」、「タイトル」、「連絡先」をお書きください。
  ★写真の裏面に個人情報を書き込まないようご注意願います。(付せん、メモ用紙などにお書きください)。
 ※餌付け、鳴き声を流すなど、野鳥の生活に悪影響を及ぼす方法で撮影された写真はご遠慮下さい。

◎グランプリ投票を行います&チャリティー販売のお知らせ
 ・応募される方へ : 作品は展示期間中、人気投票を行いグランプリ決定後、チャリティー即売会を行い、写真を販売致します。作品の返却をご希望される方は、応募時にお申し出ください。

 ・観覧される方へ : 写真展「光が丘の野鳥たち」は、3月19日(日)〜5月中旬まで開催予定です。
 期間中、人気投票を行います。ぜひご投票下さい。
 また、 5月頃より作品の販売をします。日程は決まり次第、再度告知致します。

皆さまの熱い作品、清き一票、お待ちしています!!
 
このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード