光が丘公園バードサンクチュアリ

猛暑一段落?

2017年7月23日(日)曇り時々雨
今日の光が丘公園バードサンクチュアリは、雲が多く猛暑も一段落。時々降る雨で、ほんの少し池も潤ったでしょうか。
池の水位回復には、まだまだ降ってほしいところです。降りすぎている地域もあるというのに、お天気は思い通りになりません。

独り立ち間近
サンクチュアリ池生まれのカイツブリ、今日は2羽確認。
4羽いたきょうだいたちは、次々に独り立ちしているようです。
カイツブリのきょうだい
きょうだい(撮影:古屋真さん)

子どもが捕まえたアメリカザリガニを、成鳥が横取りしようと追いかける姿もありました。
カイツブリ、親が子を追う
早く独り立ちしなさーい!(撮影:古屋真さん)


トンボいろいろ
アブラゼミやミンミンゼミがうるさく聞こえるようになり、サンクチュアリも夏本番。
夏のサンクチュアリ池はトンボが主役になっています。
この季節に見られるトンボは、観察舎入口の情報ボード(ホワイトボード)でご案内中です。
この時期見られる生きものが、いろいろ描かれています。必見!
夏のトンボ、チョウトンボがヒメガマの葉にとまっていました。
チョウトンボ
黒い羽が虹色にきらめきます


樹液レストラン大盛況
昨日の夜開園では、接近して観察できたクヌギの樹液レストラン。今日も大盛況です。
クヌギの樹液にカブトムシたくさん
黒山の○○だかり

カブトムシがうじゃうじゃ。ヒラタクワガタもいたそうですよ。
お盆くらいまでが見頃です。


今日確認された鳥:アオサギ、カワセミ、ツバメなど 12+1種(ますなが)


このページのトップへ

夜開園

2017年7月23日(土)晴れ
今日は午後から開園のサンクチュアリ。ジリジリとした日差しの暑さも、日が落ちると一段落。コウモリが舞い始め、夜の始まりを告げます。

クール!
「今日も暑~い!」サンクチュアリに訪れた方が口々に言います。暑いのはみんな一緒。かと思いきや観察舎のしょうぶ池に涼しそうな生き物がいました。

1CIMG0468.jpg

ギンブナの子ども
水草の下でずっと動かない


1CIMG0469.jpg

トウヨシノボリ
池底をちょとだけ動く


1CIMG0471.jpg

モツゴ
全力で泳ぎまわっていて全然観察できない


光の魔力
真っ暗な中に青く光るライト。まるでお化け屋敷のようですが、光に誘われて虫たちが集まってきます。そしてそれを目当てに人も集まってきます。
ラインナップはニイニイゼミやドウガネブイブイが圧倒的に多かったです。時々モンスズメバチとコガタスズメバチがやってくるので、危ないのと観察のために網で捕獲しました。

1CIMG0483.jpg

ライトトラップ



1CIMG0501.jpg

一押しのコフキコガネ
つぶらな瞳がキュート!


1CIMG0520.jpg

最後にミンミンゼミも登場
人がつかむと大音量で鳴いていました


樹液
特別にサンクチュアリに入って樹液の出る木の観察を行いました。たくさんのカブトムシの数に驚いたようで、みなさん写真をガシガシ撮って楽しんでいました。ただ暗くなっても樹液に集まるスズメバチの数が全然減りません。今年は雨が全然降らないので、ハチたちの活動が活発なのかもしれません。夏休みに虫取りする方は十分にお気を付けください。









今日確認された鳥:アオサギ、カイツブリ、ツバメ等7種(つちや)

このページのトップへ

【予告】光が丘水辺の生きもの教室


申込受付中!
光が丘 水辺の生きもの教室

03.jpg


毎年人気の講座が今年もやって来ました!
普段は入れないサンクチュアリの池にボートに乗って入り、仕掛けてあるワナを回収し、水辺の生きものたちを観察します。
毎年大好評につき、今年は2日間、午前の部(9:30〜12:00)・午後の部(13:00〜15:30)の合計4回開催します。

★2016年は雨の中でした

<日時> 8/20(日)、22(火)  午前の部(9:30〜12:00)・午後の部(13:00〜15:30)
  ※雨天決行、荒天時は中止します。
<対象> 小学2年生以上(1年生未満は保護者同伴)
<定員> 申込順 先着各回15名
<参加費>1人500円
<おとなは胴長で!>大人の方は胴長を着て池の中に入ります!一緒に池を歩いてボートを押してみませんか?
足のサイズが22.0cm以上でしたら、子どもも胴長着用可能です。

<持ち物>長靴(ボート乗船者のみ、サンダルはダメ)、汚れてもいい服(長ズボン)、着替え、帽子、飲み物、タオル、丈の長い靴下(胴長着用者のみ)など
※遮る物のないサンクチュアリ池を、ボートに乗って廻ります。晴天時はとても暑いので、暑さ対策をしっかりとお願いいたします!

<申し込み先>
★事前申し込みが必要です。7/20(木)から申し込みを受付いたします。
申込フォーム、電話、ファックス、メールなどで以下の宛先まで。
◎参加希望日・時間(第2希望もあれば)、参加される方全員のお名前、年齢、連絡先をご記入ください。大人の方と胴長着用を希望されるお子さんは足のサイズも合わせてご記入ください。(22.0cm以上の方のみ)

認定NPO法人 生態工房
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町4-9-22 フラットK101
Tel&Fax:0422-27-5634
e-mail : eco@eco-works.gr.jp
★土日祝日の開園日にも、サンクチュアリにて直接スタッフにお申し込み頂けますが、定員に達し次第申し込みを終了させていただきますのでご了承ください。

ニホンイシガメ光1
運が良ければ、ニホンイシガメを見られるかも?!
このページのトップへ

もう暑いとしか・・・

2017年7月17日(月・祝)晴れのち曇り
ジーとセミの声が響きます。今日はサンクチュアリも32度まで上がりました。暑いわけですね。
ニイニイゼミ
ニイニイゼミ(撮影:古屋真さん)

樹皮と同化しても、声は消せない・・・。

暑い...
暑くて口で息するハシブトガラス
ハシブトガラス幼鳥(撮影:岡井孝さん)

ポンプ池に水を飲みに来ました。暑さにやられてかカラスの口も開いてますねー。

カワセミホバリング
暑い中でもごはんは大事!
(撮影:岡井孝さん)

カワセミが、長い停翔(ホバリング)を何度も見せてくれました。
そして、捕った魚をくわえてどこかへ飛び去るカワセミ・・・。またどこかで子育てしていそうです。

変貌
以前紹介したネムノキに集まるオオクモヘリカメムシが大人の姿になりました。でも、触覚の模様は名残がありますね。
オオクモヘリカメムシ成虫
オオクモヘリカメムシ成虫


捕食
オオヒメグモがフタオビミドリトラカミキリを食べていました。
クモがカミキリムシ捕食
オオヒメグモとフタオビミドリトラカミキリ
(撮影:柴田絵里さん)

オオヒメグモは立体的に巣を作ります。粘液が付いている糸と付いてない糸があり、ベトベトのところに引っかかってしまった虫を捕まえて食べるのですね。
小さな世界の弱肉強食。よく探すと、いろいろ見えてくるものです。生きものっておもしろい!

今度の土曜日は夜開園の日
13時から開園です。午前中はお休みですので、お間違いなく!
夜9時まで開いています。暗いサンクチュアリをお楽しみください。

今日確認された鳥:アオサギ、ノスリ、ツバメなど 14+1種(おぬま)



このページのトップへ

変なガと伝説の生きもの

2017年7月16日(日)晴れのち曇り
ネムノキの花が終わり、サンクチュアリは夏に突入したようです。サンクチュアリの門の周りのヤブガラシがオレンジ色の花を咲かせ、チョウやハチを呼び寄せています。

にごり
今年は雨が少なく池の水がどんより元気がないように見えます。これではアオサギやカワセミも魚を見つけるのが大変そうです。

1CIMG0455.jpg

どんより


変なガ
フサヤガでしょうか。天井にお腹をもちあげてしゃちほこのようなポーズをしている変なガが止まっていました。開園してから閉園までずっと同じポーズです。


1CIMG0452.jpg

疲れないのかな



伝説の生きもの
サンクチュアリのチラシ置き場に、なぜかクモの糸とホコリにまみれたナナフシモドキが1匹。夏になると観察舎内によく現れます。ちいさいころは昆虫図鑑に載ってはいるが見る機会がなく、伝説の生きものだと思っていました。サンクチュアリだからでしょうか?結構たくさんいるもんですね。

1CIMG0431.jpg

ナナフシモドキ


  




今日確認された鳥:カイツブリ、コゲラ、シジュウカラ等10種(つちや)

このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード