光が丘公園バードサンクチュアリ

珍客いろいろ

2016年8月28日(日)雨のちくもり
午前中は雨がシトシト降っていましたが、昨日ほど肌寒くはありません。カブトムシの姿はほとんど見れなくなりましたが、セミはまだまだ元気に鳴いています。

ようこそ!サンクチュアリへ!
サンクチュアリの入口になにやら人だかり。有名人がいるのかしらと様子を見にいくと…なんと光が丘公園で有名なケヅメリクガメのあさちゃんがのっしのっしとサンクチュアリに来園!まさかのできごとに人だかりができていたようです。

otaka-waka

何かしら…?


1DSC00928.jpg

あら、カメさん!?


1DSC00936.jpg

またきてね!


まっしろ
コサギが先日草刈りした水辺をウロウロしていました。草刈りがんばってよかった!コサギは器用に足先を小刻みに動かして、飛び出てきた小魚や、水生生物を捕まえて食べていました。

1コサギ2_岡井さん160828

コサギ
(撮影・岡井孝さん)



家族いろいろ
久しぶりにオナガの群れがきました。よ~くみると頭が白黒模様のオナガの幼鳥も混じっています。大人が2羽、幼鳥が5羽の家族のようです。親鳥から餌の捕り方や天敵を教えてもらったりするのでしょうね。またカイツブリ一家は今日も親鳥が子どもを追いかけ一人立ちを促していました。

22P7A6263.jpg

オナガ一家
上:成鳥、下:幼鳥
(撮影・斉藤豊広さん)


12P7A6314.jpg

カイツブリ一家
左:幼鳥、右:成鳥
(撮影・斉藤豊広さん)


18Y4A4089.jpg

カワセミは子育て疲れでしょうか?
大事な羽がたくさん抜けているように見えます。
(撮影・岡井孝さん)




黒と緑と大群と
今日の観察舎にはなぜか虫がたくさんいる。まず上からノコギリクワガタが雄雌1匹ずつ落ちてきて、クサギの木には大きなシモフリスズメの幼虫が1匹(蛾の仲間)ぶら下がり、ネムノキにはカキバトモエ(蛾の仲間)の幼虫が40匹ぐらいいました。

1ノコギリクワガタ_竹田さん160828
なんだって!?
空からノコギリクワガタが落ちてきた!
(撮影・竹田さん)


1CIMG0617.jpg

シモフリスズメの幼虫


1CIMG0611.jpg

衝撃的なカキバトモエの幼虫たち
(写真はほんの一部)


今日確認された鳥:アオサギ、コサギ、トビ(上空通過)11種(つちや)

このページのトップへ

夏から秋へ

2016年8月27日(土)雨
朝からシトシト雨が降り半そでだと少し肌寒い日でした。階段横の花壇ではメハジキが濃いピンク色の花を咲かせていました。18時ごろには辺りは暗く、少しずつ季節が変わり始めようとしています。

1CIMG0603.jpg

メハジキ


続く練習
先日、飛ぶ練習をしていたカイツブリの幼鳥ですが、まだサンクチュアリにいます。親の縄張りから出て行けと、時々親鳥に追い回されています。一人立ちするのは時間の問題のようです。

12P7A6105.jpg

全力で自分の子どもを追い出すカイツブリ
(撮影・斉藤豊広さん)


同調時々共演
よそで生まれ育った今年生まれのカルガモ軍団(6羽)がこの時期よく見れます。一羽が泳ぎだすとみんな揃って泳ぎだす姿は、まるでシンクロナイズスイミングのよう。

12P7A6108.jpg

アオサギとカルガモの共演
(撮影・斉藤豊広さん)



変わってゆくもの
残り僅かなアカメガシワの種をキジバトが一生懸命食べていました。季節は少しずつ冬へと変わっていきます。生きものにとっては食べものも少なくなり厳しい季節になります。食べれるうちに食べねばと生きものたちは忙しそう。地面ではアリがセミの死体をひたすら運んでいます。

12P7A6075.jpg

「そこの種が食べたいの…」
アカメガシワの種を食べるキジバト
(撮影・斉藤豊広さん)


  




今日確認された鳥:カワセミ(オス)、シジュウカラ、ヒヨドリ等種(つちや)

このページのトップへ

【特別開園】9月の平日開園の予定

2014年度から、バードサンクチュアリをもっと利用したい来園者や学校団体のために、平日開園を実施しています。
9月は4日間の一般向け平日開園を開催する予定です。
いつもの開園日同様、どなたでもご利用いただけます。
土日よりも少しだけ静かなバードサンクチュアリに足を運んでみませんか?

【9月の特別開園日】
いずれも開園時間は通常通り、9:00-17:00です。
2016年9月8日(木)
2016年9月16日(金)
2016年9月27日(火)
2016年9月28日(水)

ちなみに
2016年8月30日(火)
も平日開園日です。

CIMG2264.jpg
小鳥類からシギ、カモなどの水鳥まで、日替わりで渡り鳥がやってきます。
今年はどんな鳥が姿を見せてくれるでしょうか?


この他に、学校等の団体向けの特別開園日も年間数日の開催を予定しております。
ご利用を希望する学校等の団体の方はお問い合せください。
このページのトップへ

嵐の間の静けさ?

2016年8月21日(日)晴れ
昨日の不安定な天気から一転、晴れて蒸し暑い1日となりました、
明日は台風直撃の予報で貴重な晴れ間の休日。暑さのわりにたくさんの方がサンクチュアリを訪れました。

逃げろ!
今日も短い時間でしたが、ツツドリがサクラの木についている毛虫(モンクロシャチホコの幼虫)をむしゃむしゃ食べていました。
でも、毛虫もやられっぱなしでは終わりません。
ツツドリの気配を感じると・・・

ツツドリ_から逃げる毛虫_古屋さん160821
ツツドリの下、赤丸の部分を拡大すると・・・

拡大__ツツドリから逃げる毛虫_古屋さん160821
逃げろー!!!
(ともに撮影:古屋真さん)


糸を吐いて木からぶら下がり、ツツドリの視界から消えました。
その数なんと15匹以上!
モンクロシャチホコの幼虫も身を守るために必死です。

巣立ちはまだ?
カイツブリ親子はまだ一緒にいます。
6月26日に初めてヒナがお目見えしたので、生まれてからそろそろ2か月になります。
最近は飛ぶ練習で池の中を行ったり来たり。
前よりもずいぶんと長い距離を飛ぶようになりました。

カイツブリ_岡井孝さん160821
飛んだ!浮かんだ!
(撮影:岡井孝さん)

カイツブリ親子_古屋さん160821
親子一緒に見られるのもあと少し(のはず)
(撮影:古屋真さん)


カマキリの受難
カマキリは他の虫を捕まえて食べる、いわば虫界のキング。
しかし、鳥を前にしては、とてもじゃないけど自慢のカマも歯が立ちません。
森の中ではヒヨドリに捕らえられ、池の上では、普段小魚などを食べるカイツブリに捕らえられ、ヒナのエサとなっていました。

ヒヨドリ2岡井孝さん160821
無駄な抵抗はやめな!
(撮影:岡井孝さん)

カイツブリカマキリ食べる_齋藤豊広さん160821
たまにはカマキリも良いかも!
(撮影:齋藤豊広さん)


珍しい虫たちも
今日はサンクチュアリではあまり頻繁に見られない虫たちも姿を現しました。

まずはトンボの仲間、ウチワヤンマ。
お尻のうちわ状の突起が特徴的で、毎年見られるものの、観察舎から観察できる機会はなかなか多くありません。
水草の上に止まっているトンボに注目です。

ウチワヤンマ2_斉藤豊広さん160821
ヤンマという名前だけど、実はサナエトンボの仲間
(撮影:齋藤豊広さん)


そしてもう一つはノコギリクワガタのオス。
観察舎のケヤキの木に止まっているところを来園者の子どもが見つけてくれました。
樹液に集まっている姿はたまに見かけますが、ケヤキに来ている姿はなかなか見ません。
木の周りを来園者に囲まれ、恥ずかしそうに木の陰へと隠れてしまいました。

ノコギリ1_岡井孝さん160821
コケの上、歩きにくい・・・
(撮影:岡井孝さん)


今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ(1羽)、オナガなど9種+外来種1種
(いわもと)
このページのトップへ

雨ニモ負ケズ!(イベント写真追加しました)

2016年8月20日(土)雨のち曇り
今日は年に一度の「光が丘水辺の生きもの教室」の日。あいにくのお天気となりましたが、小雨決行!!時々ザーッと降る雨の中、池を歩き回りました。
イベント中は、思わぬところから鳥が飛び出してきたり、人を避けて池の奥に行ってしまう様子が見られました。観察にご不便をお掛けしましたが、ご協力いただきありがとうございました。

今日もツツドリ
朝の大雨の中、じっと枝にとまっているツツドリがいました。雨が強まると森の中へ消えていきました。
ツツドリ斉藤豊広さん2P7A5778
濡れる・・・
(撮影:齋藤豊広さん)

この週末は雨予報のため、まだしばらくサンクチュアリにいてくれるでしょうね。
雨を避けて、ほかの鳥たちもサンクチュアリに来てくれるかもしれません。台風の接近を喜ぶのは、鳥屋とサーファーくらいですよね!?

雨の中の探検!
雨が降ったり止んだりする中、水辺の生き物教室午前の部、午後の部ともに無事開催しました。
毎年恒例、普段は入れないサンクチュアリの中へ入れる大人気講座です。
子どもたちはボートに乗り、スタッフと大人の希望者は胴長を着て、ボートを引いて池の中を歩きます。
仕掛けてあるワナを上げたり、サンクチュアリの生き物を観察しながら池の中をめぐりました。

事前説明
池に向かう準備中。みんな装備は大丈夫かな?


池をボートでめぐります
ボートで池をめぐります。
あのワナ上げて!というリクエスト多数。


中の島上陸
途中休憩で中の島上陸!
午前の部は雨のため上陸できず残念!


午前の部は、雷雲が接近したため、一時観察舎に避難しながらも、小やみになったところを見計らって池の中を1周しました。
午後の部は、途中にわか雨に降られながらも無事終了か・・・と思った矢先、最後の最後でバケツをひっくり返したような雨に打たれ、全身びしょ濡れになりながら観察舎へ帰還しました。

水辺の生き物教室PM集合_岡井孝さん8Y4A3948
みんなでジャンプ!(なぜかスタッフが一番元気です)
(撮影:岡井孝さん)


観察舎へ戻ってからは、池の中に棲む生き物をじっくり観察し、サンクチュアリの生き物事情について学びました。

池の生きものモツゴ
在来魚モツゴ。覚えて帰ってくれたかな?


雨に濡れながらのサンクチュアリ探検でしたが、皆さんから「楽しかった!」「めったにない経験ができた!」とうれしい声をたくさんいただけたので少しホッとしました。
参加者の皆様、雨の中本当にお疲れ様でした。

なお、当日の連絡先が不適切で、参加者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

明日の一日水族館は中止です
台風接近にともなう雨予報のため、あすの一日水族館は中止といたします。
楽しみにしてくださっていた方も多く当会としても残念ですが、またの機会をお待ちください。
次回は、10月中旬を予定しています。詳細が決定したら、サンクチュアリや当ブログなどでお知らせいたします。

今日確認された鳥:カイツブリ、ツツドリ、ハシブトガラスなど 8種(ますなが・いわもと)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード