FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

【行事報告】練馬の七夕飾り「ちゃが馬をつくろう!」

もうすぐ七夕?
七夕と聞くと7月7日を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、一昔前は様々な地域で旧暦の7月7日(今年は8月17日)に七夕行事をする習慣がありました。
そこで旧暦の七夕にちなんだ8月4日(土)に、練馬の伝統的な七夕飾り「ちゃが馬をつくろう!」を開催しました。

力作のチガヤ
「ちゃが馬」たち


ちゃが馬って何?
・七夕に馬の飾りを作る地域は、練馬以外にも日本各地にある。
・素材、作り方、形、飾り方すら地域によって違う。
・練馬地域ではかつてその飾りをチガヤというイネ科植物でつくり、それを「ちゃが馬」と呼んでいた。
そんなことをお話していると、「チガヤってなんですか?」との疑問が登場。そこで、まずは実際のチガヤを探しに、すすき原っぱへご案内しました。

チガヤ探し
これがチガヤか・・・


現在のすすき原っぱにはたくさんのイネ科植物が生え、識別は難しい時期です。ただ、識別のコツを掴むとあっという間に「ここにもあった!」「こっちのもチガヤだ!」と、どんどんとチガヤを見分けていく参加者の皆さん。
それと同時に、ナミアゲハやショウリョウバッタモドキなどのたくさんの生きものも登場し、原っぱに入る楽しさを体感した様子でした。

いよいよちゃが馬作り

チガヤをねじったり結んだりしながら、馬の頭、たてがみ、前足、胴体、後ろ足・・・と、作り進んでいきます。
最初は、ねじるときの力加減や使うチガヤの量に悩んでいた様子でしたが、工程が進むにつれて、自分の膝でチガヤを押さえながら馬を作る人、他の人に支えてもらってきれいに編む人、と、各自で工夫をしながら、作業が早く、上手になっていきました。

真剣に工作中
センダンの木の下でちゃが馬作り


チガヤをねじったり
真剣な手つき



最後に後ろ足をつけ、ちゃが馬を作り終えたみなさんの顔は達成感でいっぱい。
そして、手にはそれぞれの個性がにじみ出たちゃが馬を大事に抱えていました。

完成!
作ったちゃが馬を持ってパチリ!


「こんなところがあるなんて初めて知った。今度は下の子を連れて遊びに来たい。」
「ちょっと難しかったけど、飾っておきます。」
「ちゃんとできてうれしかった」
などの感想をいただきました。
暑い中の活動ではありましたが、皆さん、お疲れさまでした!
(しょうやま)
このページのトップへ

【終了】光が丘かいぼり塾

12月26日(火)、1月8日(月祝)に、16年ぶりのかいぼり関連イベント「光が丘かいぼり塾」を実施しました。
かいぼり中の池の見学と作業体験などをしました。

観察舎でのかいぼり基礎講座の後は、現地を見学しながら当地でのかいぼり手法について学びます。
かいぼり塾 howto
池底で水の抜き方を学ぶ


池底の泥を運び出す体験もしました。
歩きにくい池底で重い泥をソリに乗せて運ぶ・・・かなりの重労働でしたが、がんばりました。
かいぼり塾 底泥除去
足下がぬかるみ、結構大変


最後は、保護した在来種のいけすを見学。
池に水が戻るまで、魚やカメなどをここで大切に飼育しています。
かいぼり塾 いけす見学


かいぼりについて理解を深めていただけたでしょうか。
池の管理手法として、各地で正しいかいぼりが広まりますように。

現在は池干し中。2月頃に再び池に水を入れる予定です。
またサンクチュアリに遊びに来てくださいね。
このページのトップへ

【終了】12/17落ち葉かきと焼きいもの日(すすき原っぱ)

12月17日に今季2回目の焼きイベント「落ち葉かきと焼きいもの日」を開催しました。
残念ながらキャンセルの方も多数あり、結局17名での実施となりました。

今回も前半はバードサンクチュアリ向かいに広がるすすき原っぱでの落ち葉かきからスタート。
先週のイベントでロープ柵内の落ち葉はほとんど集めたため、ロープ柵外側の通称“拡大区”で行いました。
拡大区はツルマメなどが茂ってちょっと集めにくかったですが、大人たちの熊手部隊が奮闘して30袋以上の落ち葉を集めました。

落ち葉かき1712117


バーベキュー広場へ移動したら、さっそくイモの下準備。
それからおき火をつくって焼きいも開始です。
焼きいもは火の通りに時間がかかるので、焼き上がるまでに40分ほど。
この日は風が強くて、落ち葉もよく乾いていたので火番をするには暑すぎるくらい。
丁寧な調整が難しく、火の通りが甘かったものもありましたが、おいしい焼きいもが出来上がりました。

焼きいも171217


次回は1月28日にカントウタンポポ自生地の落ち葉かきと焼きいもイベント実施予定!
既に満員御礼で申込は終了しています。
きっと来年もやる予定ですので、逃した!という方はまた来年お待ちしております!
(いわもと)
このページのトップへ

【終了】12/10落ち葉かきと焼き林檎の日(すすき原っぱ)

12月10日に今季最初の焼きイベント「落ち葉かきと焼き林檎の日」を開催しました。
親子連れを中心に32名の参加者が集まりました。

イベント前半はすすき原っぱで落ち葉かき。
春の野草の芽生えを助けるために、地面に降りつもった落ち葉を取り除きます。
手や熊手を使ってひたすら山をつくり、袋や背負いカゴに集めていきます。
後半の焼き林檎の燃料にもなるので、皆さん必死に集めました。

落ち葉かき171210


落ち葉かき後171210
落ち葉かき後。地面が見えるようになりました


バーベキュー広場へ移動したら、林檎の下準備。林檎の芯を抜いて、アルミホイルにくるみます。
そしていよいよたき火の始まり!
十分なおき火ができたら林檎をおいて、落ち葉を投入し続けます。
ここでチームごとにうまく協力できるかがおいしい焼き林檎を作るための分かれ目です。
どの班もうまく焼き上がりました。

林檎下準備171210


たき火171210


今年の焼き林檎は今回の1回限り。
今回参加できなかった方、興味ある方はきっと来年も開催すると思いますので、来年をお楽しみに!

(いわもと)
このページのトップへ

【終了】9/24体験工房 ススキでトトロをつくろう!

遠景170924


9月24日(日)に「体験工房 ススキでトトロをつくろう!」イベントを開催しました。
日向に出ると少し汗ばむような陽気でしたが、すっきりした秋晴れの中でのイベントとなりました。
おかげさまで、事前予約の時点で定員いっぱいとなり、午前の部、午後の部あわせて42名の方にご参加いただきました。

まずはすすき原っぱで材料となるススキまたはオギの穂を集めるところから始まります。
すすき原っぱのロープ柵の中は、貴重な植物や昆虫を守るため、普段は立ち入りできません。
イベント限定の大公開で、背丈より高いススキの中を歩きながら、材料を集めました。

材料集め170924
良い穂を選ぶのも重要な工程です


ツチイナゴ170924
ツチイナゴも見守る


材料がそろったら、いよいよトトロ型の人形作りです。
穂を曲げて、形を整えて、ヒモで縛って・・・と子ども1人だと少し難しい工程もありますが、親御さんとうまく協力して作り上げていきます。
耳と目をつけると、表情が加わって、おのおの個性的な人形が出来上がりました。

穂を曲げる170924
完成形をイメージしながら・・・


トトロ完成170924
かわいい人形の完成です!


完成したばかりだとツヤツヤした感じですが、乾いて穂が開くとふわふわな人形に仕上がります。
ちゃんと乾かせば何年も日持ちするので、ぜひ目立つ場所に飾ってあげてくださいね。
(いわもと)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード