fc2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

今日はタカの日

2021年10月14日(木) 晴れ

10月の平日開園を迎えた光が丘公園バードサンクチュアリです。
朝方の雨で少ししっとりした空気からぐんぐんお天気が回復し、午後の日差しは暑いくらいでした。

タカ4羽
午前中は、オオタカとノスリがそれぞれ別の場所で羽を乾かしていました。
雨上がりの定番です。
ノスリは羽をだらりと開いて太陽に向かい、思う存分、羽を干していました。
ノスリ
とぼけた顔のノスリ
羽を乾かし終わったところです
(撮影:岸本さん)

午後にはノスリが2羽に増量。日によって、1羽だったり2羽いたりします。
渡り途中の個体がいるのかな?

オオタカは成鳥のメスと、産まれて2~3年目くらいの若い個体が別の時間帯に見られました。
オオタカ若
周りで騒ぐハシブトガラスにイラつく?オオタカ若
(撮影:岸本さん)

若い個体は、今まで見たことのない羽色。これも渡り途中でしょうか。
夏の終わりから冬は、様々な個体が通過しているようです。
木にとまっていることが多く、天高くタカが舞う秋の空とはいきませんでしたが、タカ4羽が見られた一日でした。

写真展始まります
次の開園日、10月16日(土)から「公募写真展 光が丘の生きものたち」が始まります。
今日はその設営に大わらわでした。
写真展には光が丘公園やその周辺で見つけた野鳥や昆虫など、様々な作品が勢揃い!
いずれも、サンクチュアリとご縁のあった皆様方の力作です。
今回は、スマホ・デジカメコーナーもあります。
お散歩や通勤途中で見つけた心動かされる生きものたちの姿を、パシャリ。
普段の風景に潜む、ワクワクドキドキの瞬間をお楽しみください。

今日確認された鳥:カイツブリ、カワセミ、エゾビタキなど 16+1種
(ますなが)
このページのトップへ

秋風とアオゲラ

2021年10月10日(日)曇りのち晴れ一時小雨
朝9時の開園時は薄曇り、10時から11時にかけては小雨が降り、その後は晴れときどき曇り……と、なんだか落ち着かない天気の1日でした。
気温は総じて秋らしく、涼やかな風が吹き抜ける、光が丘公園バードサンクチュアリです。

カワセミの漁場
ほぼ1日中、と言っていいほど、頻繁に池を訪れたカワセミ。
ほとんどはメスの(おそらく同一)個体でしたが、オスの個体も現れました。

カワセミ211010_岡井孝さん
見事に小魚をキャッチしたカワセミ。
魚影を探してか、華麗なホバリングも披露してくれましたよ。
(撮影:岡井孝さん)


梢からの声
セミの声がすっかり聞こえなくなった観察舎では、主にシジュウカラとヒヨドリの声がよく響いていました。
一見なにも見当たらない時も、耳を澄ませば、鳥の居場所がわかることも。
カイツブリが「ピ!」と強く短い声(警戒声)をあげている時は、近くに猛禽類がいるかもしれませんし、カワセミの来訪にもまず鳴き声で気付くことが多いです。
ぜひ、秋のサンクチュアリに耳を傾けてみてくださいね。

ヒヨドリ211010_齋藤豊広さん
観察舎の頭上から、ひときわ鳴き声を響かせていたヒヨドリ。
躍動的な水浴びの瞬間は、ちょっとレアな気がします。
(撮影:齋藤豊広さん)

コゲラ211010_齋藤豊広さん
「ギィー、ギィー」という声が聞こえたら、
小さなキツツキ、コゲラを見つけるチャンスです。
(撮影:齋藤豊広さん)


アオゲラあらわる
午後、ひときわ注目を集めたのは、中型のキツツキ、アオゲラでした。
梢に現れたり、ポンプ池(※観察窓からサンクチュアリ池を見た時に、右手前にある小さな浅い池)で水を飲んだり、しばし悠々と過ごしていました。

ちなみに、コゲラやアオゲラの「ゲラ」はキツツキの意。
キツツキの古名「テラツツキ(寺啄)」が「ケラツツキ」へと変化し、省略されて「ケラ」となった説が有力ですが、正確な由来は謎、という不思議な言葉です!

アオゲラ211010_齋藤豊広さん
ポンプ池の倒木に舞い降りたアオゲラ。
木に垂直にとまっている姿を見慣れていると、
なんだか違和感を感じてしまう姿かも。
(撮影:齋藤豊広さん)



今日確認された鳥:カルガモ、ツミ、キセキレイなど16種+外来種1種(さくら)


このページのトップへ

ノスリと小鳥とヤマハッカ

2021年10月9日(土)曇り
昨日よりも気温が下がり、涼しい風が吹きました。日差しは強く、日なたにいると夏を思い出すような天気でした。

今日のノスリ
開園直後から観察舎の対岸のヤナギにノスリが止まりました。
午前中にはノスリがもう一羽やってきて、追いかけっこしていました。

その後、東のカツラの奥でひっそりと休憩したりして過ごしていました。

211009ノスリ齋藤豊広さん 2
秋冬の常連ノスリ
(撮影:齋藤豊広さん)



今日の小鳥
「チチチチ・・・」と鳴き声を響かせて水面の上を滑るように飛んできたのはカワセミ!
水面より少し高い枝や岩の上がお気に入りスポットです。

211009カワセミ齋藤豊広さんのコピー
下くちばしが赤いのでメス
(撮影:齋藤豊広さん)


シジュウカラの群れもサンクチュアリを横切って行きました。
シジュウカラはエナガやコゲラと群れを作っていることが多いです。
複数羽の鳴き声が聞こえると、つい目で追って可愛い小鳥たちを探してしまうスタッフでした。

211009シジュウカラ齋藤豊広さんのコピー
シジュウカラ「探してみてね!」
(撮影:齋藤豊広さん)



カマキリは策士
今日も蜜を求める虫たちで大盛況のヤマハッカの花。

211009ウラナミシジミ齋藤豊広さんのコピー
ウラナミシジミ
この他にイチモンジセセリ、キタキチョウなどチョウの仲間たちが訪れていました。
(撮影:齋藤豊広さん)


ヤマハッカをよく見るとオオカマキリがいました!蜜を求める虫を捕らえるためか、スタンバイしていました。

211009オオカマキリ齋藤豊広さん 2
オオカマキリ
ちなみに目撃された狩りは失敗!頑張って!
(撮影:齋藤豊広さん)



今日確認された鳥:カイツブリ、チョウゲンボウ(高空通過)、エナガなど15+外来種1種(さいとう)


このページのトップへ

今年もやってきた

2021年10月3日(日)晴天
今日は雲一つない秋晴れで、お客様も多く賑わいました。
秋の虫の声に変わったと思いきや、アブラゼミの鳴き声がかすかに聞こえてきました。
また、小鳥の鳴き声もよく聞こえる1日でした。

お久しぶり
今期初のモズのメスが来ました!

143336.jpg

モズ「ここは私の縄張りにするわ」
(撮影:古屋真さん)


朝はヤナギのてっぺんに留まって縄張りを主張する高鳴きをし、昼間は東側の小さなヤナギの木にとまったり、サンクチュアリ内をウロウロしていました。


クモ
サンクチュアリ観察舎では、いたるところにクモやクモの巣があります。
よく目を引くのはジョロウグモですが、他にもひっそりいます。

143339.jpg

イチモンジセセリを食べるオニグモ(撮影:古屋真さん)

観察舎の天井部分でひそかに食事中でした。

143340.jpg

ヤハズハエトリ(撮影:柴田絵里さん)

こちらは観察舎内にある小さな池に潜んでいました。


ちょっとしたブーム?
一人がガガンボに注目すると”なにを見ているのかな?”と注目の的になりました。

143338.jpg

キリウジガガンボ(撮影:柴田絵里さん)

↓拡大するので閲覧注意かもしれません。

143337.jpg
上の写真の拡大図(撮影:柴田絵里さん)


こちらのガガンボの写真をよく見てもらうと前翅の後ろにマッチ棒のようなものが付いています。
これは平均棍(へいきんこん)といって飛行時にバランスを取るための器官です。
ハエやカなど、羽が2枚しかない虫に見られます。なんだか”へいきんこん”の響が良くてお客さんもしばらく唱えていました。


今日確認された鳥:アオサギ、カワセミ、キセキレイなど16種(ひらいわ)
このページのトップへ

台風一過の十月

2021年10月2日(土)晴れ
光が丘公園バードサンクチュアリ、10月最初の開園は、台風一過の晴天。
台風明けというと、渡り鳥や迷鳥を期待する方も多いですが、本日観察されたのは、いつものメンバーといった顔ぶれの鳥たちでした。

ノスリの脚
いつもの顔ぶれとはいえ、見られると嬉しいのはカラス大のタカ、ノスリです。

ノスリ211002_渡辺正明さん
ご覧ください、このたくましい両脚!
(撮影:渡辺正明さん)

「優しい顔立ちをしている」「かわいい」と言われることの多いノスリですが、この脚を見ると、ハンターであることを再確認できますね。
たくましい両脚で、ヒキガエルなどの小動物を押さえつける姿は圧巻です。

裏は銀色
シジミチョウというと、2cmくらいの小さなチョウのイメージですが、種によっては大きめのチョウもいます(わりと個体差もあります)。
そんな大きめのシジミチョウ、ウラギンシジミが、観察舎内をひらひらと飛んでいました。
望遠鏡で鳥を見ている人の、すぐ足元にとまっていることも。

ウラギンシジミ211002_渡辺正明さん
翅の裏が銀白色をしているのが特徴の、ウラギンシジミ。
大きいものでは4cmくらいあります。
(撮影:渡辺正明さん)


原っぱに注目!
旬の話題を解説する「スタッフトーク」、本日から新テーマ「すすき原っぱの生きもの」がスタートしました。
バードサンクチュアリの向かいに広がる「すすき原っぱ」には何がすんでいるのか? そもそも「すすき原っぱ」ってどんな場所? などなど、スタッフがお話します。
10時半と15時に実施しますので、ぜひ聞きにいらしてくださいね!(※イベント開催日を除きます)

ショウリョウバッタモドキ211002
本日のゲストとして登場した、ショウリョウバッタモドキ。
どんなバッタなのか…くわしくはスタッフトークにて!
(※ゲストはいない日もあります)



今日確認された鳥:カイツブリ、ダイサギ、カワセミ、キセキレイなど15種(さくら)

このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード