光が丘公園バードサンクチュアリ

黒と青と子育て

2017年5月21日(日)晴れ
サンクチュアリの入口ではスイカズラが一斉に花を咲かせています。
午前中は涼しかった観察舎も午後には30℃近くまで気温が上がりました。
夏がじわりじわりと近寄ってきているようです。

18Y4A9170.jpg

ギリギリ29℃。暑すぎです
(撮影・岡井孝さん)


水遊び
「今日はあつ~い!」サンクチュアリに訪れた方がほとんど皆言いました。汗をたくさんかくような暑い日は鳥だって暑い。
羽毛布団まとって生活しているような鳥たちは、ほんとに暑そうです。

18Y4A9164.jpg

「黒色は熱を吸収するのです…」
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A9165.jpg

「水を浴びても暑いのです…」
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A9166.jpg

「次は白色の鳥に生まれたいのです…」
(撮影・岡井孝さん)


トンボ
シオカラトンボを先頭に続々とトンボの種類が増えています。数は少ないですがウチワヤンマが飛び始め、今日オオシオカラトンボを確認しました。

1P5210474.jpg

オオシオカラトンボ
(撮影・斉藤豊広さん)



ファミリー
1羽も欠けることなくすくすく成長しています。まだ自分で餌を捕ることはできず、親を追いかけるので精一杯。

18Y4A9138.jpg

待ってよ~
(撮影・岡井孝さん)


1P5210479.jpg

カイツブリ母「今日のごはんはお魚よ!」
ヒナ「ママ、昨日も一昨日もお魚だったよ!」
(撮影・斉藤豊広さん)



今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ、エナガ等14種(つちや)

このページのトップへ

待望のヒナお披露目!

2017年5月20日(土)快晴
朝から好天に恵まれ、夏を感じる暑さでした。
日影で風が抜ける観察舎は少し涼しめ。暑さに耐えられなくなったら、サンクチュアリにお越しください。
口開けるハシブトガラス170520
ハシブトガラスだって暑い


定員オーバー!
順調なの?順調じゃないの?と気がかりだったカイツブリのヒナがお披露目しました!
孵った日によって大きさはまちまち。4羽のヒナが揃いました。
茂みの中から出たり入ったり。待ちわびた来園者から歓声が上がりました。
ヒナたちは必死に親鳥の背中に乗ろうとしますが、一番大きいヒナはサイズオーバーで頭だけ乗せていたり・・・
既に定員オーバーのようです。

blogカイツブリヒナ4羽_岡井孝さん170520
ヒナ4羽お披露目!
(撮影:岡井孝さん)


blogカイツブリ給餌_岡井孝さん170520
ご飯ちょーだい!
(撮影:岡井孝さん)


blogカイツブリ背中に乗る_岡井孝さん170520
背乗りカイツブリ。きみは大きすぎじゃない?
(撮影:岡井孝さん)


混群のにぎわい
「ツピツピ」「ジュリリリ」
巣立ちビナを連れた小鳥たちはいくつかの家族が群れになって観察舎の上を通り過ぎていきます。
エナガのヒナはずいぶん大きくなりましたが、親鳥が虫を捕ると、一斉に鳴きながら集まってきます。
シジュウカラの親鳥もエサ探しに大忙し。これからますますにぎやかになりそうです。

blogエナガ幼鳥_齋藤豊広さん170520
親鳥と同じくらいまで育ったエナガのヒナ
(撮影:齋藤豊広さん)


小さな訪問者
野鳥がすぐに見られないときでも、観察舎内を探すとたくさんの生き物たちを見つけられます。
夕方ごろに観察舎の地面に降り立ったのはアオスジアゲハ。
給水のために湿った場所に止まることはよくありますが、今日は乾いたところに止まっていました。

blogアオスジアゲハ_齋藤豊広さん170520
そこ、水分ないと思いますけど・・・?
(撮影:齋藤豊広さん)


観察窓に止まっていたのはムシヒキアブの仲間。
名前の通り、コウチュウやガ、ハエなど他の昆虫を捕まえるアブです。
近くにガが飛んでくるとしきりにアタックをしていました。

ムシヒキアブ2_170520
意外とかわいい正面顔


ムシヒキアブ170520
マガリケムシヒキのようです


日光浴日和
暑すぎず、天気のいいこの時期はカメの日光浴姿をよく見かけます。
よく見られるのは外来種のミシシッピアカミミガメ。今日はサンクチュアリ池と観賞池で1匹ずつ見られました。
サンクチュアリでは外来カメの防除を行っていますが、毎年放棄された個体が後を絶ちません。
ミシシッピアカミミガメは水鳥のヒナを食べてしまうこともあります。
ちょうどカイツブリのヒナでにぎわっているところなので、ひやひやしますね。
くれぐれも生き物は野外に放さないようにお願いします。

blogミシシッピアカミミガメ日光浴_岡井孝さん170520
良い天気ですのぉ
(撮影:岡井孝さん)


アカミミガメ観賞池170520
カルガモにも動じず


今日確認された鳥:アオサギ、ツバメ(水のみ)、ハシボソガラス、カワラヒワ等15種+ホンセイインコ(いわもと)
※更新が遅くなり、すみませんでした。
このページのトップへ

食べ物求ム!

2017年5月14日(日)曇り
先週までの夏空はどこへやら。ひんやりした曇り空広がる1日でした。
公園内ではこどもまつり開催中で、観察舎でも子どもたちの元気な声が響き渡りました。

落し物ですよ!
小鳥たちのヒナが続々孵っているようです。
シジュウカラとエナガ、メジロ、コゲラはゆるやかな混群を作って、ヒナたちのエサ運びに大わらわ。
既に巣立っているところもあり、あちらでは親鳥を呼ぶヒナの声が、こちらでは懸命にエサを探す親鳥たちが見え、たいそうにぎやかです。

コゲラ_エサ運び_伊勢原さん170514
今日は黒いイモムシ?持ってきたよ!
(撮影:伊勢原さん)


その中で、メジロの親鳥が大きなイモムシを捕まえて、何度も枝に思いっきり叩きつけていました。
次の瞬間、活きが良すぎたか、思いきりが良すぎたのか、頭上からイモムシが降ってきました。
イモムシは生きていましたが瀕死状態。きっと他の鳥か虫のご馳走となることでしょう。

メジロの落とし物170514
落し物はチャイロキリガ幼虫のようです


大漁だ!
カイツブリやカワセミのヒナも順調に育っているようです。
カイツブリはアメリカザリガニを、カワセミは立派なトウヨシノボリを運んでいました。
ヒナがお披露目になる日は近いかも?!

カイツブリ_エサ運び_伊勢原さん170514
急いで運ばなくちゃ!
(撮影:伊勢原さん)


カワセミ_トウヨシノボリ捕食_岡井孝さん170514
今日もトウヨシノボリ捕れた!
(撮影:岡井孝さん)


いろいろな模様
よく見かけるナミテントウは背中の斑紋のバリエーションがとっても豊かです。
一般的には黒地に赤い紋2つのイメージが強いですが、今日は紋の数が多いものを見かけました。
その近くには、シロホシテントウの仲間も歩いていました。
自分好みの斑紋模様を探してみるのも面白そうです。

ナミテントウ170514
知らないと別種かも?と思ってしまいそうなナミテントウ


シロホシテントウの仲間
体が小さく、黄色地に白い斑のシロホシテントウの仲間


今日確認された鳥:カルガモ、ヒヨドリ、ツバメ等 13種+ホンセイインコ(いわもと)
このページのトップへ

雨と悲鳴と香り

2017年5月13日(土)雨
朝からザーザー降りの雨。いつもなら来園者でにぎわう観察舎もひっそりとしています。昨日と変わって気温も低く長袖を着ても寒い一日。

1CIMG0222.jpg

雨とサンクチュアリ


「キャー!!!!」
サンクチュアリの表の園路から悲鳴が聞こえる季節になりました。ヒキガエルの子ガエルが水中から陸へあがり、森を目指して大行進。まるでお祭りの練り歩きのよう。この子ガエルは大きくなって、またサンクチュアリの水辺で次の世代に命をつないでいくのでしょう。毎年の光景ではありますが、見慣れない人には恐怖なのかもしれません。

1CIMG0232.jpg

人気の少ない観察舎でゾロゾロとヒキガエルの子どもたち


雨と雨宿り
雨が降る日は鳥たちの声が聞こえません。いつもはよく鳴いているヒヨドリやシジュウカラの声すら聞こえません。彼らはいったいどこで雨宿りしているのでしょう。


1P5130069.jpg

雨に耐えるアオサギ
「雨になんか負けない…」
(撮影・斉藤豊広さん)


1P5130064.jpg


葉で雨宿り
シオカラトンボ
(撮影・斉藤豊広さん)


1P5130043.jpg

雨なんて気にしないカワセミ
(撮影・斉藤豊広さん)


雨と香
サンクチュアリ入口のスイカズラが白い花を咲かせました。雨のためか香りは控えめ。最初は白い花も黄色へと色が変わる不思議な花です。公園内のセンダンも、白い花を咲かせています。センダンもいい香りの花です。

1P5130032.jpg

センダンの花
(撮影・斉藤豊広さん)


今日確認された鳥:カイツブリ、キジバト、アオサギ等13(+1外来種)
種(つちや)

このページのトップへ

初夏の装い

2017年5月12日(金)晴れのち曇り
爽やかな陽気の光が丘公園バードサンクチュアリ、今日は平日開園日でした。
サンクチュアリ池は、緑が一段と濃くなって初夏の装いです。
週末の開園よりもぐっと静かな観察舎では、鳥たちの声がよく聞こえてきました。

今日のコゲラ
コゲラの子育ては順調そうです。
今日も、エサをくわえて何度も巣穴へ出入りする様子を観察しました。
餌を運ぶコゲラ
大量のイモムシ・・・(撮影:岡井孝さん)

親鳥は、エサをくわえて巣に戻ってくると、しばらく幹に止まっています。危険がないか念入りに確認しているのかもしれません。それから、おもむろに巣穴へ入っていくのです。
今までと違うのは、巣に入ったらすぐに出てくること。もうヒナを温める必要がないほど大きくなっているのかな?
フンをくわえて巣穴から出てきたコゲラ
あー忙しい!(撮影:岡井孝さん)

ヒナのフンをくわえて出てきた親鳥は、またエサを探しに急いで飛んでいきました。

カイツブリは?
カイツブリの子育ては順調なのでしょうか。
今日は、小魚?をくわえてヒメガマ群落の中へ入っていくのを見ました。小さなヒナがいるのでしょうか??
餌を運ぶカイツブリ
エサ捕ってきたよー(撮影:岡井孝さん)

草に隠れて巣の辺りは見えません。そろそろヒナを連れて出てきてほしいですね。

投票ありがとうございました
現在、写真展のグランプリと各賞発表中です☆
写真展作品販売します
各賞は現地でご覧ください!

グランプリおよび各賞は、サンクチュアリ来園者の皆さま、公園サービスセンターの職員の皆さんの投票により決定し、審査員賞としてサンクチュアリの各スタッフがお気に入りの一枚を選ばせていただきました。
各賞に輝いた皆さま、作品をお寄せくださった皆さまに、心より御礼申し上げます。
作品提供者のご厚意により、写真展に寄せられた作品は一部を除きチャリティ販売いたします。
5月14日(日)から販売開始となります。
ただいま予約受け付け中。予約重複の場合は抽選といたします。ご予約のない作品は先着順での販売となりますので、お気に入りの作品を手に入れたいという方はお早めにお越しください。
また、受賞作品は写真展会期終了後の5月28日(日)以降のお渡しとなります。ご了承ください。

グランプリ作品
グランプリ作品をチラ見せ。大人気のこの鳥でした!

今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ9羽、ハシボソガラスなど 19種+ドバト(ますなが)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード