FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

カラフル鳥模様

2019年4月20日(土)晴れ
よく晴れた空模様。空気は昨日までより少し冷たく、夕方には半そでだとすこし肌寒く感じるほどでした。

続々登場
お客さまが、「観察する!」とニホンカナヘビやニホントカゲ、更にはシオカラトンボを捕まえてやって来ました。
すっかり暖かくなり、彼らも続々と姿が見られるようになっていきますね。その場に居合わせた少年少女たちは興味津々で大歓喜!(もちろんスタッフも大歓喜!)よ〜く観察して、元居た場所に返しました。
ニホントカゲ
ちょっと眠そう?なニホントカゲ

シオカラトンボ羽化
サンクチュアリの池岸ではちょうど羽化中のシオカラトンボも見られました!
(撮影:齋藤豊広さん)

池ではアオダイショウが泳ぐ姿も見られました。

白黒まだら模様
今日もサンクチュアリに姿を見せたクサシギ。
石の上で寝てみたり、枝の上でフリーズしてみたり…すっかり景色に溶け込みつつあります。
クサシギ
枝と一体化しているつもりなのかな?
夏羽の白斑がよく目立つようになってきた
(撮影:斉藤豊広さん)

キジバト&クサシギ
キジバトとのツーショット
(撮影:岡井孝さん)


紅白鳥合戦
年末のあの番組ではなく、鳥たちも勝負をしているわけではありませんが、何となく紅白?な面々が見られたのでご紹介です。
バン
紅組トップバッターはバン!
水面にも赤が映えています
(撮影:斎藤豊広さん)

続いて白組は…
メジロ
メジロ!
白いのちょっとだけじゃない、なんて言わないで~
(撮影:岡井孝さん)

カイツブリ
カイツブリはほっぺが赤いから紅組かな?
2羽そろってご登場!
(撮影:岡井孝さん)

アオサギ&ダイサギ
トリはダイサギ&アオサギです!
アオサギ「わたしはグレーゾーンでは?」
(撮影:斎藤豊広さん)

ダイサギ足環個体
観賞池からのゲスト、足環の付いたダイサギ
(撮影:斎藤豊広さん)


今日確認された鳥:コガモ、シジュウカラ、シロハラなど18(+外来種1)種(ごとう)
このページのトップへ

黒い生きものたち

2019年4月14日(日)曇り
すっかり季節は進み、光が丘公園バードサンクチュアリではオオシマザクラが満開になりました。
池では、黒いヒキガエルのオタマジャクシがウヨウヨと泳いでいます。足が生えるのを今か今かと待っているところです。
池にはヒキガエルのオタマジャクシ
ヒキガエルのオタマジャクシたち
(撮影:古屋真さん)


黒い鳥を待つ
昨日、クロジが現れたポンプ池。今日も会えるかと楽しみに待っていると・・・。
クロジを待っていたのに、黒違い。ハシブトガラス
黒いけど大きすぎる!
ハシブトガラス
(撮影:古屋真さん)

お次は・・・似ているが、惜しい!
クロジを待っていたのに、アオジ
アオジ
(クロジと同じホオジロ科)
(撮影:古屋真さん)

結局、今日は現れませんでした。もう旅立ってしまったのかな。

今日のクサシギ
ふと気づくと、クサシギが眠っていました。
石の間で眠っていると、背中の色が周囲の石と同じ!もう、石にしか見えません。
クサシギ
起きたよ(撮影:古屋真さん)

少し食べてはまた眠り、春眠暁を覚えずなクサシギでした。

カワセミ飛来
3/21以来、久しぶりにカワセミがやってきました。とても羽色がきれいなオスです。
しきりに池にダイブしては、モツゴを食べていました。最後に、大きいモツゴをゲット。そして、頭を向こうにしてくわえ、どこかへ一直線に飛んでいきました。
カワセミ
誰にプレゼントするの?
(撮影:齋藤豊広さん)

魚をプレゼントしたい相手はどこにいるのでしょう。いつかヒナたちを連れて来てくれることを願っています。

かわいい妖精エナガ
公園内で巣立ったエナガが団子になっていると、かわいい写真を見せていただきました。
サンクチュアリでは、親エナガがエサ捕りに忙しく飛び回っています。
餌採りに忙しいエナガ
新緑とエナガ
(撮影:岡井孝さん)

来週にはヒナたちを連れてサンクチュアリに来てくれるかしら。

今日確認された鳥:ダイサギ(足環個体)、ツバメ、シメ など 20種(ますなが)


このページのトップへ

開花と白と黒

2019年4月13日(土)晴れ
風が冷たいですが、日向にいるととても暑く半袖でちょうどいいくらい。
先週つぼみだったアケビは開花。

R0013680.jpg

アケビの花
今年も雌花がないです
いつになったら実るのだろう


おたまたち
今年の春は雨がよく降ってくれたため水が濁らず、みんな元気に生活できているようです。毎年、産む数が多く、卵と水が腐敗してしまいうまく成長するのはほんのひとにぎりでした。


画像は後日掲載します


まぶしい白
足環付きも含め3羽もいたダイサギ。それぞれ木の上で休んでいたり、餌探しをしていたりと自由にしていました。1羽はくちばしが黒く、夏モード。これから暑い夏がやってきますが、昨年ほど暑くなるのは嫌ですね。

18Y4A7880.jpg

ニジュウシトリバ(ガのなかま)を彷彿するダイサギの姿!!
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A7877.jpg

足環のダイサギ
(撮影・岡井孝さん)


1P4131312.jpg

奇跡の一枚
「皆様、本日はダイサギ便サンクチュアリ行きをご利用いただき誠にありがとうございます。機長は私、ダイサギです。」
(撮影・斉藤豊広さん)


18Y4A7884.jpg

ん…?それはわざとなのか?
(撮影・斉藤豊広さん)


マイルドな黒
チッチッ、サンクチュアリの入口横の池にクロジがいました。人の気配を感じて隠れてしまいましたが、ポンプ池にも出現しました。

18Y4A7904.jpg

ポンプ池にて
(撮影・岡井孝さん)




今日確認された鳥:カイツブリ、コゲラ、エナガなど16(外来種+1)種(つちや)
このページのトップへ

サンクチュアリの黒いシリーズ

2019年4月7日(日)晴れ
昨日に続き暑いほどの陽気に包まれたバードサンクチュアリ。春休み最後の日曜日という学生さんも多かったのでしょうか。たくさんのお客様で賑わう一日となりました。
コゲラ
コゲラ「すっかり春ですねえ……」
(撮影:古屋真さん)


黒い影
観察窓からサンクチュアリの池を望むと、モヤモヤとした黒い線が見えます。
オタマジャクシ
池の中に黒い川?
(撮影:岡井孝さん)

よーく見ていると少しずつ動いている…。
オタマジャクシ
さらによーく見ると、黒いつぶつぶ…?
(撮影:岡井孝さん)

正体は、カエルの幼生、オタマジャクシ!
観察舎入口の池ではうじゃうじゃと蠢くオタマジャクシがよく見られますが、サンクチュアリの池ではこんな群れをなしています。望遠鏡を通して見ると、オタマジャクシ1匹1匹もよく見えました。

ポンプ池の”クロ”たち
今日のポンプ池には、ちょっと珍しいお客さまもやって来ました。
クロジ
クロジ
(撮影:岡井孝さん)

暗い林などに生息し、観察舎から見られるところに出てくるのは珍しく、今日の確認も数年ぶりとなりました。

黒い頭のアトリ(オス)もやってきました。
アトリ
「もっときれいな黒になるよ」
(撮影:岡井孝さん)

アトリ
こちらはメス
(撮影:岡井孝さん)


水際もにぎやか
オタマジャクシ蠢く池で、鳥たちも様々な姿を見せます。
クサシギ採餌
エサを捕えたクサシギ
(撮影:岡井孝さん)

アオサギダイサギ喧嘩
アオサギとダイサギは突然の結果!
ものすごい形相のアオサギです……
(撮影岡井孝さん)

コガモ
仲良く寄り添うコガモ
(撮影:斎藤豊広さん)


今日確認された鳥:カイツブリ、ウグイス、カワラヒワなど20種(ごとう)
このページのトップへ

はるらんまん

2019年4月6日(土)晴れ
風もなくジリジリと暑い日差しが夏のような一日。
アケビの花が少しずつ咲き始めています。来週には甘い香りがしそうです。

そろそろ見納め
今年はシメやアトリが多かったなぁという印象がありますが、カモ類は少ないように思いました。オカヨシガモが来なかったのはとてもショック。来年はどうなることやら。冬鳥は繁殖地へ向かい、夏鳥がやってきます。ツバメはもう来ています。

1シロハラ_190406岡井さん

シロハラ今日はいました
(撮影・岡井孝さん)


はるらんまん
日に日に緑が増えすっかり季節は冬から春へ。
ツバメがくると、次はトンボが羽化し始めます。この陽気なら再来週あたりには出現するでしょうか。

1ムラサキシジミ齋藤豊広さん190406

冬越ししたムラサキシジミ
(撮影・斉藤豊広さん)


1アオサギ齋藤豊広さん190406

サクラとアオサギ
(撮影・斉藤豊広さん)


再クサシギ
ガツガツ水の中の何かを食べていました。
シギの仲間はサンクチュアリではなかなかみれないので長くいてくれると、よーく観察できていいのですが。今の時期は渡りの途中だったりしてすぐ移動してしまいそうですね。

1クサシギ2岡井孝さん190406

またきてクサシギ
(撮影・岡井孝さん)




今日確認された鳥:カルガモ、コガモ、アオサギ、カワラヒワ等など16種(つちや)

このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード