FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

カイツブリと虫と脱皮

2020年6月30日(火)曇りのち雨
今日は雨が降ったり止んだりを繰り返し、15時過ぎからはざあざあ降りになりました。
今日で2020年も折り返し地点を迎えました。残りの半年間もよろしくお願いします。

今日のカイツブリ
今日も親1羽、ヒナ2羽が確認されました。
ヒナたちのサイズは親鳥に近づいてきています。
特に、親からエサをもらえているヒナの方が大きくなっているようだね、とお客様とお話しました。ヒナが単独でエサを取るのは難しいのですね。

15935128080.jpeg
仲良し親子
(撮影:岡井孝さん)

15935127970.jpeg
仲良し兄弟
(撮影:岡井孝さん)



今日の虫
夏が近づき鳥の数は減ってきたものの、サンクチュアリでは様々な虫が見られるようになってきました。

15935127860.jpeg
アリのそっくりさん、アリグモ!

202006301939028e5.jpg
ビロードのような体表の
フタオビミドリトラカミキリ

15935128190.jpeg
結構おしゃれさんの
ナガゴマフカミキリ



オオクモヘリカメムシの変身

6月20日のブログで綺麗なターコイズブルーの背中を披露してくれたオオクモヘリカメムシの幼虫。
彼らは脱皮をして姿を大きく変化させます。
今日は入口側に設置されている在来植物のグリーンカーテンの下で、石にしがみついて脱皮中のオオクモヘリカメムシがいました。

15935128440.jpeg
10時半、脱皮中
鮮やかな緑色が綺麗!

15935128550.jpeg
11時半、脱皮後
12時にはどこかへ行ってしまいました…。

15935128320.jpeg
抜け殻は石の下に

15935128650.jpeg
成虫はこんな姿に!
大きさは3cmほどの大きなカメムシです。



今日確認された鳥:アオサギ、コゲラ、シジュウカラ(ヒナ連れ)など 13種(さいとう)

このページのトップへ

雨のち晴れのサンクチュアリ

2020年6月28日(日)雨のち晴れ
今日は午前いっぱい雨音が響いていましたが、午後になり雨が上がるとトンボが飛び、虫の声がそこかしこで聞こえてきました。

羽づくろい
鳥を観察していると、くちばしで器用に羽づくろいしている姿を見ることがあります。
鳥は、羽づくろいで羽の機能を保っているそうです。
羽の流れを整え、寄生虫を取り除き、皮脂腺から分泌される油脂や羽が崩れてできた粉を羽に塗ることで、飛行を助け、寒さや汚れ、水から身を守る羽になるようメンテナンスしています。

20200628201413323.jpg
カルガモ「背中が気になるわ」


20200628201421be0.jpg
カルガモ「はっ…!見たわねっ…」


20200628201346b90.jpg
アオサギ「お腹を整えてっと」


20200628201327cc1.jpg
スッキリ!



今日のカイツブリ親子
今日も親1羽、ヒナ2羽が確認されました。
親鳥にとって、まだエサをあげていいヒナと早く自分でエサを捕れるようにしたいヒナがいるようです。
後者のヒナが親鳥の捕ってきたアメリカザリガニを奪うと、追いかけ、つつき、自立を促していました。

2020062820143049f.jpg
なかよし親子
(撮影:斉藤豊広さん)

カイツブリ20200628齋藤豊広さん_2
親鳥「あなたは早く自立しなさぁぁい!」
激しく水しぶきを上げながら、親子の攻防が繰り返されていました。
(撮影:斉藤豊広さん)

20200628201356cb1.jpg
足を伸ばして、のび〜



子ガエル
観察舎のあちこちに子ガエルが出没しています。
5月ごろよりも一回り大きくなっています。
これから土の中の小さな虫などを食べ、成長していきます。

202006282014056bd.jpg
子ガエル「今日は快適だったケロ」



今日確認された鳥:コゲラ、ツバメ、メジロなど10種(さいとう)


このページのトップへ

蒸し暑い虫日和

2020年6月27日(土)晴れ
今日の光が丘公園バードサンクチュアリはとても蒸し暑く、朝の掃き掃除で汗だくになってしまいました。
風がないため、観察舎は蚊取り線香のにおいに満ちていました。

今日のカイツブリ家族
ヒナが何羽いるのか、念入りに数えるのが日課となっています。
本日は、親が1羽、親にくっついて行動するヒナ2羽を確認しました。
もう1羽の親とヒナ2羽はいずこ・・・。どこかで元気に暮らしていますように。
カイツブリ親子
そのモツゴ、ちょうだい!(撮影:岡井孝さん)

ほとんど親と変わらない大きさに育ったヒナたち。独り立ちする日も近いかな?

虫の日
蒸し蒸しジメジメした今日は、虫たちの姿をよく見ました。
カメノコテントウ
カメノコテントウ(撮影:高橋嘉明さん)

背がカメの甲羅のような模様の、大きいてんとう虫です。
公園マップをとめているマグネットにいたので、本物かマグネットなのかわからなくなってしまったほどです。
こちらはサンクチュアリのスロープ脇、スダチの木で生まれたナミアゲハ幼虫。
とうとう終齢幼虫になりました。
ナミアゲハ幼虫
にゅっと角を出す!

敵が近づくと臭いにおいの出る角を出して撃退します。
この堂々たる威嚇ポーズ。かっこいいですね。

クモ天国
虫がたくさん飛ぶと、それを食うクモも活発に活動します。
緑色の背中がとても美しいクモを発見。
20200627satsumanomidamashi_shi.jpg
サツマノミダマシ(撮影:柴田絵里さん)

たくさんのクモたちが過ごす原っぱには、たくさんの子どもたちが虫捕りなどで遊びに来ていました。
保護ロープの外側で遊んで、捕まえた生きものは観察したら元いた場所へ戻してあげてくださいね。

今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ、メジロなど 13種(ますなが)


このページのトップへ

夏至2020

2020年6月21日(日)曇りのち晴れときどき雨
雨上がりのひんやりとした風が心地良い、光が丘公園バードサンクチュアリ。
午後からは青空が広がり、日なたの園路は夏のような熱気でした。
かと思えば、15時頃から突然の雨。
夕方の部分日食は、雲に隠れて、残念ながら見られませんでした。

この季節、お越しの際は、雨具&熱中症対策を十分に!

夏至の空
嬉しくも暑い、青い空。

メジロ
静かな池畔の森の陰から、姿はなくとも鳥の声。
メジロ「水鳥ばかりが主役でなくてよ」
(撮影:齋藤豊広さん)


今日のバン一家
サンクチュアリ池で25年ぶりに子育て中のバン。
先週は5羽のヒナがいましたが、今週はヒナ1羽しか目撃されていません。
自然界は……厳しい……!(※無事でいる可能性もあります)

バン親子
仲睦まじいバン親子。
今日は父の日ですが、お父さんかお母さんかは分かりません。
(撮影:齋藤豊広さん)


今日のカイツブリ兄弟
バンの隣人、カイツブリ一家。
今日はヒナ3羽と親1羽が確認されました。
残りのヒナ1羽は、もう片方の親と一緒にいるのか、それとも……?

カイツブリ兄弟
すっかり大きくなったヒナたち。
潜水も、かなり上手になりました。


夏至の植物事情
昨日の記事でも触れた通り、観察舎入口のネムノキは花盛り!
「この花の名前は何ですか?」と聞かれることも多々ありました。

ネムノキ
中ノ島のネムノキも花盛り!(写真中央の木)
この写真では映えませんが、肉眼で見ると綺麗です。

アゲハ幼虫
スロープ脇のスダチの木で発見!
鳥糞(白黒)模様のアゲハ幼虫です。

スダチの木
スロープから見下ろした、これがスダチの木。
アゲハ幼虫を見つけるコツは、虫食い葉っぱの周りを探すこと!

ネジバナ
サービスセンター近くで見かける、小さくて可憐なネジバナ。
よくよく見ると名前の通り、花々がねじれた付き方をしています。
ぜひ、探してみてくださいね。
(撮影:古屋真さん)




今日確認された鳥:アオサギ、コゲラ、オナガ、ツバメなど 14種 (さくら)




このページのトップへ

梅雨晴れのサンクチュアリ

2020年6月20日(土)晴れ
昨日までの涼しさから一点、夏らしい陽気となったバードサンクチュアリです。
シジュウカラ200620岡井さん
本文は虫と水鳥親子フィーバーですが、もちろん他の鳥もいます!
ヨシにとまるシジュウカラ
(撮影:岡井孝さん)


初夏の彩り
サンクチュアリ入口のネムノキが開花しています。
ピンク色の花が目に鮮やかです。
ネムノキ200620
青空をバックに

公園管理事務所の裏では、ヤマモモが実っています。
ヤマモモ200620
みずみずしい果実

こちらはオオクモヘリカメムシの幼虫。よく見かける生きものですが、かなり接写なお写真をいただきました!
オオクモヘリカメムシ幼虫200620
こんな模様をしていたのですね!
ターコイズブルーがきれい
(撮影:菅原邦彦さん)


バンとカイツブリの子育て事情
サンクチュアリで子育て中のバンとカイツブリ。今日はどちらもヒナの姿を見ることができました。
カイツブリギンヤンマ捕食200620齋藤さん
ギンヤンマを給餌するカイツブリの親
(撮影:斉藤豊広さん)

カイツブリヒナ食事200620岡井さん
このザリガニはちょっと大きすぎたかも……
(撮影:岡井孝さん)

バン親子200620岡井さん
バンのヒナは、親鳥にならって水中の枝で一休み
(撮影:岡井孝さん)

バン20200620ヒナとアイカゴ_渡辺正明さん_MG_0850
ヒナがアメリカザリガニ防除用のワナに登る場面も!
(このあと無事に水面に降りました)
(撮影:渡辺正明さん)


トンボ羽化観察日記
朝出勤すると、観察窓沿いに置いてある踏み台で羽化しているトンボを発見しました。うっかり踏まれてしまわないよう避難させて、観察スタートです。
オオシオカラトンボ羽化0855_2
9時 まだ体の色は淡く、翅も閉じています

オオシオカラトンボ羽化0945
9時30分 体の色が濃くなってきました

オオシオカラトンボ羽化1005_2
10時 翅が開きました!

オオシオカラトンボ羽化1115
11時 さらに体色が濃くなり、自力で移動もしました
翅の付け根の色味や羽化殻の形状から、オオシオカラトンボと判定

そして13時過ぎ、来園者に見守られながら無事に飛び立って行きました。

今日確認された鳥:アオサギ、コゲラ、ツバメなど12種(ごとう)
このページのトップへ

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード