FC2ブログ
光が丘公園バードサンクチュアリ

青いバナナと糸

2018年8月12日(日)曇り時々晴れ
朝から空いっぱいの曇り空で昨日より過ごしやすい気温。
湿度は高くべたべたして気持ち悪い一日。

青いバナナ
サンクチュアリの池にマガモのエクリプスらしきカモが出現!!
食べるには早そうな青いバナナの色したくちばし。昨日の豪雨で移動してきたのでしょうか?

1マガモ_古屋さん180812

よこ
(撮影:古屋真さん)


18Y4A3830.jpg

うしろ
(撮影:岡井孝さん)


いつもいる
開園直後くらいまで見えるアオサギは少し目を放すとどこかに隠れてしまう。
暑い時間は森の涼しいところで過ごしているよう。

1アオサギ_古屋さん180812

とても暑そう
(撮影・古屋真さん)


重力のはなし
時計からたれているチェーンの一本が、重力に逆らって横に引っぱられているのにふと気づいてしまった。何故だろう。

1DSCF2057.jpg

チェーンに結ばれていた一本のクモの糸
答えはとても簡単だった。
そう、チェーンはクモの糸に引っぱられていたのだ




今日確認された鳥:カイツブリ、カルガモ、カワセミ等10種(つちや)
このページのトップへ

恵みの雨と夜のサンクチュアリ

2018年8月11日(土)雨のち曇り
夜開園のため、オープンが13時となった本日。
開園とほぼ同時に降り出した雨は、次第に雷を伴い、一時はかなりの大雨になりました。

潤うサンクチュアリ
今日の雨により、池の水位は5cm程上昇しました。
晴れ続きで水位が下がっていたサンクチュアリ池には貴重な恵みの雨です。
雨降る池
雨降るサンクチュアリ

雨が強くなると、鳥や虫の気配は減り、セミの声も静まるほどでしたが、一方でぞろぞろと姿を見せる生きものが。
ヒキガエル昼間
「潤う〜〜〜」

ヒキガエルたちが続々と動き始め、観察舎に来ていた子どもたちの注目の的となりました。

本日も大盛況
サンクチュアリの樹液レストランは本日も大盛況。
雨の中でも、たくさんの虫たちが集まっていました。
樹液レストラン
賑わうクヌギ

夜開園の本日は17時以降特別にこのクヌギのすぐ近くまで行って観察することができました。
クヌギへと続く林内の道では、セミの羽化も見られました。
セミ羽化
仰け反った体勢で脚を乾かす
(撮影:古屋真さん)

セミ羽化
翅が伸びてセミらしい姿になってきた
(撮影:古屋真さん)


光に誘われて
雨の上がった夜のサンクチュアリではライトトラップにたくさんの虫が集まりました。
そしてその下には、集まった虫を狙ってかヒキガエルの姿も見られます。
小さな羽虫から、大きいものではアブラゼミまでパクリ!
ヒキガエル捕食
ヒキガエルの口内で、アブラゼミがジジジ…

ヒキガエル捕食
ゴクリ!飲み込みました

ヒキガエル捕食
ご馳走がたくさんでご満悦?


今年度の夜開演は本日でラストとなりました。たくさんのご来園ありがとうございました!
夜のサンクチュアリはお楽しみいただけましたでしょうか?

今日確認された鳥:カルガモ、アオサギ、ツバメなど7種(ごとう)
このページのトップへ

涼と熱と虫

2018年8月5日(日)晴れ
降らない雨にサンクチュアリの池の水がどんどん減っています。今度の台風で池の水が満たされるのを期待したいところです。入口の池には涼を求めてヒキガエルの姿が。

1DSCF1991.jpg

生きカエル


暑いのだー!!
暑い練馬の公園でよく姿が見えるのはハシブトガラスやヒヨドリくらい。
他の鳥は涼しいところにいるのでしょうね。

18Y4A3823.jpg

あち~
アオサギ
(撮影・岡井孝さん)


18Y4A3794.jpg

あち~
ノスリ
(撮影・岡井孝さん)


かじり虫
小さなスダチの木に小さなアゲハの幼虫がいました。カメラを向けると身体をよじって威嚇でしょうか?近くのサンショウの木の葉は何者かにかじられ、ほとんど残っていません。

1DSCF1999.jpg

アゲハの幼虫


1DSCF2001.jpg

すっからかんのサンショウ


今日確認された鳥:カイツブリ、カルガモ、カワセミ等9種(つちや)

このページのトップへ

響くはセミの声ばかり

2018年8月4日(土)晴れ
毎日、暑さをどうやり過ごすかばかり考えてしまいますね。
今日も酷暑の光が丘公園バードサンクチュアリです。セミの声が暑さを倍増させます・・・。
公園内をお散歩して観察舎に避難してきた方は、「日影で涼しい〜」と言ってくださいますが、お昼の気温は30℃。
十分暑いので、熱中症対策万全でお越しください。

トンボがたくさん
暑い中でも池の上を飛び回っているのは、さまざまなトンボたち。
今日は9種のトンボを確認しました。
ギンヤンマ、ウチワヤンマ、ショウジョウトンボ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、コフキトンボ、コシアキトンボ、チョウトンボ、ウスバキトンボ。
そろそろナツアカネやアキアカネなどの赤トンボも見られるはず。
ウチワヤンマ
ウチワヤンマ
(撮影:岡井孝さん)

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ
(撮影:齋藤豊広さん)

トンボたちは葉っぱにとまり尾を上げ、暑さを回避する姿勢をとっていました。

今日のカワセミ
今日も幼鳥のカワセミ♀がサンクチュアリ池に滞在。
何度もダイブして魚やエビを捕っていました。すっかり自立して、頼もしいゾ!
カワセミ♀幼鳥
エサ捕りまかせて!
(撮影:岡井孝さん)


かいぼり展開催中!
7月末から、観察舎壁面の企画展示「かいぼりビフォーアフター」が始まっています。
これまでの当地でのかいぼりを振り返り、かいぼりの成果をかみしめます。現在とこれからのサンクチュアリ池の展望もじっくりご覧ください。
かいぼり展
かいぼりクイズにも挑戦!


今日確認された鳥:アオサギ、カイツブリ2羽、コゲラなど 11種(ますなが)

このページのトップへ

台風一過の夜開園

2018年7月29日(日)晴れ
昨日の閉園間近から風雨吹き荒れた光が丘公園バードサンクチュアリ。
梅雨明け後、酷暑と相まって渇水だった池は水位が5cm回復し、生きものたちには恵みの雨でした。
そして台風一過の今日は、また暑くなりました。夜開園のため午後から開園だったので、余計に暑さがこたえます。

今日のカワセミ
4月中旬以来しばらく姿を見せてくれなかったカワセミですが、先週から巣立った幼鳥たちが代わる代わるやってくるようになりました。
今日もカワセミの幼鳥♀がやって来ました。池を飛び回って愛嬌を振りまき、お客様を楽しませてくれました。
カワセミ♀幼鳥
魚捕りも上手
(撮影:齋藤豊広さん)

池にダイブして、上手に魚を捕っていました。すっかり一人前ですね。

夜開園のお楽しみ その1
夜開園では、いつもは入れない樹液の出るクヌギの近くまで行ける“特別企画「樹液に来る虫」”が大人気。
今年は、ガイドロープに沿って自由に見学する方式で実施しています。
17〜20時の間でご覧になれますので、ぜひお楽しみください。
クロカナブン
カブトムシとクロカナブン(中央)
(撮影:古屋真さん)

カブトムシバトル
カブトムシ バトル勃発!
(撮影:古屋真さん)

「こんなにカブトムシを見たの初めて!」と、子どもはもちろん大人の皆さんも感動していました。

夜開園のお楽しみ その2
特別解説「街のコウモリ」も大盛況でした。
コウモリ観察
大集団でコウモリ観察

日が暮れると、それまで空を飛んでいたツバメと交代するようにコウモリが現れます。
都会で見られるのは、アブラコウモリ。エサをどうやって捕まえるのか学んだら、特別な機械“バットディテクター”を使ってコウモリの声を聞いてみました。

夜開園のお楽しみ その3
暗くなると、明かりによって来る虫を観察できる「ライトトラップ」が地味に人気です。
カブトムシやセミたちが集まり、それを狙ってかヒキガエルもやって来ました。
ライトトラップ
熱心に観察中

数えたらなんと、20種類ほどの昆虫が観察できました。

次回の夜開園は、8月11日(土)です。この日は13〜21時の開園となります。
コウモリ解説は、18時45分からです。お待ちしています☆

今日確認された鳥:カイツブリ2羽、アオサギ1羽、ツバメなど 10種 (ますなが)


このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード