光が丘公園バードサンクチュアリ

猛禽集まれ!

2011年1月23日(日)晴れのち曇り
今日もバリバリの氷が張ったサンクチュアリ池。ツグミ達のブームも去ったのか、とても静かです。観察舎横の小さな池も分厚い氷に覆われしまっています。小鳥たちが水を飲みに来る姿が見られるように、その氷を少し割って水面を出し、小鳥の出現を待ちました。
20110123ike.jpg
バリバリに張った氷。


猛禽、3種
そんな中、一番最初に観察舎にいた人たちに注目されたのは、ツミでした。皆が一斉に写真写真、と慌てている間に、飛び去ってしまいました。そんなもんですよね。
が、残念がっていたのもつかの間。また猛禽がやってきました。先程のツミより大きいです。オオタカかなぁ、なんて見ていたら、ハイタカの幼鳥でした。

20110123haitaka.jpg
ハイタカ。


ハイタカの登場から5分ほど後には、オオタカの幼鳥もやってきました。すると、ハシブトガラスが1羽、オオタカのそばに止まりました。ハイタカに反応しなかったのに、体の大きなオオタカは気になるようです。
20110123otaka2.jpg
こちらはオオタカの幼鳥。やはり大きいです。


20110123otaka.jpg
気になるカラス。


気分を変えて
いつもは、木の上でも水面に近い枝にとまるアオサギですが、今日は木の一番上に止まっていました。体が大きい分、木の上部の細い枝や幹では不安定そうです。気分転換のつもりなのかも知れません。
20110123aosagi.jpg
苦しうない。

20110123aosagi1.jpg
ながめええなぁ。


大きすぎた獲物
カワセミが魚を捕まえました。7、8センチほどのブルーギルです。幅も広いのでカワセミにはちょっと大きすぎる獲物です。でもせっかく捕まえたのだから、一生懸命に木の枝に打ち付けて、食べようと必死です。飲み込もうとしては、何度もやり直し、を繰り返して、とうとう強引に飲み込みました。ちょっと苦しそうだったのは気のせいでしょうか?
20110123kawasemi.jpg
えい!えい!叩きつけています。


20110123kawasemi2.jpg
く、苦しい…


昨日までいたミコアイサは姿が見えません。ちょっと残念ですが、来週も多くの鳥たちがやってくることを期待します。

今日確認された鳥:上記の他、キジバト、ジョウビタキ、ウグイス、シメなど計20種。
(はやし)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1049-4505ec06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード