光が丘公園バードサンクチュアリ

光が丘昆虫塾 第1回

2011年4月30日(土)晴れ

第1回スタート
第1回目の今日は、『春のチョウを探そう!』と銘打ってスタートしました。
参加者は親子や大人の方など11組24名と定員をやや超え盛況でした。
最初にチョウを捕まえた時に入れる三角紙を紹介。虫カゴよりもチョウを弱らせずに運べるのでとっても便利です。

参加者
大勢参加していただきました

いよいよ外へ。咲いているライラックのそばで、縄張り飛行をしていたクマバチを見つけ、網で捕まえました。手で取り出すとみんなびっくり。刺されないのはオスだから。産卵管を原型とした毒針はメスにしか無い。オスの額には白斑があるので、ここを最終チェックして掴んでみせたのでした。皆にも触ってもらいました。ふかふかの毛や唸るような羽の振動を感じて歓声をあげていました。

クマバチ
クマバチの♂


特別に入ることを許した原っぱで、成虫で越冬するツチイナゴを何匹も見つけました。春でもこんなに大きなバッタが見られるのです。アゲハも見つけられましたが、どうもチョウの数は少なめでした。
公園の広場では、ハンミョウの巣穴を見つけました。幼虫のいる巣穴に草を入れて幼虫に噛み付かせて釣り出すハンミョウ釣りを試みましたが、ちょっとうまく行きませんでした。
最後に温暖化で北上しているツマグロヒョウモンの紹介などをしたあと、捕まえた虫たちを原っぱに帰しました。

捕まえ方
上手な捕まえ方も教えました


(いとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1088-9036699c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード