光が丘公園バードサンクチュアリ

夜開園でした

2011年7月30日(土)曇り

今日は年に二回の夜開園だったので、13:00開園となりました。
天気予報ではなんと12時からずっと雨……だったのですが、結局夜の8時頃まで雨は降らなかった上に、通り雨のようにすぐに止んでしまいました。
雷が鳴り響いていて内心ハラハラしたのですが、むしろこの曇りと湿度の高さが好条件となって、ライトトラップには予想を超える虫が集まりました。雨の予報のせいか(実際は降らなかったなんて!!)あまり客足が伸びなかったのが残念です。


親子でしょうか?

お昼からの開園なので普段とは違った鳥が見られるかな、と思ったのですが、日中はアオサギ・オナガ…といったいつものメンバーが順々に訪れる程度でした。
その中でも珍しかったのは、カルガモです。しかも三羽!
もしかするとお隣の観賞池で育ったカルガモ親子でしょうか?早泳ぎでサンクの池を横切っていきました。

日中はいつもの開園とあまり変わらなかったのですが、普段の閉園時間である五時を過ぎるとツバメの大群がサンクの池の上を飛び交いはじめました。
普段もツバメは何羽か飛び回っていますが、それを遙かに超える数でした。30羽くらいいたでしょうか?
そして日が暮れてくるとツバメの群れがいつの間にかコウモリに入れ替わりました。普段は見られない交代劇でした。

110730-2.jpg
三羽で仲良くスイスイ~



いつもと違う虫たち

段々暗くなってきたころ、お客さんがカラスアゲハを発見してくださいました。サンク入り口横のスイカズラ付近にしがみついていました。
でも、様子が変です。近付いても、至近距離で写真をバシバシ撮っても逃げないのです。
どうやら本日はこの場所でおやすみする模様。もうおねむの時間だったようです。まさに夜開園でしか見られない虫の意外な姿でした。

110730-1.jpg
今日はここで寝るんだい



ライトトラップがすごい!

ライトトラップとは、白い布に蛍光灯とブラックライトを当てて光が好きな虫をおびき寄せるしかけのことです。
夜開園では日没からそれを設置していたのですが、予想以上に虫たちに大繁盛でした。
その様子がこちら。
110730-3.jpg

なんと、カブトムシが!……実はお客さんが捕まえたものをくっつけてくれたので、自発的にやってきたのではありません。
自発的に来たのは様々なコガネムシの仲間や綺麗なガです。特にコガネムシはよく似ているのに実は違う種類だったりして、まるで図鑑のような充実っぷりでした。
中でも私が勝手に一押ししたいのは、このコフキコガネです。
つぶらな瞳といい、ポンポンのような触角といい、なんともひょうきんな憎めない顔のコガネムシです。
110730-5.jpg
粉を吹いたような質感なので、コフキコガネ。



今日確認された鳥:ヒヨドリ(若鳥)、カワセミ、カルガモなど、9種。(おがわら)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1136-b395f3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード