光が丘公園バードサンクチュアリ

秋、近し

2011年9月11日(日)晴れ

今日はサンクの温度計では気温は高くてもせいぜい30度程度だったのですが、何故か汗がなかなか引かない一日でした。
本当は涼しいのに、悪い意味で身体が暑さに慣れているせいでしょうか?しかし秋は確実に近付いているようです。


秋の使者

今日は午前中、秋の代名詞とも言えるモズが!到来しました。今シーズン初記録です。
お客さんの声に慌てて見に行ってみると、晩冬以来の懐かしい姿がありました。
しかし、過眼線は真っ黒なのに、お腹にはウロコ模様があって……んん?オスメスどっち?
おそらくオスの若鳥では、という結論になりました。今年もまた高鳴きを聞かせてくれますように!


110911-5.jpg
セミを足で押さえる姿は、小さな猛禽そのものです。
(撮影・岡井孝さん)


110911-4.jpg
「とりあえず腹ごしらえをしなければ……」
(撮影・岡井孝さん)



アオサギはのんびり……

サンク常連の鳥たちは、今日もいつものように姿を見せてくれました。
今日もカルガモが14羽もやってきました。最近大盛況です。
その中にはやはり先週と同じくマガモのメスが一羽紛れていました。まるで間違い探しのようです。
そしてアオサギは浅瀬でアメリカザリガニをパクパクと食べていました。外来種を退治してくれるのはありがたいのですが、丸呑みして大丈夫なのでしょうか??

110911-3.jpg
羽づくろいアオサギ。凄いポーズです。



色々な虫たち

いつも鳥に混じって水面を飛び回っているトンボたちですが、秋も近付いてきたのでそのメンバーは段々入れ替わっているようです。
今日はちょっと面白いウチワヤンマというトンボが来ました。名前の通り、おしりのあたりにうちわのような飾り?突起?が付いています。
ほぼ一日中、同じ棒の上に止まっていました。

110911-6.jpg
節電のためミニうちわ持参。



さて、先週からサンクを騒がせているジャコウアゲハの幼虫ですが、今日はサナギを発見しました。
どうやらサナギになる場所を探してウロウロしていた模様。今日だけでのべ10匹近い幼虫が入り口の通路を横断していました。
しかしあまりに無防備にウロウロしているので、注意の看板を置きました。おかげで?今のところ交通事故はゼロ件です。
このサナギですが、別名「お菊虫」と呼ばれているそうです。
いわゆる怪談の「番町皿屋敷」に出てくるお菊さん(お皿を数えるアレです)が、後ろ手に縛られている様子に見えることから付いた名前だそうです……そう言われるとちょっと怖いですが、来年の春には綺麗な蝶が羽化することでしょう。

110911-1.jpg
じつは琥珀のような綺麗な色です。



今日確認された鳥:モズ、カワセミ、マガモなど、8種。(おがわら)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1154-19331bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード