光が丘公園バードサンクチュアリ

クリスマスプレゼント?

2011年12月24日(日)晴れ

今日はクリスマスイブですが、サンクチュアリは特に飾り付けをすることもなく、いつもと変わらぬ開園日でした。
しかしクリスマスのプレゼントでしょうか?ちょっと珍しいというか久しぶりな生き物も出現しました。


氷は破れなかった…

今日は久々にカワセミがオス・メス二羽登場しました。
カワセミといえば水中にダイブしての狩りが本業ですが、今日はあまりの寒さでサンクの池は半分以上凍っていました。
野生動物はそういうところよくわかっているだろう…と思いきや、オスのカワセミが凍っている水面にダイブ!
…氷を突き破れると思ったのかもしれませんが、無理でした。目撃したお客さんの話によると、氷に激突したあと頭を打ったためかしばらくボーッとしていたり、勢い余って氷の上を滑ったりしていたそうです。

111224-3.jpg
こっちはちゃんと水に飛び込んでいたメス。
けっこう首が伸びるんです。


クリスマスらしい鳥

今日は常連のアオサギだけでなく、なんとゴイサギの幼鳥・通称ホシゴイがいつの間にか登場していました。夏頃はよく見かけていたのですが、ここのところご無沙汰でした。
夜行性のためか、エサを探す素振りを見せることもなくしばらくすると茂みの中に歩いて入っていきました。

111224-4.jpg
星の模様がクリスマス…っぽい?


食欲の冬

今日は色々な鳥の食生活も垣間見れました。
一羽目はモズです。オナガやヒヨドリの大群がサンクを席巻する合間を縫って、ちょこちょこ飛び回っているな…と思いきや、颯爽とウシガエルの幼体を捕まえて飛んでいきました。
しかしこの寒いのに、モズが捕れるところにウシガエルがいたことが驚きです。

111224-1.jpg
さらわれていくカエルのポーズが……
(撮影・川崎さん)


二羽目はハヤブサです。
いつもは清掃工場の煙突にとまって見張り(?)をしたりハトをむしったりしているハヤブサですが、今日は観察舎の真上を颯爽と通過していきました。
肉眼でもわかるほど、胸がぽんぽんに膨らんでいました。どこかでお食事をしたあとだったようです。

111224-2.jpg
胸がぽんぽんに膨らんでます
(撮影・斎藤豊広さん)



また今日は久々にタヌキも目撃されました。オオタカ・ハイタカ・ハヤブサのタカ三種に加えてタヌキも出現してしまい、これはもうクリスマスのプレゼントとしか思えない一日でした。


今日確認された鳥:オオタカ、ハイタカ、ハヤブサ、ゴイサギ等18種。(おがわら)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1204-48487864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード