光が丘公園バードサンクチュアリ

それでも、木の芽は膨らんでいます

2012年2月5日(日)晴れ

さむい、寒いと言いながらも、木の芽が少しずつ膨らんできて、遠くから見ると木々の先がほのかに色づいて見えます。透き通った夕方の空も少し明るい。寒いながらも、少しずつ春の気配がします。

バードサンクチュアリでは去年観察された冬鳥があまりみられない?と言う声を依然として聞きます。どうしてなのでしょう。

そんな中、カイツブリは、自分の顔の3倍程あろうかというブルーギルを捕まえて、なかなか飲み込めない、と言うショーを見せてくれました。でも、頭がゆっくりゆっくりと飲み込まれていって、飲み込んだかなと思った後、ごくっと水を飲み、飲み下したとのこと。この写真はブルーギルを捕まえる前です。大きなブルーギルを生きたまま飲み込んだら、お腹が揺れるのでは?と、心配になってしまいました。


カイツブリ


珍しくも何ともない、ニュースか?という声も聞かれそうですが、キジバト。よく見るときれいです。
今年は氷の上を歩く姿も見られました。遠くから飛んできて、氷の上に着陸します。氷なのか水面なのか、どうやって見分けているのでしょう、不思議ですね。

キジバト


そして、高い木の梢にカワラヒワ。きれいですね。池の北側からはモズの声。姿が見えると良いのだけれど。

_カワラヒワ



夕方近く、とてもそら高いところを猛禽が気持ち良さそうに飛んでいます。煙突にはハヤブサ。
日も長くなってきました。また、2月から閉園時間が5時に変わります。

協観察された鳥:カイツブリ、オオタカ、ハヤブサ(煙突)、コゲラ、など16種
(宮下)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1225-ad1b4561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード