光が丘公園バードサンクチュアリ

氷溶ける

2012年2月11日(土)晴れ

今日は大変久しぶりに池がそれほど凍っていませんでした。詰め所横の菖蒲池にもうっすらと氷が張っている程度で、午後になると氷はすっかり溶けてしまいました。
まだまだ風は冷たいのですが、暦の上ではもう春なんだなぁとしみじみする一日でした。


チラ見せオオタカ

先週からオオタカの出が鈍くなってきています。出てもすぐにいなくなったり、朝一番&閉園間際に出てきたり…
今日も心配していたのですが、朝からやってきてくれました。現在サンクチュアリでタカの写真展をやってていることもあり、オオタカの写真を沢山見ていて識別に自信が出てきたのですが…おやっ、今日の子は?

120211-4.jpg
チラッ


頭を見るとやたら黒っぽいのと、顔が小さく見えるところから一瞬ハイタカかと思いましたが、胸がとても白っぽいのでどうやらオオタカのオス成鳥のようです。
閉園近くになってからは幼鳥もやってきましたが、どちらもあまり長居はしませんでした。



新顔?アオサギ

サンクチュアリにはよくアオサギの成鳥、しかもアオサギの特徴であるながーい黒い冠羽がなぜか無い個体が来ています。
ところが今日来たアオサギは……なんか、ぼんやり。全体的に灰色で、頭の黒い部分も淡いです。
どうやらまだ成鳥の羽になりきっていない、若鳥のようです。若鳥は成鳥よりも色がぼんやりしているので、何となく年を取って白髪交じりになったように見えてしまうのですが…。
ちなみに今日は成鳥と幼鳥でまったく色の違うゴイサギ(幼鳥)も出現しました。大人の羽になる途中のゴイサギも見てみたいものですね。

120211-1.jpg
白髪じゃありません!



氷がないと…

池が凍っている間はそもそもサンクにやってこないカワセミですが、今日はほとんど凍っていなかったので朝からダイビングを見せてくれました。
凍っていなければこっちのもの、あっという間に魚を捕まえ……といいたいところですが、じっくり見ていると成功率は四回に一回くらい。
しかもこのカワセミ、最近はなぜか木のとても高い枝から魚を探していることが多く、よく失敗しています。
それでも何度か挑戦して、大物のモツゴを捕まえていました。

120211-3.jpg
魚をくわえてから回転させ、頭から飲み込みます。
撮影・古屋真さん



カワウ受難

「真っ黒いけれどカラスじゃない大きい鳥なーんだ」
答えはカワウです(※サンクチュアリに来る鳥に限る)。時々一羽だけカワウがサンクにやってくるのですが、今日も奥の水路で行ったり来たりしていました。
そんな慎ましく(?)暮らしているカワウに受難が降りかかりました。なぜかカラスにちょっかいを出され、二羽がかりで追いかけ回されていました。カワウは身体が重たいからすぐには高く飛べないのに…
同じ黒い鳥だからライバル心が沸いたのか、それとも魚を横取り出来るとでも思ったのか・・・その後何事もなかったかのようにカワウはサンクに戻ってきましたが、ちょっと可哀想でした。

120211-2.jpg
やーめーてー!!



今日確認された鳥:オオタカ、カワセミ、ツグミ、シメ、カワラヒワなど19種。(おがわら)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1226-31f4a200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード