光が丘公園バードサンクチュアリ

三寒四温

2012年2月25日(土)雨のち曇り

昨日の暖かさはどこへやら、今日のサンクチュアリは雨と風のせいで真冬の寒さでした。いつも水に足を突っ込んでいるサギ類のみなさんもとっても寒そうにしていました。
明日は暖かくなるそうですが、本格的に春が来るには未だ時間がかかりそうです。

タカ三昧

雨の日はサンク池にカモ類がいることが多いのですが、今朝も冷たい雨が降っていたこともありカルガモやマガモの雌が、サンク常連のコサギやアオサギと一緒に入っていました。
今日はサギとカモの一日か・・・と思ったところで、突然コサギが飛び立ちました!続いてカモたちも奥の水路に逃げ出しました。
そう、オオタカの登場です。立派な成鳥でした。
そのときは程なくしていなくなってしまいましたが、その後も数回木に止まってくれて、なんと幼鳥を追いかける空中戦も披露してくれました。
最近サンクに長居してくれないタカの仲間ですが、今日は久々にじっくり見ることが出来ました。

120225-3.jpg
飛びそうなポーズ…このときはすぐに飛んでしまいました



サギ類の攻防

オオタカがいない間はサギ類の時間です。今日はコサギとアオサギが行きつ戻りつエサを探していました。
しかし、先日からやってくるようになったこのちょっと若いアオサギ。若いせいか血気盛んで、時々コサギにちょっかいを出していました。
かなり距離があるのに自分からすぐ横に飛んでいってプレッシャーをかけたり、別の岩もあるのにわざわざコサギの乗っている岩を横取りしたり…
コサギの方はというと、徹底して無視していました。大人の対応?うーん、アオサギは試合に勝ったけど勝負には負けたような…

120225-4.jpg
コサギの後ろに立ってプレッシャーをかけてみたり…
撮影・齋藤豊広さん


120225-5.jpg
どうしてもその岩に乗りたい!
(コサギは睡眠中)



ひっくりカエル

雨があがると小学生たちがサンクにやってきました。アオサギを見て驚いていましたが、一人が「足下に変なのがいる!」と言いました。
変なの?と思ってみてみると……なんと、ウシガエルでした!しかも成体。
ウシガエルは北米原産の外来種です。サンクチュアリ池にも多数生息しており、毎年防除活動をしています。
ところがこのウシガエル、昨日の暖かさで冬眠からさめたはいいけれど今日の寒さで参ってしまったのか瀕死状態で、半分転覆して水面をぷかぷかと漂っていました。時々泳ぐのですが、その場をグルグルと回るばかり…
こんな大物、鳥たちが放っておかないだろう!と思いきや、コサギ、アオサギは早々に諦めてしまいました。
一番執心していたのはなんとカイツブリ。ウシガエルがどうしても気になるらしく、しばらく周りをウロウロしていました。

120225-2.jpg
胴体だけだと同じくらいの大きさ…!!
(左がお腹を出して浮いているウシガエル)



今日確認された鳥:オオタカ、ハヤブサ、ツグミ、モズなど19種(おがわら)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1231-fb76505d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード