光が丘公園バードサンクチュアリ

雨続きのサンクチュアリ

2012年3月10日(土)雨のち曇り
そろそろ暖かくなる頃…のはずが、また真冬日。しかも朝は雪まじりの雨ときたからテンションも下がります。とはいえ、サンクチュアリ入り口の池にはやっとアズマヒキガエルが産卵し(例年より遅い)、オタマジャクシをみる楽しみが増えました。

池の水位、一気に上がる
さて、ザーザー降りの雨だからでしょうか、いつもはよく聞こえるヒヨドリやシジュウカラの鳴き声はあまり聞こえてきません。ついこの間までは、乾燥と晴れの日続きで池の水位もかなり低くなっていましたが、今日はいつもカワセミが止まっている枝が沈んでしまいそうなほど、水位が上がっています。そのせいか2羽でやってきたカワウも、存分に潜っていました。

20120310keshiki.jpg
カワセミの枝(中央)が沈みそう


大きい魚がいいの
池では雨などお構いなしに、アオサギやカイツブリ、カワセミが魚と捕って食べていました。まあ、どうせ水に潜るのだから、雨に濡れることなど関係ないのでしょう。先週はカワウとアオサギが、口に入りきらないような大きなフナを捕まえていたのを見てあきれていたのですが、今週はカイツブリとカワセミも大物を捕まえていました。カイツブリは口の大きさに比べると、入りそうにないブルーギル。カワセミはこれまた大きなアメリカザリガニでした。どちらも飲み込みまでにかなり時間をかけていました。どうして、どう見ても大きすぎだろ!とツッコミたくなるような獲物ばかり捕るのでしょうかね。食道とか痛めないのでしょうか。
20120310kaituburi.jpg
大きなブルーギルを食べて、一息いれている?カイツブリ


大と小のツーショット
今日はウグイスが、中の島にあるヤナギのなかでちょろちょろとよく動いていました。同じヤナギに止まっていたカワセミのすぐ近くまできて、ツーショットのチャンスがありましたが、すばしっこいウグイスの動きについていけず、ツーショット写真は断念。その代わり、大きなアオサギと小さなカワセミのツーショットです。大きさは違うけれど、どちらも同じポーズ。魚を狙っているようではないみたいですね。
aosagikawasemi.jpg
「今日もよう食べましたなぁ」「ほんまやなぁ」


さてさて、また大きな魚を無理矢理飲み込む姿がみられるのでしょうか。あんまり無理すんな、と言いたいですけど…。

今日確認された鳥:カイツブリ、カワウ、コゲラ、ツグミ、エナガなど14種

(はやし)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1235-b48ea83e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード