光が丘公園バードサンクチュアリ

第8回 光が丘昆虫塾

2012年3月20日(春分の日)(火)晴れ

第8回『早春の昆虫たち』

第8回目の今日は、『早春の昆虫たち』です。
参加者は親子や大人の方など12名でした。

サンクチュアリの階段付近に見られるオオカマキリとハラビロカマキリの卵鞘(らんしょう たくさんの卵が入ったケース)を見たり触ったりしました。また、蛹になって冬を越しているジャコウアゲハを観察。高かったり低すぎたりと、ちょっと見にくい場所なので観察が大変でした。

普段は入れない原っぱに特別に入って観察しました。オオイヌノフグリやホトケノザが咲いていました。ナナホシテントウがたくさんいました。越冬しているバッタが一瞬ピョンと過りましたが、結局見つけられませんでした。石起こしをして下にいる生き物を探すと、ダンゴムシや小さなカタツムリを見つけていました。そのうちムカデを2匹見つけて大喜び。咬まれると痛いから触らないように注意しましたが、興味津々でした。

小さい虫にも感動
小さい虫にも感動

石の下にムカデを見つけた
石の下にムカデを見つけた

エノキの樹の叉にたまった落ち葉の中には、ゴマダラチョウの幼虫が1頭だけ見つかりました。落ち葉そっくりな地味色ですが、顔を見てもらうと、意外に可愛いのにびっくりしていました。休憩所『太陽』では、上の方の柱の溝に、テントウムシがたくさん集まって越冬しているのが見られました。なぜ集まるのかははっきり分かっていません。

芝生広場の『昆虫の家』は、自然に草を残してあるエリア。この近くでは秋から冬を越したチョウ…キタテハが2頭いました。オレンジ色の羽をパタパタさせながら、追いかける子供たちをすいすいかわしながら飛んでいました。

次年度も4月から始めたいと思っています。近日中にお知らせします。

(いとう)

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1241-d66acfed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード