光が丘公園バードサンクチュアリ

また今日も涼しい日

2012年7月22日(日)曇り

今日もまた涼しい一日でしたが、湿度が高いせいか気温ほどの寒さは感じませんでした。
これくらいの気温だと人間は過ごしやすいのですが、夏の虫にとってはもうちょっと暑い方がいいようです。

120722-3.jpg
ネムノキには色んなチョウが来ます。これはジャコウアゲハ(メス)。
(撮影・古屋真さん)


120722-6.jpg
昆虫塾に来ていたお子さんが捕まえた、カラスアゲハ。



帰ってきたカワセミ!

今日はなんと久々にカワセミがやってきました。しかも、若いオスが二羽!
サンクチュアリで繁殖失敗した子の子供かどうかはわかりませんが、この二羽、どうやら兄弟のようで、あまり相手を追い払う素振りを見せませんでした。
そしてまだサンクチュアリに慣れていないようで、大人のカワセミなら止まらない場所(フトイの茎、観察窓に近い木など)に止まったり、止まろうとして止まれなくてアワアワしていました。
しかしカワセミが帰ってきてくれると嬉しいものです。

120722-4.jpg
こんなところにもとまってしまった!
外来種防除用の罠です。



若鳥ざんまい

そしてサンクには相変わらず色々な鳥の若鳥がやってきています。
中でもヒヨドリの若鳥は、大人ののヒーヨヒーヨという声ではなく、「ピーピー、ピーピー」とまるで電子音?のような声で鳴くので一瞬何かと思ってしまいます。
若鳥たちはまだ親鳥のあとをついて回っていて、微笑ましいです。

120722-1.jpg
コゲラ……の、多分若鳥。びっくりしたのか、枝にくっついて固まっていました。
(撮影・古屋真さん)



120722-5.jpg
すごいつかまり方で虫を探すシジュウカラ。



夏の象徴が……

今日も樹液レストランにカナブンやカブトムシが来ていましたが、寒かったせいかカナブンの数が大分減っていました。
しかしカブトムシは、立派なオスが何匹か樹液の出るところに陣取っていました。
……ところが、ついにカラスがカブトムシの存在に気づいてしまいました。もしかすると今日はスズメバチの数が少なかったので、前々からチャンスを狙っていたのかもしれません。
四匹中三匹、しかも全部オスばっかり食べられてしまいました。オスは角があるからくわえやすいのかもしれません。

こういうことになるから、そもそもカブトムシは夜行性では…などと思ってしまうのですが……またカブトムシは続々と羽化してくるので、来週はまた樹液に群がる姿が見られることでしょう。

120722-2.jpg
ああーーー……
(撮影・古屋真さん)



今日確認された鳥:アオサギ、カイツブリ、カワセミ、エナガなど10種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1302-1a3774bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード