光が丘公園バードサンクチュアリ

第6回 光が丘昆虫塾

2012年7月22日(日)曇り

第6回『樹液に集まる虫!!-(2)』

「樹液に集まる虫」の2回目ですが、前日の天候は気温が低めだったので、ちょっと心配でした。参加者は46名も集まっていただきました。ありがとうございます。
今回も樹液のかわりに、バナナを発酵させて作った誘引液を塗っておいたので、先ずはそこを見てみました。原っぱの近くにあるクヌギとコナラの森を探して見てみると、誘引液を塗ったところより上の方にオスのカブトムシが見られました。
カブトムシ発見

カブトムシのオス
カブトムシ発見

網を伸ばしてうまく採ることができました。結構大きいです。

森の下に生えるササが、ガサガサと揺れていました。「あっ、カエルだ!!」男の子が大きなカエルを見つけました。
アズマヒキガエル
おとなしいアズマヒキガエル

アズマヒキガエルでした。大きなお腹ですが、そんなにあばれることもなく、おとなしいものです。大人も大きいねぇとびっくりしていました。ヒキガエルは湿った林の中を歩いているのを見かけることがよくあります。食べ物となる昆虫などが多いのでしょう。目の後から毒を出すので、素手で触ったら、手を洗いましょうね。

道中、原っぱで虫探しをしました。ショウリョウバッタがたくさんいましたが、どれもまだ幼虫でしたが、前回よりも大きくなってきていました。お母さんがトノサマバッタの幼虫も見つけていました。コシアキトンボ、ウスバキトンボ、シオカラトンボなども見られました。

大きなクヌギやコナラの樹のある森に到着しました。スズメバチがいたら注意して樹液のでている場所を探しました。樹液のでている樹はいくつかみつかりました。残念ながら、カブトムシなどはいませんでした。おそらく、他にたくさんの子供が採りに来てるからでしょう。実は、バードサンクチュアリには、そんな心配もなく見られるので、樹液に来ているカブトムシを見たい方は、バードサンクチュアリへどうぞ。
探す子供たち

探す子供たち2
探す子供たち

探す子供たち2
ほら、樹液の匂いでカナブンが
集まってくるのね…

樹液に集まっていたカナブン2
樹液に集まっていたカナブン

今日は、J:COM の取材カメラも来ていました。協力していただきました皆様、ありがとうございました。
樹液に集まっていたカナブン2
ちょっと緊張… J:COM の取材

次回第7回は8月5日(日)『鳴くセミの秘密!』です。
お楽しみに…。

(いとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1306-86bed70c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード