光が丘公園バードサンクチュアリ

蝉時雨の午後

2012年8月26日(日)晴れ
P1130500.jpg

水草を刈った跡。カルガモがよく来ます。

過酷な残暑が続いています。この夏は夕立や台風が来ないのでバードサンクチュアリの台地は少々干からび気味。草や木の葉に生気がありませんね。思い返せば、7月にはセミの出現が遅いことが話題になっていましたが、今はもう賑やかすぎるほど。おかげで今日はヒヨドリの声も聞き取れませんでした。

うぉっ、サシバだ!
野鳥の出現を待っていた昼下がり、オナガの幼鳥群がひときわ騒々しく鳴きました。さては猛禽類の出現か!と辺りを見回していると、カラス大のタカが飛翔。オオタカに似ているけれど、翼の形や飛び方がなんだかへんですね。止まったところをよく見ると、なんと、まさかのサシバ幼鳥!
観察舎そばの枯れ木にも来た後、ハシブトガラスに追われながら北西の空へ消えていきました。
サシバは渡りの時期などに上空を通過していくのがときどき記録されていましたが、降りているのは非常に珍しいですね。バードサンクチュアリでは2007年の上空通過以来、2回目の記録です。一週間ほど前にお客様がサシバ幼鳥の飛翔を撮影していました。ずっと滞留していたのでしょうか。

ツミもいるよ
今日もバードサンクチュアリは猛禽類天国です。猛禽が居着いていると他の小鳥や水鳥が減ってしまうのは残念ですが、猛禽類を近くで見られるのは、それはそれでうれしいですね。
最近はツミがよく出現していて、今日も幼鳥が枝にとまりました。小鳥を捕らえたところを見たというお客様もいました。
P1130492.jpg

胸の縦縞、脇腹の横縞がある幼鳥


カブトムシはまだまだたくさんいます。そういえば、あんなにいたカナブンが姿を消し、シロテンハナムグリに変わっていました。涼しげな色彩のゴマダラチョウもよく来ています。

P1130499.jpg

ショウジョウトンボ


今日観察された鳥
カイツブリ、アオサギ、カルガモ、カワセミ幼鳥1、オナガ幼鳥など9種類。
(さとう)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1320-75c47803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード