光が丘公園バードサンクチュアリ

にわか雨のサンクチュアリ

2012年9月2日(日)曇時々雨

今日は予報より早く雨が降り始め、しかも降ったり止んだりと安定せず、じめじめなサンクチュアリとなりました。
人間は干し物や看板の出し入れでてんてこ舞いでした。よく聞いていると、雨が降るとセミも鳴きやみます(当たり前ですが)。そして雨が止むとわあっと鳴き出します。
セミの雨予報が一番信用できるかもしれません。

120902-4.jpg
ミンミンゼミの正面顔。



本日の鳥は…

今日はカワセミの幼鳥が1羽やって来ました。昨日のブログでお伝えしましたが、縄張り争いに勝ったカワセミでしょうか?
どうやらメスのようです。オスは男の子なのに女の子に負けてしまったのでしょうか…
また、今日はアイカゴと呼ばれる黒色の外来種の罠の上にカルガモのマネをしたのか、カルガモと同じように乗っていました。

120902-6.jpg
幼鳥のカワセミがカルガモのマネをしているようです。



ツミ、威風堂々

さて、今日は先日からちょこちょこ姿を現しているツミの幼鳥が、とても見やすいところに現れてくれました。
雨が降っていてもあまり気にしないようで、オナガの群れに大胆にも何度もアタックしたり、アタックされたりしていました。

120902-5.jpg
ツミがとまっていた枝に…→オナガがアタック!
ツミは追い出されました!


しかし見ているとどうもツミもオナガも本気の戦いではない様子。
ツミが時々オナガの群れに突っ込みますが、オナガもあまり騒がず、何だかお互い和気藹々と遊んでいる感じ??
オナガはツミの巣の周りに営巣するそうですが、もしかすると幼馴染みのツミとオナガ達だったのかもしれません。

120902-2.jpg
遊びついでに観察窓のすぐ側の木に来てくれました!
このキリッとした姿!!


ツミとオナガの追いかけっこですが、ツミが林内に入ってセミ?を捕まえて飛び去ったところで一旦お開きとなりました。
幼鳥のツミはまだ小鳥類を捕まえられないのですね。セミなら沢山いるので、この時期のいい食料源になることでしょう。


120902-3.jpg
濡れたから羽を乾かしたい……のに、オナガにちょっかい出されてダメでした。



減りゆくカブトムシ

真夏の間、鳥の少ないサンクチュアリを盛り上げてくれたカブトムシたちですが、日に日に数が減りつつあります。今日はかなり数が減っており、三匹しか確認できませんでした。
気づけばカナブンは一匹も見当たりません。段々夏が終わっていくようで、ちょっと寂しくもあります。

そして以前からこの樹液にはスズメバチもやってきていたのですが、今日常連さんにより「モンスズメバチ」というちょっと珍しいスズメバチであることがわかりました。
普通のスズメバチより身体の色が黒っぽいのがポイントです。

120902-1.jpg
ゴマダラチョウと、サトキマダラヒカゲも来ています。


今日確認された鳥:カイツブリ、ツミ、シジュウカラなど9種(おがわら、はまの)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1323-1765966f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード