光が丘公園バードサンクチュアリ

カブトムシがいない晩夏

2012年9月9日(日)晴れ時々曇り

世間では残暑厳しいと言われていますが、サンクチュアリは北向きのためか最近はそれほど暑さを感じません(水やタオルは必携ですが)。
そして昨日から、ついにクヌギの樹液レストランからカブトムシたち甲虫類が姿を消しました。いるのはスズメバチやチョウ類だけ・・・
残暑残暑と言われていますが、着実に夏は終わって行っているようです。


タカでいっぱいの日

カブトムシたち夏の象徴が消えていくと、今度は秋の気配が迫ってきます。
今日は朝からオオタカの成鳥・幼鳥が相次いで現れました!
どちらも滞在時間はほんの僅かですが、またオオタカがサンクに姿を現すようになりつつある・・・といいですね。

R0025513.jpg
午後はちょっと長居しました。
でも数分です!



ツミもいます

そしてオオタカと比べるとずっと小さいツミも現れました。やはりサンクチュアリの林に居着いているのでしょうか?最近現れることが多いです。
先週オナガと遊んでいたツミとは違う個体なのか、目の前を通ったキジバトを本気で追い出そうと飛び立っていったそうです。その勇気たるや、小さくてもやっぱり猛禽ですね。

R0025519.jpg
まだオスメスは不明です。



カルガモ増えてます

最近なぜかサンクチュアリお隣の観賞池ではなく、サンク池に居着いていることが多いカルガモたちですが、今日は何と11羽いました。ついに10の大台に乗りました。
外来種防除用のアイカゴというワナを良い休憩場所だと思っているのか、上に乗って休んでいる子が多いです。

R0025510.jpg
ものすごい形で羽繕い!



秋の花

サンクチュアリ入口のクサギもいつの間にか花を落とし、エビヅルには実がなり始めています。
そんな中で、最近はクズの花がサンクチュアリのあちこちで咲いています。紫色の綺麗な花で、ブドウのようなニオイがします。
週末しか開園しないので、一週間ごとに季節の移り変わりが目に見えて感じられる晩夏のサンクチュアリです。

R0025501.jpg
いろいろな場所で咲いているので、お探しあれ!


今日確認された鳥:オオタカ、ツミ、シジュウカラなど9種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1327-65bfbe59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード