光が丘公園バードサンクチュアリ

鱗雲は悪天候の前触れ

2012年10月14日(日)曇りのち小雨

今日は朝から曇天の、肌寒い一日となりました。しかも午後からは天気予報では言っていなかったのに小雨が降ってくる始末……
昨日、秋らしい綺麗な鱗雲が出ていたのですが、鱗雲の後は高確率で天気が悪くなるそうです。そういえば昔から女心と秋の空などといいますね。

121014-3.jpg
寒かったので鳥はみんな膨らんでいました。
羽づくろいをしたら羽毛がモコモコになったオナガ。


冬鳥、入りました

今週末が冬鳥と夏鳥が同時に見られる可能性がある最後の週だったのですが、今日はザ・冬鳥、とでも呼びたくなるような冬鳥の代表の一羽、ジョウビタキがやってきました!!今シーズン初記録です。綺麗なオスの個体でした。
しかし毎年サンクチュアリを縄張りにするのはメスのジョウビタキ。いつも先にオスが来てしばらくいるのですが、最終的に追い出され(?)て、メスが陣取ります。
さて今年はどうなるでしょうか?

121014-2.jpg
側頭部にちょっと白いところがある子です。
(撮影・齋藤豊広さん)


そして今日はサンクチュアリでは珍しい、アカゲラが出現しました。
あまりにもサンクチュアリとは縁遠い鳥なので、最初はアカハラだと思って一生懸命地面付近を探してしまいました……残念ながら写真は撮れませんでしたが、枝の隙間から赤パンツの姿がバッチリ見えました。


キセキレイが増えた!

先週や、土曜日にも現れていたキセキレイですが、今日は朝一番に鳴き声がしていました。見てみると、なんと三羽に増えていました!
少し茶色っぽい個体と、しっかり灰色をした個体×2が来ました。このまま一羽でもいいから居着いてくれるといいのですが。

121014-4.jpg
この写真には二羽しか写ってませんが、三羽同時にワナに乗ったりもしていました。



食後のオオタカ

さて今日は悪天候にもかかわらず、午後にオオタカがやってきました。既に何処かで食事をしてきたようで、喉(そのう)がぽんぽんに膨らんでいました。
そういえば最近、いつもオオタカをモビングしていたハシブトガラスの数が減っています。夏ほどは大騒ぎをしていません。
逆に騒いでいるのはヒヨドリたち。カラ類の微細な声をかき消すほどの大声で鳴くようになり、なんとオオタカにもモビングを仕掛けにいっていました。
ヒヨドリが騒ぎ始めると、秋ですね。


121014-1.jpg
鳩胸?いえ、むしろ鳩を食べた後の胸…?



夏の名残

秋ですね、などと書いた後で恐縮ですが、なんと今日、観察舎内のケヤキにしがみついているミンミンゼミを発見しました。
子供等に棒で突かれると動いたのでまだ生きていました。羽化が遅かった個体でしょうか?
ついこの間までは沢山いたのに、この肌寒い中で見ると、なんだか可哀想になってしまいます。

121014-5.jpg
まだ綺麗な姿をしてます。


今日確認された鳥:マガモ、オオタカ、キセキレイ、アカゲラ、ジョウビタキなど16種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1344-25f249cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード