光が丘公園バードサンクチュアリ

寒い寒い10月最後の日

2012年10月28日(日)雨時々曇り

今日はきっとみなさん信じていた天気予報が見事に外れ、朝の10時ごろから雨が降り出しました。しかも本降りになるといわれていた午後よりも強い雨!
そして雨に呼応するように気温がどんどん下がり、息が白くなるほどの寒さでした。
冬のサンクチュアリは冬鳥のまさに「聖域」ですが、人間にとってはとっても寒いです。

121028-1.jpg
アイカゴ(外来種防除用の罠)に乗って休むカルガモ+aたち。
一番手前はマガモ♀です。


どんどん増える冬鳥

今日は、昨日から声だけがしていたアオジが現れました。
といってもサンクチュアリの中ではなく、サンクチュアリ向いのすすき原っぱにいたそうです。
サンクチュアリまではあと一歩、もう少ししたらサンクでも姿が見られるようになることでしょう。
ちなみにアオジってなんの仲間?と思って調べてみたところ、なんとホオジロ科だそうです。言われてみれば見た目が似ている・・・かも?

121028-4.jpg
くちばしの下がピンクなのが可愛いです。
(撮影・齋藤豊広さん)


また、先週は何度もやってきていたジョウビタキですが、今日はサンクチュアリの斜め前の光が丘公園サービスセンターで声がしていました。
だいたい毎年いつもサンクとサービスセンターとにそれぞれ別のジョウビタキが縄張りを持つのですが、今年はサンク側にいた個体が早々にサービスセンターに移動してしまったのでしょうか?第二陣が来るまでサンクではお預けです。


黒いセキレイ

ここのところいつもキセキレイが来ているサンクチュアリですが、今日はとっても濁った声のセキレイ・・・セグロセキレイが朝からやってきました。
セグロ、と言われてもハクセキレイも背中が黒く、セグロセキレイも背中が灰色っぽい個体もいるので、どちらかというと「ホオグロセキレイ」といったところでしょうか。
キセキレイ同様、泥の浅瀬で餌探しをしていました。好む環境は一緒ですね。

121028-3.jpg
背中の黒さで見分けると騙されるの。ほっぺが黒いの。
(撮影・齋藤豊広さん)



アオサギ決戦、その後

さて、昨日の記事でアオサギ同士の戦いの様子がアップされていましたが、今日もまたアオサギが激しい空中戦を繰り広げていました。しかも30分に1回ほどというハイペース!
冬場なのでいい餌場を確保したいのでしょうが、成鳥に幼鳥が追い回されたり、成鳥同士で追いかけあいをしたりとかなりの荒れ模様でした。

最終的に勝ち残ったのは、三羽の中でも一番模様がくっきりと綺麗な成鳥のアオサギでした。
しかし夕方になって冷え込んで雨が強くなる中獲物を探す様子は、何となく「試合に勝って勝負に負けた」という言葉を思い起こさせる、切ない姿でした・・・

121028-2.jpg
だから追いかけるのはやーめーてー!



今日確認された鳥:カワセミ、セグロセキレイ、ウグイス、シメなど16種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1350-c045d528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード