光が丘公園バードサンクチュアリ

気持ちのいい秋晴れです

2012年11月4日(日)晴れ

今日も清々しい秋晴れの一日となりました。サンクチュアリのケヤキの木も、上からどんどん赤くなってきて、とても綺麗なグラデーションが楽しめます。
今年は残暑が厳しかったので、せめて秋を楽しみたいものですね。


鳥トリオ

さて、今日は朝から「見たいときに絶対見られないサンクチュアリ最大の珍鳥」との呼び声高い(?)、スズメが入っていました。しかも三羽!
ついつい珍しい鳥を探してしまいたくなるものですが、時々ぽんとやってくるスズメはやっぱり癒される鳥です。
しかもチョコレート色が、秋の風景とてもよくマッチしてますね。
121104-1.jpg
三羽でチュチュチュン!
(撮影・古屋真さん)


そして二組目の鳥トリオ、シメもやってきました。今日は水飲みに浅瀬に降りるというサービスつき!
10月中はまだ移動中で数がまちまちでしたが、シメも大分安定してみられるようになってきました。
今日はジョウビタキのメスもたまに顔を出していました。秋が深まるサンクチュアリです。
121104-4.jpg
みんな思い思いの方向を向く…
(撮影・古屋真さん)



ぞくぞくと冬鳥が

今朝の冷え込みは「そろそろアカハラかな~」とかつい思い始める寒さでしたが、勘が当たって(?)今日はアカ……ではなくシロハラがやってきました。今シーズン初記録です。
去年も、サンクチュアリ左岸の浅瀬と笹やぶを出たり入ったりしていましたが、今年もやっぱり同じ場所でウロウロしていました。
去年と同じ個体ではないとは思いますが、好む環境は同じですね。

121104-5.jpg
今年も来ましたよ~


シロハラと同じく、暗い林床を好むアオジもやはり左岸の浅瀬と笹やぶの間をウロウロしていました。やっぱりアオジも毎年ここが定位置です。
と思いきや、今日は右手の小鳥の水浴び池で水浴びもしていました。


121104-3.jpg
じゃぼーん!なんか楽しそう。
(撮影・岡井孝さん)




食欲の秋?

さて、今日は穏やかな気候のわりには小鳥の出が悪かったです。
午前中からアオサギが四羽でバトル、そして大量のオナガが食事と水浴びをしていてとても騒々しかったから…かもしれません。
特にオナガは、色づいたノイバラの実に大挙して押し寄せていました。まだまだ春までは長いのに、今から食べちゃって大丈夫?と思うほどの食べっぷりでした。
もちろん完食することはなく残っているのですが、何だか鳥たちの食に対する本気を垣間見ました。
未だに「ごましお頭」の若鳥が混じっていましたが、来年まで無事冬を越せるでしょうか?


121104-2.jpg
凄いポーズですが、食べたいんです!!
(撮影・古屋真さん)



121104-6.jpg
明るさを落としたところ、何だか神々しくなったアオサギソーラーパネル(日光浴をするアオサギ)。



今日確認された鳥:オオタカ(木に数分止まってすぐに飛び去る、その後ドバトの群れを追い回す)、セグロセキレイ、ホオジロ、シメなど、18種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1353-a184ac21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード