光が丘公園バードサンクチュアリ

寒いけれど鳥はいっぱい!

2012年11月25日(日)晴れ

三連休最終日はとても清々しい秋晴れでした。
しかし日陰にいると寒い寒い!!観察窓が北向きなので、鳥を見るということは寒さとの戦いでもあるサンクチュアリです。

オオバン、コバン?

今日は朝からアオサギが8羽も入っていました(一羽は開園準備中に西側へ飛んでいきました)。
ほとんどの個体が池に入ることもなく、木にとまってじっとしていました。閉園後、暗くなると三々五々飛んで行ってしまうのですが、エサはいつ食べているのでしょうか?

そしてもう一羽、朝から真っ黒い鳥がサンク池を泳ぎ回っていました。オオバンです。
もう少し小柄のコバン……ではなく、バンは時々入るのですが、オオバンはサンクチュアリではちょっと珍しいです。
丸々とした姿は真っ黒いニワトリみたいです。
121125-4.jpg
そんなところの何を食べてるの?
(撮影・岡井孝さん)


先週からずっとオカヨシガモのメスが目撃されているのですが、今日も一羽だけ現れました。
しかもなぜかオオバンと仲良く(?)泳ぎ回って餌を探していました。今日は他にカモたちがいなかったので、臨時で同盟を結んだのでしょうか?
121125-5.jpg
夢(?)のトリプルショット。
(撮影・岡井孝さん)



猛禽祭り

さてさて、寒さが段々厳しくなってきたサンクチュアリですが、寒くなると猛禽類が面白いように出てくれます。
今日は今シーズン初のハイタカがやってきました。しかも目の前の木にとまるという大サービスつき!!
背中に若干白い斑があったので、まだちょっと若め、ピカピカの成鳥ではないようです。
121125-3.jpg
※画像保存の過程で目の色がオレンジに近くなってしまいましたが、肉眼で見ると黄色でした。
(撮影・齋藤豊広さん)


ハイタカが来る前に、オナガが50羽くらい来ていたのですが、ハイタカが現れたときのオナガの警戒の絶叫ときたらそれはもう凄いものでした。
ハイタカはオナガを捕まえることがあるので、気が気ではなかったことでしょう。
ちなみにハイタカはオナガには目もくれず、しばらくしてから飛び去っていきました。
121125-2.jpg
ババッ!!
(撮影・岡井孝さん)



その後、サンクチュアリから見える清掃工場の煙突にも、ハヤブサが止まっていました。今日は羽づくろいをしていました。
煙突のてっぺんの、ピカピカ光るライトの上に止まっていることが多いのですが、光を気にしないのが驚きです。
121125-1.jpg
眩しくないんでしょうか?
(撮影・古屋真さん)



メスは茶色♪

今日は朝の9時台から、「ピー、ピー」という気の抜けたような一本調子の声が響いていました。
この何だかやる気のない口笛のような声はまさか…?!と探してみると、やっぱり!ウソのオスが梢に止まっていました。
午後には観察窓の間近にメスも現れました。今年はウソの当たり年らしいですが、こんなに簡単に見られるとは!
121125-6.jpg
写真はウソのメス。ほっぺがまんまるで可愛いです。
(撮影・岡井孝さん)



それは垢ですか…?

今日はこの寒い中、アオサギが池に首まで浸かって水浴びをしていました。
すると、バシャバシャ羽ばたくアオサギの身体からなにやら白いものが流れ出して行くではありませんか…!
まさかフン?……ではなく、サギやハト類の胸のあたりに生えている「粉綿羽」という羽が抜けたものです。
文字通り粉のようにボロボロになる特殊な羽で、この羽の粉を身体に塗って防水などをしているそうです。
121125-7.jpg
な、なんか白いものがー!!


今日確認された鳥:オオタカ(上空旋回)、ハイタカ、ハヤブサ、ジョウビタキ、アカハラ、ウソ、アオジなど、21種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1360-166c1afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード