光が丘公園バードサンクチュアリ

年内最後の開園日

2012年12月24日(日)晴れ

クリスマスイブの本日も、朝から寒く、池に氷が張っていました。
サンクチュアリの空からはならやら白いものがフワフワと降ってきます。ホワイトクリスマス?いいえ、タンポポの綿毛によく似ているヒメガマの種子です。
そして本日が年内最後の開園日でした。さてさて、今年最後にどんな鳥たちが出たのでしょうか?


朝からオオタカバトル

さて、今日は開園準備をしている頃から、オオタカがカラスに追われて林内へと突っ込んで行っていました。
開園してからも、カラスが大騒ぎすると同時にオオタカが林内から出てきて、一対多数の追いかけっこをしていました。
なんと、途中からは幼鳥のオオタカが成鳥のオオタカを追いかけて二羽でぎゅんぎゅんと飛び回っており、そこに多数のハシブトガラスがまとわりつく…という混戦模様になりました。
成鳥を追いかけ回すだなんて、この幼鳥は凄い!と思ってみていると、時々幼鳥が成鳥に追いかけられていることもありました。

20121224-3.jpg
上が成鳥オス、下が幼鳥(たぶんメス)。
(撮影・齋藤豊広さん)


しかしカラスに一対一で追いかけられたときは、成鳥のオオタカは空中で身を翻して見事にカラスの背後をとり、逆に追いかけ回していました。一対一だと負けないんですけれどね。


午後には成鳥だけが枝に止まって休んでいました。寒かったのか、羽がモコモコに膨らんでいました。
しかし、休めたのも束の間、やっぱりハシブトガラスに見つかって嫌々飛び去っていきました。オオタカも本当に苦労人(鳥?)です。
20121214-2.jpg
一休み、一休み…



シャベルみたいなカモ

最近珍しいカモが来ることの多いサンクチュアリですが、今日は朝からオオタカが飛び回っていたせいか、午後までカルガモしか見当たりませんでした。
しかし、午後になって、ヒメガマの裏からスススッ、とカモが一羽泳ぎだしてきて…確認してみると、なんとハシビロガモのメスでした。サンクチュアリでは久しぶりです。
名前の通り、横に大きく広がったくちばしと、短い首が特徴です。くちばしを水面に付けて、浮かんでいる植物の種などをわしわしと水ごと吸い込んで、水だけ吐き出して食べます。

ちなみにこのハシビロガモ、英語では「Shoveler」と言います。そのものズバリ、シャベルみたいなヤツ、といったところでしょうか。和名よりも見た目そのままで、洒落が効いています。

20121224-4.jpg
ハシビロガモのメス。
大きすぎるくちばしと小さい目、何だか不思議な顔です。
(撮影・齋藤豊広さん)



本日のアオサギ

どんどん増えているアオサギですが、本日も17羽が時々ケンカをしたり、日光浴をしたり、眠ったりと思い思いの過ごし方をしていました。
よくよく観察していると、みんな木の上に止まっているわけではなく、池の真ん中の岩にいつも一羽陣取っていたり、池を歩き回ってエサを探している個体が一羽か二羽くらいいたりします。
毎回同じ個体が同じ場所にいるわけではないのでしょうが、いる場所はなんとなーく決まっているようで、個体識別が出来ればちょっと面白いかも知れません。

20121214-1.jpg
岩の上に陣取って、羽づくろい。
首が知恵の輪みたい~



本年ラストの写真は、偶然撮れた木の枝から飛び降りようとするモズのおしりです。
20121224-5.jpg
いや~ん



2013年は1/5(土)からの開園になります。
皆様良いお年をお迎え下さい。そして、よい鳥との出会いがありますように!


今日確認された鳥:オオタカ、コガモ、ハシビロガモ(メス)、ジョウビタキ(メス)、シメなど、21種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1374-e2f3e9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード