光が丘公園バードサンクチュアリ

黄色い粉だけどきな粉じゃない!

去る3月10日、関東地方を襲った謎の砂嵐。サンクチュアリはちょうど開園の真っ最中でした。
来園されなかった方、来園しようと思ったけれどあまりの荒天に足止めされた方のために、当時のサンクチュアリの様子をご紹介します。

午前中は南風の中ポカポカ陽気でしたが、1時を過ぎると途端に空が暗くなり・・・突風と共にあたりが黄色い砂ぼこりに覆われました。
130310_煙霧1
サンク池の様子。空が黄色いのがわかります。
猛烈な北風で砂が顔に当たって痛かったです。


大量の砂が降り注ぎ、突風で木の枝が折れ、視界不良・・・と、まるでこの世の終わりのような様相でした。
開園中は「黄砂だ黄砂だ!」と騒いでいましたが、ニュースを見てビックリ、「煙霧」という現象だったそうです。
130310_煙霧2
ハヤブサお気に入りの清掃工場の煙突もこの有様。


珍しい気象現象だったようですが、ところで煙霧って何なのでしょう?
地上の砂埃が舞い上がったもの、とのことでしたが、まるで砂漠地帯にでも迷い込んだかのような有様でした。

ちなみにその後、花粉やそういったつぶつぶに弱いスタッフが、目のかゆみや肌荒れで苦しんだのでした。
猿は花粉症になるようですが、鳥たちは大丈夫なのでしょうか?
(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1405-96c749df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード