光が丘公園バードサンクチュアリ

雨の鳥見は…

2013年4月20日(土)曇りのち雨

今日は朝こそは暖かかったですが、どんどん気温が下がってきて、今までの服装では凍える寒さでしたが、園内では、シオカラトンボのメス(か、未成熟なオス)が確認されました。
天気の悪い日は珍しい鳥が入ったりするのですが、さて今日は??

来ました珍鳥!

今日は朝からダイサギやアオサギがチラホラいるだけでしたが、お昼頃、謎の鳥がサンクチュアリに着水しました!
なんとシギのなかまです!鳥に詳しいお客さんにより、ハイイロヒレアシシギと同定されました。サンクチュアリ初記録です!

130420-3.jpg
シギはシギでもヒレアシシギ!
(撮影・齋藤豊広さん)


大きさはツグミくらいの小さいシギでした。冬羽から夏羽に変わりつつあるようで、はっきりしない模様をしていました。
このニューフェイスですが、なぜかアオサギに追いかけられ、カルガモに追いかけられ…と、他の鳥たちから警戒されまくっていました。

130420-1.jpg
カルガモにじろじろ見られる…
(撮影・齋藤豊広さん)


さて、「ヒレアシシギ」と言われたら、ヒレを見てみたいものです。ほとんどすーっとちゃぱちゃぱ小刻みに泳いでいましたが、少しだけ陸に上がってくれました。

130420-2.jpg
ヒレは結構小さいみたいです。
(撮影・齋藤豊広さん)



ちょっと珍鳥

午後はハイイロヒレアシシギで盛り上がったサンクチュアリですが、朝からバンが一羽入っていました。
とてもきれいなバンで、首をふりふり泳ぎ回っていました。何故か今日は「歩くことも得意だけど、泳ぐことも出来る」鳥が多かったです。

130420-6.jpg
小さい方のバンですよ〜



いつもの鳥たちは…

さてさてそんな珍鳥たちに負けず劣らず、いつもの鳥たちも出てきました。
アオサギは、時間が経つに連れてどんどん数が増えて、結局7羽が集合しました。やっぱり雨の時の避難場所みたいです。

130420-4.jpg
あたまかゆ〜い!


最後に猛禽類ですが、今日は朝からハヤブサが清掃工場の煙突にとまっていました。お客さんのお話によると、九時頃には何かをむしっていたようです。その証拠に、そのうが膨らんでいました。

130420-5.jpg
おいしかったの


ちなみにサンクチュアリ入口池のオタマジャクシですが、今年もまた全滅してしまったようです…
元々今年は水質が悪く、合計30匹ほどしかいなかったのですが、平日の作業日に板をめくると、ヒバカリという小さなヘビがいました。
毎年この池のオタマジャクシはヒバカリや他の生きもの達に食べられてしまいます。
オタマジャクシの成長を楽しみにしていた方にとっては残念な話ですが、ヒバカリも数の少ないヘビで、サンクチュアリ池にはオタマジャクシが沢山いるので、ご安心下さい。


今日確認された鳥:ハヤブサ、カワセミ、ツグミ、ハシボソガラスなど、19種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1420-b4683812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード