光が丘公園バードサンクチュアリ

むし(虫)むし(虫)サンクチュアリ

2013年7月15日(月)晴れ
三連休の最終日となる本日も気温が高めでしたが、風が強く吹いていたおかげか、ちょっぴり爽やかでした。鳥の鳴き声はすれど、あまり姿は見られず、今日は「バードサンクチュアリ」と言うより「虫(インセクト?)サンクチュアリ」でした。

ひらひらと舞う
本格的に夏になり、様々なトンボが見られるようになってきていますが、この3連休で特に多く見られるようになってきたのが、チョウトンボです。
黒っぽい、青紫色の光沢のあるとてもきれいなトンボで、チョウのようにひらひらと飛ぶことからこの名前がつきました。お客さんの中には「チョウトンボ目当てで来ました!」という方もいたほど。
サンクチュアリに来て、「鳥がいないなぁ」と思っても、すぐに帰らずに、このチョウトンボをじっくり観察してみてくださいね。

チョウトンボ
きらきら輝く


食べちゃうぞ
サンクチュアリの樹液の出る木には今日も様々な虫たちが集まっています。今日はカブトムシがオス3匹、メス1匹確認できました。他にもカナブン、アカボシゴマダラ、コムラサキも見られました。
カブトムシ
樹液を味わっているカブトムシたち


するとそこへ突如現る黒い影・・・カラスの幼鳥でした。樹に集まる虫を狙って樹に降り立ったようです。
カラスの登場で虫たちは一斉に飛び立ってしまいました。

カラス
あー逃げられたーー





エイリアン襲来!?
観察舎内の白い壁に、何やらもぞもぞ動いている・・・近寄って見ると、体は幼虫みたいなのに、クモのような長い足が、そして尾には角のようなものも生えている・・・これはまさかエイリアン!?
・・・ではなく、「シャチホコガ」という蛾の幼虫の一種です。危険を察知するとぐっと体を反らして、シャチホコのようなポーズをとるのでこの名がつきました。しかし幼虫とは思えない長い脚(胸脚)ですね。見つけた瞬間に、本気でエイリアンなのではと思ってしまいました。

シャチホコガ
見よ、この脚を!!


この連休で久しぶりに姿を確認できたカワセミですが、今日も少しだけ見られました。雄と雌の幼鳥で、一方が一方を追いかけ回していました。
また、巣作りをしていたスズバチは、本日巣を完成させたようです。

今日確認された鳥:アオサギ、カワセミ、ツバメなど 10種(やぎ)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1458-075945a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード