光が丘公園バードサンクチュアリ

渡り鳥がやってきた!

2013年8月24日(土)くもり
今日も蒸し暑い光が丘公園バードサンクチュアリでした。曇りがちではあったので、観察窓の窓辺にいると風が動いて涼しく感じられました。8月もあと一週間、とうとう渡り鳥の季節到来です!

ツツドリ!
お昼過ぎ、ひらりと静かに飛んできた鳥が林内に入りました。見ていたお客様が「首が長い。ツツドリではないだろうか・・・」と教えてくださいました。それから探すことしばし。ようやく見つけたそれは、やはりツツドリでした!
毛虫食べてます
毛虫をくわえた!(撮影:川崎さん)

定番サクラの木にとまり、ちょっと移動しては毛虫をむしゃむしゃと食べていました。
渡り鳥が見られるようになるといよいよ夏の終わり、季節の移り変わりを教えてくれます。次はどんな鳥がやってきてくれるのか、楽しみです。

いつもいる
今日はなんだか蒸し暑く、セミの大合唱が一段とうるさく感じられました。そして、小鳥の声はまったく聞こえません。観察窓から鳥が見えるのか、とてもとても心配です。
静かなひととき
救世主?アオサギ

そんなときのお助けアイテム(?)、アオサギです。サンクチュアリ池奥の方の枝にたたずんでいました。今日は鳴かず、飛ばず、羽づくろいをしたり時々いなくなったり、静かで大きな存在のアオサギでした。
この画像ではちょっと面白い感じに枝をつかんでいます。指の間は痛くならないのだろうかと余計なことを考えてしまうほど暑い一日でした。

イシガメの後ろ姿
当地では、開園していない平日に様々な管理作業をしています。今日サンクチュアリ池をご覧になって「ずいぶん見通しがよくなったね」と言ってくださったお客様もいましたが、池の中のヨシやガマなども群落再生と水面確保のために刈り取っています。その刈り取った後の水面に、なにやらかわいい後ろ姿がありました。
かわいい後ろ姿
足をぶらぶら・・・

サンクチュアリ池のアイドル、イシガメです。杭の上に乗って、水面で足をばしゃばしゃ、ぶらぶらさせていました。何をしているんだろう。結構長い時間、ここでばしゃばしゃ楽しんでいましたよ。
ちなみに今週の生きもの調査ではイシガメの生まれたばかりと思われる幼体が見つかっています。何年ぶりかの快挙です!日本の固有種であるイシガメたちが繁殖出来る環境になっていることを知ることが出来、とても嬉しいことでした。

今日確認された鳥:ゴイサギ幼鳥、カワセミ幼鳥2、オナガなど 8種 (ますなが)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1472-be24df73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード