光が丘公園バードサンクチュアリ

夏復活!

2013年8月31日(土)晴れ

ここのところ涼しかったというのに、また35℃を越えて真夏日に再突入してしまいました。
もちろんツツドリの姿はなく……秋の渡りは一時中断といったところでしょうか。

130831-3.jpg
オナガより一言。「暑いんじゃーい!」



カワセミ来ました

最近は来るときに鳴かないのでなかなか存在に気づかないカワセミですが、今日は朝方と夕方に入っていました。
胸がまだ茶色っぽい幼鳥です。
暑すぎた?のか、すぐに飛んでいってしまいました。
130831-4.jpg
フトイの後ろから



ササゴイ、まだいます

先週唐突に現れたササゴイの幼鳥ですが、今日はサンクチュアリおとなりの観賞池にいました。岸のすぐ近くにいることもあり、人が立ち止まると面倒臭そうに飛んでいきます。

基本的に薄暗がりの中で行動するので昼間はボーッとしていることが多いはずですが、今日はなんと岩に止まっているトンボを捕ろうとしていたそうです。
しかしトンボなんて、人間でも素手では捕まえるのが難しいのに……案の定失敗でした!

130831-1.jpg
もうちょっと……もうちょっと……
(撮影・川崎さん)



130831-2.jpg
おまけ・不思議な重心で杭に乗るカルガモ。



楽しいハチたち!

サンクチュアリでは色々なハチの仲間が巣作りをしています。
……というと大変恐ろしいことが起きていると思われる方もいるかも知れませんが、いじめなければ刺さないハチたちなのでご安心ください。

一種目は、竹筒などの中に幼虫のエサになるイモムシを詰め込んで、そこに卵を産んで入り口を塞ぐタイプのハチ。オオフタオビドロバチです。
サンクチュアリにはこうしたハチのために竹筒をまとめて吊してあるのですが、なんと…それよりも優良な物件を見つけたようです。
それが!!
130831-5.jpg
おしり
(撮影・高橋嘉明さん)
なんと、展示していたキイロスズメバチの巣(空き家)です!!これぞ究極のリサイクル?!
丁度いいサイズの穴がたっっっくさんあいているので、素晴らしい優良物件ですね。

もう一種は、泥でとっくりのような巣を作る、その名もトックリバチの仲間。
道具も使わずに見事なとっくりを作り上げ、せっせとイモムシを運んでいました。
130831-6.jpg
イモムシいれーの……
(撮影・高橋嘉明さん)

この後入り口だけでなく周りも泥で固めてしまうので、綺麗なトックリの形が見られるのは建設途中の巣のみ。
今日、トックリまで完成させている巣があったので、明日も見られるはずです。
プチトックリが気になる方は、是非サンクチュアリにお越しください!!

今日確認された鳥:ダイサギ、アオサギ、カワセミ、ムクドリなど、8種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1474-c4f5196e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード