光が丘公園バードサンクチュアリ

台風通過しました

2013年9月16日(月・敬老の日)暴風雨のち曇り
今日の光が丘公園バードサンクチュアリは、台風が通過して荒れた一日でした。午前中はあまりの暴風雨でケヤキの大枝が落ちてきたので観察舎を閉鎖し、お昼からのオープンとなりました。雨が止むと続々とお客様が訪れて賑わうサンクチュアリ。こんな天気の日にお越しいただきありがとうございました。
この大雨でサンクチュアリ池は満水!岸辺の杭まで水が来ていました。
満水の池
水も濁ってます


鳥は少なく・・・
台風にも負けずサンクチュアリ池にいたのは、カルガモとアオサギのみ。
アオサギ
アイカゴも水没寸前!

池が満水だからかアオサギは草はらで餌を探していました。お気に入りのアイカゴも水没寸前で、足を置く場所が狭そうです。
台風に巻き込まれて珍しい鳥が飛んで来るかも!と期待していたら、トビが飛んできました。当地ではとても珍しく、東京都の貴重種リストに入っている鳥です。海の方から飛ばされてきたのでしょうね。

虫の話題二題
カルガモの剥製に登ろうとしているクダマキモドキです。雨を避けてきたのか、観察舎の屋根下にある机にいました。展示物をいろいろと出していたらより高いところを目指して歩き始め、ついにカルガモに登ることに・・・。がんばっている足がかわいい感じでした。登頂(?)後はぴょーんと飛んでいってしまいました。
カルガモ剥製と・・・
よいしょー

ケヤキの幹にくっついているいろいろな虫たち。鳥の見えない今日はそんな虫たちにも注目してみました。
アオバハゴロモ
きれいな色(撮影:古屋 真さん)

これはアオバハゴロモという体長1cmに満たないような昆虫ですが、羽を縁取る色合いがとてもきれいです。このきれいな色をお伝えしたくて超接近して撮っていたら、いやがって飛んでいってしまいました。ごめんね。

今日のアイドル
掲示物を風雨から守っていたブルーシートを片付けていたら、壁からぴょこんと現れたヤモリの子ども。指も小さくてとってもラブリーです。
ヤモリの子ども
うっとり

手のひらで「あったかーい」と幸せそうでした。

今日確認された鳥:ツミ3羽、キジバト、ヒヨドリなど 8種 (ますなが)


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1479-e116ad47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード