光が丘公園バードサンクチュアリ

風がとっても冷たいです

2013年12月15日(日)晴れ
サンクチュアリの池にあるヒメガマの穂からふわふわとした綿毛が見え始め水面に少しだけ落ちています。池の氷は昨日に比べると凍っている範囲が少し大きくなっているような気がします。

カモ大パニック!!
昨日よりもオカヨシガモの数が増えています!!と思いきや今日はオカヨシガモのグループにオナガガモのメスが一羽混じっていました。羽の色やくちばしの色がとても似ているのでぱっと見ただけでは判別が難しいです。最初オカヨシガモのオスが2羽メスが10羽いると思われていたのですが後にエクリプスのオスと若いオスがいることが判明し結局オスが4羽メスが8羽の12羽がサンクチュアリにいます。日に日に増えているオカヨシガモ、来週はアオサギの数より多くなるでしょうか。

古屋さんオカヨシ3隊okayoshi

(左から)オカヨシガモのオス上がメス右を向いた若いオス
(撮影・古屋真さん)

オカヨシ_エクリプスekuripusu

噂のオカヨシガモのエクリプス
(撮影・古屋真さん)




このまま年が明けてしまうのか…
今年の冬鳥は不調なようです。はたまた昨年が良すぎたのでしょうか。今日はオオタカの出現頻度が低いわりには小鳥の姿が少ないようでしたがこっそりシメが木の上に止まっていました。サンクチュアリの池のほうをじっと見ていましたがすぐに飛んでしまいました。またツグミが一羽サンクチュアリの浅瀬に降りて水を飲んでいました。来週に期待です。
岡井さんツグミ

ツグミはきっと猫背という言葉を知らないでしょう。
背筋がきれいに伸びすぎています。
(撮影・岡井孝さん)



サンクチュアリに怪獣現る
今日のアオサギは12羽でした。昨日より1羽少ないです。隠れているだけでしょうか。おもむろに一羽のアオサギが体の半分以上を水に沈めました。久しぶりの水浴びです。十分に水の中に沈み汚れをふやかし今度は水の中で羽を動かし汚れを落とします。その瞬間アオサギの体から青白いものが出て水面に広がります。粉綿羽(ふんめんう)というもので羽の防水維持に役立つそうです。
またしばらく顔を見なかった足の骨の変形したアオサギがきていました。元気そうで安心しました。
IMGP1878aosagi.jpg

そんなに落として大丈夫??


池に氷が張ると…
氷の上を器用にハクセキレイやキセキレイが歩き回ります。氷はまだ薄くそんな氷の上を歩くことができるセキレイたちにはとても関心します。ただそんなセキレイたちも常に危険と隣り合わせです。大丈夫だと歩いていると氷が割れて池に落ちてしまいそうになりますがそこは鳥なので池に落ちる前に飛んで安全な場所に移動します。また今日はハクセキレイがガを食べるという貴重なシーンを目撃することができました。
古屋さんキセキレイ_on_icekisekirei

キセキレイon ice(撮影・古屋真さん)

岡井さんハクセキレイhakusekirei

「あぶな~い!!」
池に落ちるところでした
(撮影・岡井孝さん)



今日確認された鳥:オオタカ、カワセミ、モズ(オス)、ジョウビタキ(メス)等18種(つちや)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1511-2e74f1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード