光が丘公園バードサンクチュアリ

松の内なのにタカ不在

2014年1月5日(日)くもり

今日は風が強く、日もささなかったため一段と寒い一日になりました。
閉園時間を過ぎて、スタッフが帰る頃でもまだ何となく外が明るいです。しかし日照時間が延びても寒さはこれからが本番です。


鳥が……

さてさて今日の鳥は…と期待してしまいますが、冬鳥常連のアオジはどこへやら、ツグミ類もとても少ないです。
そんな中でもシメが五羽くらいの群れで入ったり、シロハラが時々顔を出したりしてくれました。

シロハラさん
サンクチュアリ唯一のシロハラ。
(撮影・齋藤豊広さん)


冬鳥が少ない……と言いつつもシメは来るし、ジョウビタキもちょこちょこ顔を出してくれます。種類が少ないのではなく、数が少ないようです。
この冬は少ないながらも精鋭揃いといったところでしょうか。

R1148273.jpg
口が半開きのジョウビタキ。ぽけー



なぜか来たよ白いサギ

昨日のコサギがちょっと大きくなって帰ってきた……というわけではなく、今日はダイサギがやってきました。
ダイサギというとアオサギよりもスマートで、特に首はとても細いイメージがあるのですが、今日は寒かったようで全体的に毛羽立っていました。
しかもこの子、少ないながらも飾り羽根が生えていました。もう恋の季節は始まっているのでしょうか。

ダイサギさん1
飛ぶ姿はとってもステキ。
(撮影・岡井孝さん)


コサギのように、水中で足を震わせて魚を追い出す漁をしていました。でも、釣果は……イマイチのようです。
そして姿はそっくりなのに、アオサギに何度も追い立てられていました。似ていても、やっぱり駄目みたいです。

R1148285.jpg
「なんかコイツ白いな……」




R1148264.jpg
そのころの観賞池の様子。オナガガモ地獄だー


今日確認された鳥:カワウ、キセキレイ、シジュウカラ(1羽は白まゆげ)、カワラヒワ等19種(おがわら)

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1517-306c64e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード