光が丘公園バードサンクチュアリ

お花見シーズン開始

2014年3月29日(土)晴れ

ついこの間まで寒かったのに、園内のサクラは徐々に咲きつつあります。それに伴ってお花見をする人の姿もチラホラ…もう春ですね。

カワセミの春
今日は朝からカワセミがサンクチュアリの右と左の方で鳴いている…えっまさか二羽?!
そう、この冬いつもいたメスに加えて、オスが登場しました。求愛給餌や鳴き交わしを頻繁に行い、何だかとっても良い感じ。
しかもオスのクチバシには泥が!これは期待しても良いかもしれません…。

これからしばらくカワセミがピリピリしている季節です。メスに魚を捕ってきたオスが、観察舎の人影を気にしてか、魚をくわえて枝に止まったまま動かなくなったりしていました。
サンクチュアリにお越しの際は、どうぞお静かにカワセミを見守ってあげてください。


140329-1.jpg
モツゴ「乾いてきた」



アオサギの春

今日は春の陽気のせい?で、アオサギもダイサギも頻繁に水浴びをしていました。サギ類の羽には「粉綿羽」という、粉状になる羽があって、それで体を寄生虫などから守っています。
水浴びをするとその粉綿羽が水面を漂ってとても…フケか垢のようです。

140329-3.jpg
もう妖怪のようです。


二羽で近い枝にとまっているアオサギがいました。婚姻色が出ています。
しきりに目の前の枝を折っていました…もしかするとつがいなのかもしれませんね。
140329-2.jpg
「この枝とかね!いいと思うの!」



ジョウビタキの…春?
ウグイスは結構上手にさえずるようになりましたが、冬鳥たちはどうしたでしょう?
ツグミの声はしていました。アオジはしばらく見ていません。そんな中、ジョウビタキのメスはまだいました!
さてさてこの子はいつまでいてくれるでしょうか。
140329-6.jpg
まだいますよ



オタマジャクシ、順調です

入口の池の掃除ついでに、捕まえたオタマジャクシを展示していました。まだエラが残っていて、顔だけ見るとウーパールーパーのようです。
入口の池より、サンクチュアリ内部の池の方が成長が早いようで、望遠鏡で浅瀬を見てみるともぞもぞ泳ぎ回っているオタマジャクシの姿が!
鳥が見当たらないときは、ぜひオタマジャクシもみてみてください!


140329-4.jpg
黒いヒジキみたいなのがオタマジャクシ。



今日確認された鳥:ダイサギ、ウグイス、ツバメ、ジョウビタキ(メス)、ワカケホンセイインコなど、19種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

ヒロロ様

コメントありがとうございました。
個人名が書き込まれておりましたので、大変申しわけありませんがコメントは削除させていただきました。
思い出話をしに、ぜひサンクチュアリへもお立ち寄りください。

  • 2014/03/31(月) 12:22:44 |
  • URL |
  • 生態工房 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1548-c9fe16e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード