光が丘公園バードサンクチュアリ

ひみつ五「観察舎のドブ」

観察舎の軒下にあるドブは、溝、U字溝、排水溝などとさまざま
に呼ばれていますが、サンクチュアリでは「側溝」と呼んでいま
す(普通ですね)。
側溝の目的は雨水の排水。水はサンクチュアリ池に直接注ぎ込ん
でいます。みなさん! 飲み残しのお茶は側溝に流さず、どうぞ
ケヤキの植えマスに捨ててくださいませ。

さて、側溝に堆積した落ち葉や泥を掻き出すのもスタッフの仕事
です。この作業は年に一度だけ行います。
観察舎は舗装されているので、泥はそんなに溜まりません。側溝
に入るのはほとんどが落ち葉で、それもほぼ観察舎にあるケヤキ
の葉です。側溝は、ケヤキの葉が落ち尽くすのを待ってから一度
掃除すればよいのです。

この作業をするのは、決まって1月か2月の雨か雪の日です。落
ち葉がびしょびしょに濡れるとかさが減るので、搬出する回数が
少なく済みます。また濡れていると、上側の落ち葉層と、下側の
泥層の両方をスコップひとつですくえるので作業がとても簡単で
す(乾いた落ち葉はスコップですくえません)。
雨の日は来場するお客さんもまばらなので作業しやすいという利
点もあり、雨の日が最適なのです。

唯一の欠点は、側溝の位置がちょうど軒下なので、大粒の雨だれ
で体がびしょびしょになってしまうことでしょうか・・・。そん
なわけで、冬のサンクチュアリでは、顔から湯気が立ち上ってい
る「水も滴る」スタッフの姿を、年に一回だけ見ることができる
のです。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/156-3613a6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード