光が丘公園バードサンクチュアリ

渡り鳥、大集合!

2014年9月20日(土)曇り

今日は一日曇りの肌寒い日になりました。観察舎で飼育展示しているアカミミガメも、日光浴しようにも何だか寒そう。
しかし、鳥見としては激アツな一日になりました!!


ただのタカじゃない!

朝からなにやらオオタカの幼鳥のような鳥が、枝でセミを食べていました。
へー、オオタカって若いうちはセミを食べるんだ~などと思っていると……あれっ、よく見ると目が黒っぽい?喉に縦線がある?

01_2014092020561257d.jpg
おやっ、この見慣れない顔は…
(撮影・岡井孝さん)


こっちを振り向いてくれて確信!サシバの幼鳥でした。
この季節、上空を通過することは多いですが、サンクチュアリに降りるのは珍しいです。
朝から夕方まであっちでセミを探したり、こっちでカラスに追いかけられたり…忙しそうにしていました。

02_20140920205613c4c.jpg
翼の裏面は白!
(撮影・岡井孝さん)



なんだ?!この鳥は!

今日はシジュウカラがメジロと一緒に群れを作って移動していて、秋を感じさせてくれました。その中に平然とサンコウチョウが混じっていました。
普段ならサンコウチョウ!と大喜びするところですが、それを吹き飛ばすほどの珍鳥が…なんと、アリスイです!しかも二羽もいました!!
中の島の枯れ枝で、しきりに何か(見えなかったですがきっとアリ)を食べたり、水を飲んだりしていました。
公園内や、近隣の緑地に入ることはあってもサンクチュアリでは珍しいです。見たいと思って見られる鳥ではないので、みんな大興奮でした。

05.jpg
「普通の鳥のように木に止まるキツツキ」がウリなのに、キツツキのように木に止まるアリスイ。
(撮影・岡井孝さん)



まだまだいます、季節の鳥

今日は次から次へと季節の鳥が現れて、トイレに行くのも惜しいほどの賑やかでした。
最近よく出るツツドリもチラッと出ましたし、モズも来ています。
ただ非常に写真がとりづらいので、写真はありません…。
シジュウカラの群れにはコサメビタキが数羽まじっており、しかもそのコサメビタキの中にエゾビタキが混じっていました。
あっちで珍しい鳥、こっちで嬉しい鳥…と、息をつく間もないめまぐるしい一日でした。
渡りの季節は一期一会、明日もいるといいですね!

06.jpg
ボッケボケですか、ツツドリ幼鳥。


03_20140920205614b4c.jpg
コサメビタキの仲間は目がくりくり。
胸に縦線があったら、エゾビタキ!!


ちなみに先日は二日続けて見られなかったカイツブリですが、今日はひょっこり現れました。今まで見られているものが全て同一個体かはわかりませんが、「カイツブリのいるサンクチュアリ」は継続中です。

今日確認された鳥:カイツブリ、ハヤブサ、オオタカ、コサメビタキ、サンコウチョウ等、21種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1615-fed0e02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード