光が丘公園バードサンクチュアリ

秋分の日は爽やかな日

2014年9月23日(火・祝)晴れ

先日の渡り鳥フィーバーをうけて、今日も沢山の野鳥愛好家の皆さんが来園されました。
天気は晴れ、爽やかに暑くて外で遊ぶには絶好の季節。家族連れも多く、一日中人の絶えないサンクチュアリでした。

今日の鳥は……

先日までの賑やかさはどこへやら、今日は朝からアオサギとカルガモがたたずむいつものサンクチュアリでした。
渡り鳥目当てでいらした方は、ショック?!この季節は一期一会ですね。

アオサギ
チラ見せアオサギ。


オオタカ、頑張る!

渡り鳥が少なめだったのは、今日は鳥にとってはコワーイオオタカが出ずっぱりだったから?朝からかなり長い間枝に止まっていました。先日もカルガモを狙って池に飛び込んだ個体と同じと思われます。
そして今日もカルガモを狙って飛び回りました。しかし、やっぱり捕まえることは出来ず……

サンクチュアリでは、外来生物防除のために週に2~3回池に入って作業を行っています。
今日は週の半ばでの開園ということもあり、「張り網」という定置網のようなワナが仕掛けてありました。カルガモを取り損ねたオオタカが、なんとそのワナを固定する棒に止まろうとしました!
しかし垂直の棒に止まるなんて、ヨシゴイでもなきゃ無理~!諦めて木の枝へ飛び去りました。

オオタカ、はりあみの棒に止まろうとする
ちょっと無理がある
(撮影:伊勢原さん)



うれしい季節の鳥

今日の季節の鳥は、キセキレイ。当地では秋から冬にかけて飛来します。泥島を歩き回って食べ物探しをしていました。
モノクロ以外の色の鳥は見つけると何となく嬉しくなります。これから冬にかけて、見られる頻度も増すことでしょう!

20140923kisekirei.jpg
おしりふりふり



見てみよう、水辺の生き物

今日はバードサンクチュアリでとれた水辺の生き物を展示する普及活動の日でした。
観賞池前に水槽やタライを並べていると、続々とお客さんが押し寄せてきます。在来種であるモツゴや、沢山のアメリカザリガニなどが見られるだけでなく、スタッフやボランティアの解説員が生き物の解説も行いました。

今日は解説の前にたまたまウシガエル(外来種)とヒキガエル(在来種)が捕まり、外国のカエルと日本のカエルを見比べることが出来ました。
ウシガエルが外来種だとは知らなかった!という声がちらほら聴かれました。次の解説の日には何が捕まるでしょうか?お楽しみに!

カメを見るワンちゃん
初めてカメを見た?!ワンちゃんも。


今日確認された鳥:ツミ、シジュウカラ、エゾビタキなど13種 (おがわら)
 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1617-60e0e8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード