光が丘公園バードサンクチュアリ

11月なのに生暖かい

2014年11月2日(日)くもり

三連休二日目の今日は、何だか生温い曇り。朝から妙に暑くて冬服のジャケットが着られないスタッフ達でした。
日中は少し気温が下がりましたが、それでも11月とは思えないぬる~い一日になりました。


昨日のオオタカは……

昨日、オオタカがカルガモを捕まえました。しかしカルガモが重すぎて運べなかったそうな……という話によりスタッフは朝からカルガモを探しましたが、見つかりません。
そして何故か朝からアオサギやエナガ達が騒いでいます。タカなんていないのにどうして?と思っていると、中の島からオオタカがヒョイッと出てきました。
もしかしたら朝からずーっとカルガモを何とかしようとしていたのかも?しかし観察舎の我々を気にしてか、その後は中の島に近付くことはありませんでした。

ちなみにカルガモは昨日大変な目にあったのに、今日も10羽以上入っていました(オカヨシガモはいませんでした!無念!)。
危機感のないカルガモを尻目に、カイツブリだけが一羽ですごく警戒していました。

5_20141102215126248.jpg
一羽、最大警戒中のカイツブリ。エビぞりになってます。


ジョウビタキの巡回

オオタカが陣取っていてもあまり気にしない、それどころじゃないのがジョウビタキです。今日もサンクチュアリのあちこちに、まるで見回りするかのようにメスのジョウビタキが出現していました。
大体数時間おきに同じような場所に出てくるのが面白いです。たまには観察舎の目の前にも……!

2_20141102215120b98.jpg
こんなに近いの。


巡回ルートに観察舎のすぐ前が入っているのか、時々現れてはシャッターチャンスをくれます。
今はどうやらまだメスが二羽いる模様。最終的に一羽で落ち着くのか、二羽で棲み分けるのか……ジョウビタキの陣取り合戦が楽しみです。
3_20141102215122d8c.jpg
おお、綺麗な尾羽!
(撮影・岡井孝さん)


ちなみに今日はジョウビタキと並ぶ冬鳥の小鳥、アオジも姿を見せてくれました。
草や葉が残っているためなかなか姿が見えませんが、これからの季節、地面でなにやら探し回る姿が見られるようになるはずです!


骨折アオサギ

今日はアオサギは8羽でした。中に一羽、右足がカクカクしている子がいました。どうやらかつて骨折して、何とかくっついた様子。高い枝には止まらず、水面から出た枝に止まっていました。
以前も足の形がおかしいアオサギが来たことがありましたが、やっぱり怪我をしてしまう個体もいるのですね。骨が折れている間、どうしていたのでしょう。
足を見ればすぐに識別出来るので、この子がこの先も継続して観察出来ることを祈ります。

1_2014110221511863a.jpg
右足がガクガク……


こんなところにハヤブサが

夕方、サンクチュアリから見える清掃工場の煙突の上にハヤブサが止まっていました。
入り口階段の上に望遠鏡を置いて観察しました。「ハヤブサがいるよ」と聞くと皆さん驚きの声を上げていました。確かに、ちょっとビックリしますね。

ちなみにこの煙突にはこれからの季節、よくハヤブサが止まっています。サンクチュアリが閉園している平日でも、そしてサンクチュアリ以外の場所からでも煙突はご覧になれるので、ぜひハヤブサがいないか探してみて下さい。

4_201411022151249e0.jpg
風が強いのか、羽がぼさぼさ。
(撮影・古屋真さん)


今日確認された鳥:ハシボソガラス(一羽)、ウグイス、エナガ、キセキレイ、アオジ等、20種(おがわら)
 
  
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1636-22afd354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード