光が丘公園バードサンクチュアリ

第二次消えたアオサギ事件

2014年12月6日(土)晴れのち曇り
今日は朝から冷え込みが厳しく、北風が吹き抜ける寒い1日でした。
アメダス練馬の記録を見ても、最低気温は0.7℃と今季一番の冷え込みのようでした。
そんな寒さと関係あるのかないのか、今朝のサンクはなんだかいつもと違う様子・・・

事件です!
「いやー、今日は寒いねー。」と言いつつ開園の準備を進めるスタッフたち。
ふと、池に目をやると、あれ、何かが違う?

いつもと違うサンク141206
間違い探し。サンクに慣れ親しんだ皆さんなら分かるはず・・・?!

ここがいつもと違うよポイント1つ目は写真右下の方!
初氷141206
浅瀬の水面になにかボコボコしたものが見えます。

池の浅瀬部分が凍っていました。今季初氷です!
過去3年分の初氷記録(当ブログ参照)を並べると、11/30、12/9、12/10(2013~2011年)なので、概ね平年通りと言えます。

2つ目は写真真ん中付近!
アオサギのいない木141206
枯れ木だ。いつものにぎわいはどこへ?

冬になるとアオサギがわんさか集まってくる人気スポットになんとアオサギが1羽もいません!
もちろんサンク内のどこにもアオサギの姿が見当たりません!
これは事件だ。

来園者の方の目撃情報によると、朝早くにアオサギが一斉に飛び立つ姿を見たとのこと。
しかし、午後になってもあまり戻ってこず、結局今日は2羽しか見られませんでした。
明日以降、アオサギは戻ってくるのでしょうか?

容疑者?現る!
この、第二次消えたアオサギ事件。
今年はしばしば響くダミ声事件第一次消えたアオサギ事件などが発生しています。
今日の事件の真相を解明することはできませんが、きっと“やつ”の仕業に違いない!
オオタカ背中141206岡井さん
このアングルはなかなか珍しい!羽根の1枚1枚が見えてとてもきれいです。
(撮影:岡井孝さん)

このところの開園時の“やつ”の行動を見てると、どうもお腹をすかせているのか、また予想外なものを狙っていました。

飛ぶオオタカ141206岡井さん
狙う“やつ”
狙った先には・・・
(撮影:岡井孝さん)

カワウ141206岡井さん
水曜日にも狙われていたカワウでした。
白髪のような繁殖羽がきれいです。
(撮影:岡井孝さん)

明らかに自分の体より大きい相手ですし、まして相手は潜水の名人なので、傍から見ると無謀のような気がするのですが、果たしてタカの世界ではどうなんでしょうか。
若気の至りなのか、はたまた進化への第一歩なのか気になるところです。

猛禽類が睨みを利かせていると他の鳥たちの行動が制限されて、いろんな鳥を見たい方にとっては少し不都合かもしれません。
ですが、猛禽類がいて警戒しているときの鳥たちの行動と、そうでないときの鳥たちの行動の違いを見比べるのも面白いです。
また、時には狩りのシーンなどなかなか出会えない場面にも出くわし、自然の営みを感じることができるのも、自然観察の醍醐味と言えます。
何より、生態系の頂点に位置する猛禽類が棲める=それだけ餌となる他の生物も棲める環境であるということが大切なことなのだと思います。

ちなみに、午前中静かなサンクをにぎわしてくれたのは、小さな猛禽モズくんでした。
モズ141206岡井さん
厳密には猛禽の仲間ではありません。
(撮影:岡井孝さん)

日向ぼっこをしていたのか、はたまた狙いを定めていたのか、しばらく木の上に止まっていました。

その他にも、今季は冬鳥の当たり年な気配でサンクは日々鳥たちでにぎわっています。
そんなサンクへおいでの際は、くれぐれも暖かい格好でお越しください。冬将軍はきっとこれからが本領発揮のシーズンです。

今日確認された鳥:カイツブリ、ツグミ、アトリ、シメなど 24種(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1653-d9f89cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード