光が丘公園バードサンクチュアリ

寒さに負けない生き物たち

2014年12月13日(土)晴れのち曇り
先週に引き続き寒波が到来。今日も池の水が凍っていたサンクチュアリです。
それでも、先週ほど寒さを感じなかったのは、本当に気温が暖かかったのか、それとも体が寒さに慣れてきたせいなのか、はたまたスタッフが先週より厚着をしたせいでしょうか。

寒さにもマケズ
厳しい寒さに人間は部屋に閉じこもってしまいがちですが、そんな寒い冬を狙って活動をする生き物がいます。
今日サンクで見られたのは、いわゆるフユシャク、あるいはフユシャクガと呼ばれる仲間で、シャクガ科(幼虫はいわゆるシャクトリムシ)の中でも冬に活動する種類のことを指します。

141213フユシャクガ
これはメスの成虫。雲台を覆っているカバー(青いやつ)に止まっていました。

あれ?なにかおかしいですよね?
なんと、ガの成虫なのに、羽が退化しているんです!(写真は右側の羽が取れてしまっています。)
フユシャクガの仲間のオスは他のガと同じように飛びますが、メスは羽が退化して飛べません。
普段は落ち葉の下などにいるメスが出すフェロモンをたよりに、オスが飛び回ってメスを探し出すようです。
寒い冬に活動することといい、メスの羽が退化していることといい、なんとも興味深い生き物ですね。

ツグミの成る木
また、寒くても鳥たちは活発です。
本格的な冬が近づくにつれ、落葉広葉樹の葉が落ちて鳥の観察がしやすくなってきました。
すっかり葉が落ちた木の中に、今日はツグミの成る木が出現しました。

141213ツグミのなる木
写真の中に何羽いるか分かりますか?

いつもよく集まっている木だけでは収まりきらず、周りの木にも次々と実?を実らせていました。
ツグミの体色は個体によって差があるので、見ていて飽きません。

協力?関係
一方、池に目を移すと、最近の猛禽類の活躍もあってか、カモ類の多くは茂みの中などの観察舎から見えない場所に隠れてしまってなかなか姿を見せてくれません。
それでも今日は、コガモとオカヨシガモ、カイツブリが仲良く泳いでいる姿が見られました。

141213カモの会合齋藤さん
左手前がオカヨシガモ♀、一番右がカイツブリ、残りの4羽がコガモ♂です。
(撮影:斎藤豊広さん)

ふらふらーと自由に泳ぎ回っては、またまとまって泳いで・・・を繰り返していました。
カラ類など陸の鳥も冬はよく混群の体を成していることが多いです。
混群を作る理由は、天敵から逃れるためや餌を見つけやすくなるためなど、種類によって、時と場合によって違いそうです。
その鳥たちの行動を観察していると、その理由を探るヒントが隠されているかもしれません。

無謀な挑戦
先日は猛禽に襲われそうになっていたアオサギですが、今日は違う影がアオサギを狙っているようでした。
いつものアオサギの木をそろりそろりと登る白い影が…

141213アオサギ狙うネコ斎藤さん
抜き足差し足忍び足…って丸見えなんですが!
(撮影:斎藤豊広さん)

なんと果敢にもアオサギに挑むネコ!
どうやって捕るの?池に落ちないの?いや、そもそもアオサギが逃げるなり突っつくなりするだろう!
と、どうしてアオサギを狙おうと思ったのかさっぱり理解はできませんでしたが、めったに見られない行動に興味津々で見守りました。
結局、アオサギが枝先の方へ移動するとあっさり撤退し、華麗なる猫パンチないし猫ダイブは見られませんでした。
きっと生き物たちもこうした試行錯誤を通して生きる術を学んでいくのでしょう。

立つ鳥跡を濁す
生き物を観察するということは、その生き物を直接見るということだけではありません。
生き物の痕跡を探すことも立派な観察のひとつです。

朝スタッフが出勤すると、何者かが大宴会を開いた?跡が…

141213落ちたコケ
地面に大量のコケが・・・!!

141213屋根から落ちるコケ
どうやら屋根の上にあったコケのよう。

この2つの痕跡を見て、皆さんは生き物のどんな行動を思い浮かべますか?
果たしてこれらの痕跡を残した主は同一犯なんでしょうか?
そもそもコケに関しては生き物の仕業なんでしょうか?
さまざまな想像が飛び交いますが、これも生き物を観察し続ければ、より真実に近い想像をできるようになるのかもしれません。

皆さんも寒さに負けず、コタツから気合で抜け出して、生き物溢れるサンクにぜひおいでください。

今日確認された鳥:ゴイサギ、カワセミ、モズ、カワラヒワなど 23種(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1655-17b51d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード