光が丘公園バードサンクチュアリ

厳冬のサンクチュアリ

2015年2月8日(日)曇り時々雨

今日は焼きりんごイベントの日。朝からハッキリしない曇りでしたが、イベントは無事終了しました。
お昼頃から冷たい雨が降ってきて、じっとしていられないほどの寒さ!!朝が暖かくて、日中にかけてどんどん気温が下がっていったようです。
これからのサンクチュアリは本当に寒いです。特に風の強い日は身を切るような寒さ。寒さ対策はぬかりなく…

大きいダイサギ

今日も朝からダイサギがいました。アオサギも11羽。夜行性なので、雨が降ってきても動かずにじっと木に止まっているアオサギの姿は何だか哀愁すら感じさせます。
さて、昼間から魚を捕るタイプのダイサギは、今日はヨシの中をウロウロしたり、向こう岸に上がってみたり。好きなように動き回っていました。

150208ダイサギ3
枯れたヨシの間で揺れる綿棒


さて、日本で見られるダイサギは実は二種類いることはご存じでしょうか?
一言で「ダイサギ」と言っても、亜種オオダイサギと、亜種チュウダイサギという二亜種にわかれているのです。
オオダイサギは冬鳥で、アオサギと同じくらいの大きさがあります。冬に見られるダイサギはこのオオダイサギの可能性があるのですが…


150208ダイサギ
足…足が…


オオダイサギとチュウダイサギ、識別のポイントは「ふとももの黄色が関節より下まで至っていたらオオダイサギ」だそうです(山渓ハンディ日本の野鳥より)
あとは身体がとても大きいですね。このダイサギ、アオサギくらいの大きさがあります。
たまに見かけるダイサギですが、この時期しかいない冬鳥の「オオダイサギ」を探してみるのも楽しいかも。

150208ダイサギ2
関節の下まで黄色い……かな?



日本最小の鳥!!

さてさて今日はとんでもなく寒かったわけですが、ウグイスの「チャチャ…」という鳴き声とはちょっと違う、もっと可愛らしい声が!
日本最小(タイ記録)の鳥、ミソサザイがいました!毎冬一回くらいは出現します。
よく地面に近い藪に潜っているイメージがありますが、ヤナギの木をするすると上って何か探していました。

ミソサザイ150208_齋藤さん
可愛いおしり!
(撮影:齋藤豊広さん)



今日もいたコガモ

こんな寒い日はカモでもいないとやってられん…と嘆いていたスタッフを励ますかのように、コガモが出てきてくれました。
おかげで(?)タカはいませんでしたが、寒い寒い中に明るい色のカモが現れるととても嬉しくなります。
明るいカモといえば、今シーズンはオシドリは来るでしょうか?

150208コガモカルガモ
コガモ、カルガモ。
遠近法があるけれど、結構大きさが違います。


今日確認された鳥:カワウ、ハヤブサ、オナガ、エナガ(つがい?)、アオジ等21種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1684-a9f1e345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード