光が丘公園バードサンクチュアリ

春を告げるものたち

2015年3月14日(土)晴れ
週末の中では久しぶりに晴れ間が広がり、風もなく穏やかで春の訪れを感じさせる一日でした。
生き物たちも着々と春に向けて季節が進んでいるようです。

カップル誕生?
最近スタッフや来園者を騙し続けていたのはモズ(♂)でしたが、今日はモズ(♀)が地面に下りたり、枝先に止まったりを繰り返していました。
もしかして、オスの美声に惹きつけられてやってきたのでしょうか?

150314モズ齋藤さん
茶色の過眼線(目の周り)とお腹の波打ち模様がメスの特徴
(撮影:齋藤豊広さん)

150314モズ岡井さん
私のステージよ!
(撮影:岡井孝さん)

しばらくすると、近くにオスもいることが分かりました。
カップル誕生か?と期待してしまいます。
今後の動向に要注目です。

また、写真ではお伝えできませんが、今日の朝にはウグイスの初鳴きが観測されました。
まだ「ホーホケキョ」にはほど遠く、「ケキョ」とか「ホケキョ」とか、「ケキョケッ・・キョケッ・・キョ」というようなぎこちない囀りや谷渡りもどきが聴けます。
と思いきや昼頃にはまた「チャッチャッ」と地鳴きが多めになっていましたが・・・。
春先にはきれいに鳴くウグイスも練習して上手くなるのですから、励みになりますね。

羽根吹雪
春と言えば桜吹雪の風景を想像される方が多いかもしれませんが、今日の清掃工場煙突近辺では局地的に羽根吹雪に見舞われた模様です。
原因はなんだと思いますか・・・??


150314ハヤブサ岡井さん
ハト(?)はもらった!!
(撮影:岡井孝さん)

煙突の上でハヤブサがお食事(おそらく獲物はハト)をしていたのでした!
よく煙突の縁を止まり場にしていますが、羽根が周囲に飛び散るほどにがっついている様子はなかなか見られないかもしれません。

地面にも注目
春を告げるものは鳥だけではありません。
サンクチュアリ入口周辺やススキ原っぱ周辺の草原を見ると、可愛らしい花々が春を先取りしたように咲き誇っています。


150314ヒメオドリコソウ齋藤さん
ヒメオドリコソウ。実は外来種。
(撮影:齋藤豊広さん)

150314カラスノエンドウ齋藤さん
カラスノエンドウ。スズメノエンドウとは花の色や葉の形などが異なる。
(撮影:齋藤豊広さん)

春を探しに外へ飛び出したくなりますね。

ご理解とご協力をよろしくお願いします
朝からカワセミのオスとメスが飛び交い、鳴き交わしをしていました。
しばらくすると観察窓のすぐ向こうの崖に入っていく様子が観察されました。
どうやらカワセミが巣作りを始めたようです。


150314カワセミ岡井さん
穴掘り疲れたー!よく見ると嘴に土が見えます。
(撮影:岡井孝さん)

私たちも近くから巣作りの様子を観察したいところですが、営巣から子育て中はカワセミにとって大変デリケートな時期になります。
人が近くにいるだけでカワセミたちにストレスを与えてしまい、営巣を放棄してしまう可能性も考えられます。

つきましては、しばらくの間観察窓の一部を封鎖し、立ち入りを制限させていただきます。
使用できる窓が限られてしまい、来園者の皆様にはご不便ご迷惑をおかけしますが、カワセミの子育ての成功を願っての一時的な対応ですので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
来園の際には、いつも以上に静かに生き物たちを見守っていただければと思います。


150314観察窓封鎖
事件ではありません。みなさんでやさしく見守りましょう。

今日確認された鳥:カイツブリ、ダイサギ、エナガ、シメなど 22種 (いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1703-16a07914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード