光が丘公園バードサンクチュアリ

花散らしの冷たい雨の中・・・

2015年4月5日(日)雨
昨日に引き続き寒さが続き、花冷えの1日でした。
朝から冷たい雨が降り続き、満開を過ぎた辺りのオオシマザクラも来週には葉桜に近い状態となっているかもしれません。

150405オオシマザクラの見える風景
白と黄緑のコントラストが見えるのも最後かも?

150405オオシマザクラ
花散らしの雨でなければ良いのですが・・・

季節を報せる幸せの青い鳥
冷たい雨ということで、来園者も少なく静かな時間が流れていました。
そういう時に限って珍しい鳥が出てくるものです。
あれ、カワセミがもう一羽増えた?と思いきや・・・
なんと!オオルリのオスが姿を見せてくれました!

オオルリとカワセミ_伊勢原さん150405
「きみ良い色だね」「きみこそ」
(撮影:伊勢原さん)

きれいな瑠璃色で有名なオオルリのオスですが、実は構造色なので羽自体が青い色素を持っているわけではなく、羽の構造が複雑なため光の反射の具合で青く見えています。
カワセミも同じく構造色です。

雨のせいか、はたまた人が少なかったせいか、オオルリは長時間滞在してくれました。
英名:Blue-and-white Flycatcherの通り、フライキャッチ(飛んでいる虫を空中で捕まえること)を繰り返すなど、ちょこちょこと動き回り、日本への到着を喜んでいるかのようでした。
サンクには渡りの途中で立ち寄っているだけなので、見られるのは今日限定かもしれません。
これから夏鳥が続々渡ってくるので毎週目が離せません。

オオルリ2_伊勢原さん150405
「羽虫(ユスリカなど)がたくさん飛んでいて美味しかった!」
(撮影:伊勢原さん)


進む季節
昨日見られたアトリやシメの群団も今日は見られず、シメ単体の声を聞いたのみでした。
天気が悪かったせいか、はたまたもう渡っていってしまったのでしょうか。
午前中には耳を澄ますとアカハラのぐぜりが聞こえます。
観察舎から真上を見上げると、ケヤキの葉ももう芽吹き始めています。
新緑の季節ももう少しです。

150405ケヤキ
芽吹きが早い枝はもう黄緑一色

掃除中の出会い
雨の日は来園者も少なく、通常よりも作業の割合が多くなります。
新年度ということもあり、観察舎内のいろいろな箇所をきれいにしています。
観察舎の天井を掃除していると、天井と壁の隙間からクモが出てきました。
調べてみると、ヤチグモの仲間のようです。

150405ヤチグモ?
徘徊性クモの目は可愛いと思います(意見には個人差があるようです)
→クモに詳しいスタッフに聞いたところ、ヤチグモは徘徊性ではないそうです。2015年4月9日追記

天井や壁には思わぬ生き物の来訪者が見つかり、案外面白いものです。
でも皆さんが心地よく過ごせるように掃除はしっかりしないといけませんね(反省)。

今日確認された鳥:ツバメ、ウグイス、シメ、アオジなど 20種 (いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1712-f3d30c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード