光が丘公園バードサンクチュアリ

引っ越ししました!

2015年5月22日(金)晴れ
今日は今年度3回目の一般向け平日特別開園日でした。
平日にしか来られない方もいるため、大好評の平日開園日。
通常の開園日よりも人が少なめで、ゆっくり生き物の観察をしたい方にオススメです。
今日も朝からいい天気で過ごしやすい1日。自然観察にはもってこいの日和でした。

諸般の事情により・・・?
今話題のカイツブリ親子ですが、ここ数日の間に引っ越しをしたようです。
今までとは、観察舎を挟んで反対側の繁みの中に新たな巣が出来上がっていました。
なぜこのタイミングで引っ越ししたのでしょう?
先週、前の巣の近くでオオタカが水浴びをしていたので、危険を感じたためでしょうか?
はたまた、もしや次の卵を産むのか?という憶測も聞かれましたが、果たしてどうでしょうか。

場所が変わっても子育ては順調!
場所は変われど、4羽のヒナたちはすくすくと育っています。
普段は巣の中にいますが、たまーに繁みから出てきて、親がヒナに小魚や小さいザリガニを与えている姿が見られます。
ザリガニはある程度の大きさにちぎって(ちぎれて?)ヒナに食べさせています。

150522カイツブリ小魚を与える
わーい!ご馳走だ!・・・大きくて食べれない!
小魚でもヒナから見れば立派なご馳走です。

もうヒナの大きさもずいぶん大きくなって、ヒナを背中に乗せて泳ぐ親鳥の姿はなかなか見られなくなりました。
ヒナだけで水面を泳ぎだすこともしばしば。
冒険したいお年頃かもしれません。

150522カイツブリヒナ並ぶ
お父さん(お母さん?)まってー!!


風景が変わりました!その1
ちょっとずつサンクチュアリの風景が夏仕様に変わってきています。

150522観察窓からアイカゴ
池の中に何やら黒い物体がたくさん・・・

今年も先週の木曜日から、外来生物防除のためのカゴワナ(アイカゴ)を設置しました。
ブルーギルなどの外来生物を防除することで、モツゴなどの在来魚の数が増え、それらを食べるカワセミなど魚食性の野鳥にとってもプラスの効果が見込まれます。
さらに、副次的な効果として、野鳥の止まり場としても活用されます。
ある意味で、アイカゴと野鳥の風景は夏のサンクの風物詩。
しかし、早く防除がなくとも健全な生態系が保てるようになって欲しいですね。
今年も秋までのお付き合いをよろしくお願いいたします。

風景が変わってきています!その2
それから、アオサギの数もずいぶん少なくなりました。
冬場はアオサギのねぐらとなり大盛況ですが、夏になると繁殖のため、多くの個体は他の場所へ行ってしまいます。
今日見られたのは4羽のみ。
しかもいつもの止まり木には1羽もおらず、思い思いの場所で過ごしていました。

150522緑の中のアオサギ
なぜか観察舎正面の伐採地斜面の緑の中で黄昏る

150522アオサギ隠れる
隠れ身の術!フトイの奥に怪しい白い影が・・・


今日確認された鳥:カワセミ、コゲラ、シジュウカラなど14種
その他:水面を渡るアオダイショウ、ショウジョウトンボなど
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1734-67c0ed64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード