光が丘公園バードサンクチュアリ

セミだ!夏だ!サンクチュアリ!!

2015年7月18日(土)曇り
今日は台風の影響か風が強く、時折雨がぱらついているような日でした。
サンクチュアリ入口のクサギの花が少しずつ甘い香りを漂わせ、クロアゲハなどの花を好む蝶を呼び寄せていました。

1CIMG0697.jpg

漢字では「臭木」と書き、葉をもむと独特な臭いがします


のんびりときどきケンカ
冬に比べると少なくはなりましたが、サンクチュアリの名物のアオサギは今日2羽いました。ゆっくりと池の中を歩き回りアメリカザリガニやドジョウなどの池の中の生き物を食べる姿が見られました。突然2羽のアオサギが強風にあおられながら飛び追いかけあったりもしていました。

1IMG_1164.jpg

アオサギvsドジョウ
(撮影・岡井孝さん)



羽ばたきときどき素潜り
なにかと心配される今年生まれたカイツブリの子供の末っ子は、サンクチュアリでのびのび暮らしています。親鳥に譲ってもらったサンクチュアリの池で羽ばたきの練習をしたり上手に小魚を捕まえたりしています。あまり鳴かないので見つけるのに少し時間がかかります。

1IMG_1170.jpg

まだ子供の模様
(撮影・岡井孝さん)



雨音ときどき金属音
ニイニイゼミやミンミンゼミ、ヒグラシも鳴き始めサンクチュアリは急に夏の音に変わっています。雨が降っている間は控えめなセミの鳴く声ですが、雨が止むと一斉にセミの鳴く声が観察舎に響き渡ります。あまりにもたくさんのセミが金属音のような声でなくので、セミの居場所がまったくわかりません。

1IMG_1173.jpg

ニイニイゼミみっけ!
(撮影・岡井孝さん)


国蝶
閉園間近な夕方頃、サンクチュアリの大人気昆虫レストランに日本の国蝶「オオムラサキ」のきれいなオスが出現しました。「光が丘公園でオオムラサキが見られるなんて!」とスタッフや来園者は歓喜の声を上げていましたがちょ~っと待ってください。実はレッドデータブックによると東京都区部でオオムラサキは絶滅していると考えられているのです。傷ひとつないきれいな個体なので台風に飛ばされてきたわけではなさそうです。もし人為的にオオムラサキを生息地ではない場所に放したとしたら、環境の違う場所でオオムラサキはどうやって生きていくのでしょうか。とてもかわいそうです。

1DSCN6466.jpg

日本の国蝶
(撮影・高橋嘉明さん)


今日確認された鳥:オオタカ、カワセミ、ツバメ、シジュウカラ等9種(つちや)


このページのトップへ

コメント

2週間ぶりに訪問しました。カワセミとアオサギの写真は撮れました。カイツブリは隠れて見れませんでした。そして、入り口の花も楽しめました。スッポンの卵始めてみました。小さく、まん丸で可愛いと思いました。オオムラサキ、写真で見ても綺麗ですねぇ。光が丘で生まれたと信じたいものです。アオサギも数が少なくなったら今の内に写真に収め様と思いました。光が丘に週末居る限り楽しませて頂きたいと思います。宜しくお願いします。

  • 2015/07/19(日) 00:08:43 |
  • URL |
  • 古田 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1764-d06f54c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード