光が丘公園バードサンクチュアリ

虫づくしなサンクチュアリ!!

2015年8月22日(土)晴れ
平日の作業でサンクチュアリの水辺に生えているヒメガマやフトイなどの植物を刈り取ったので、一週間前と比べてかなり景色が変わっています。これからどんな鳥が利用するのかとても気になります。クサギの花にはハチやチョウなどの昆虫が蜜を吸いにきています。

1クロアゲハ150822_岡井さん

クロアゲハとクサギの花
(撮影・岡井孝さん)



危険なトゲトゲ
サンクチュアリの観察舎に今年はたくさん見かけるガの幼虫「ヒメクロイラガ」主にケヤキやクヌギの葉を食べるので、ケヤキやクヌギを植えている場所ではよくみかけます。今年は何かの影響を受けたのか、幼虫の姿をたくさん見ます。黒いトゲに触るととっても痛いので、絶対触らないでくださいね。

1CIMG1110.jpg

気をつけて!あなたの足元にいるかもしれませんよ…



赤いのと赤くないの
雨が少なく樹液の出が少ない樹液レストランですが、今日はチョウで少しだけ賑わっていました。よくいる常連チョウのサトキマダラヒカゲやコムラサキ、アカボシゴマダラに混じってゴマダラチョウが樹液にきていました。ゴマダラチョウはもともとこの地域にいたチョウですが、アカボシゴマダラはもともとこの地域にはいなかった外来種のチョウです。ゴマダラチョウとアカボシゴマダラの幼虫は食べる餌が一緒なので、今後の変化に注目したいです。

1ゴマダラチョウ1_150822_岡井さん

いつまでも見たいゴマダラチョウ
(撮影・岡井孝さん)


1アカボシゴマダラ150822_岡井さん

本来の生息地で見たいアカボシゴマダラ
(撮影・岡井孝さん)


本当の絶滅危惧種
サンクチュアリにいると年に数回ほど貴重な昆虫と出会うことがあります。今日はその貴重な昆虫「ウバタマムシ」が出現しました!!東京都では絶滅危惧種に指定されています。タマムシと聞くと緑色のキレイな虫をすぐに思い浮かべますが、ウバタマムシは渋い落ち着きのある色をしています。最近では虫を見たり触ったりすることが「怖い」という子供が多いように思いますが、今日は一人の女の子が怖がることも無くウバタマムシをじっくり観察して楽しんでいました!本当に貴重なのは生き物に興味を持つ子供たちかもしれません。

1ウバタマムシ150822_斉藤豊広さん

次はいつ会うことができるのでしょうか?
「ウバタマムシ」
(撮影・斉藤豊広さん)


1CIMG1117.jpg

ウバタマムシで楽しむ虫ガール!!


1CIMG1127.jpg

来年も見たいから…観察したらちゃんと自然に帰します
「また会おうね!さようなら!」


今日確認された鳥:アオサギ、カルガモ、カワセミ等9種(つちや)
このページのトップへ

コメント

暑い中、野原で伸びてる草刈りと運び出しご苦労様でした。サンクチュアリーの中の草原も環境がスッキリと変わりましたね。今後の生き物が楽しみです。作業の後はセンダンの木陰の食事会の様な和やかな光景を遠目でみました。沢山の人だった様に思いました。今日のサンクチュアリーはカルガモファミリーと思われる鳥を見せて貰いました。虫は気に止まりませんでした。ポンプ池は教えて貰いましたので気を付けて眺めたいと思います。明日のイベント天気は昼間何とか曇りで推移する予報なのでこれが当れば良いな!と願っています。

  • 2015/08/23(日) 00:18:14 |
  • URL |
  • 古田 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1777-44fe11cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード