光が丘公園バードサンクチュアリ

水辺の生き物と鳥たち

2015年8月23日(日)曇り時々雨

今日は半袖でいると時折肌寒く感じるほどの気候。お昼過ぎには小雨もぱらつきました。
さて、今日はサンクチュアリの池にボートで入る「水辺の生き物教室」というイベントが開催されました。
一般のお客さんが行事として池に入れるのは、年に一度、この日だけ。池に人が入ったため、鳥はあまり見られませんでしたが、代わりに珍しい虫が現れてくれました。


何をはかるの?

ゆっくり・大きい・いつも寝てる……と、何となく呑気そうな気がするアオサギですが、実はとても神経質な鳥です。池側に人が入ればもちろん、観察舎の窓からビニール袋が落ちたりしても驚いて逃げてしまいます。
そのため、行事が始まり池側に人が入ると一目散に逃げていきました。

かわりにサンクチュアリ入り口の池に、モノサシトンボという珍しいトンボが現れました。
イトトンボというとても細い身体のトンボのなかまで、黒い腹の節に水色の線があり物差し=定規のように見えるのが名前の由来です。

モノサシトンボ_150823斉藤さん
説明するより写真を見た方がわかりやすいです!
(撮影・齋藤豊広さん)



池に人が入ると…

水辺の生き物教室では、参加者はボートに乗って池を廻ります。去年好評だった「胴長おとな」(胴長を着て池に入ります、大人のみ)も今回も実施しました。
例年、途轍もない猛暑で子供たちがボートの上で伸びてしまうのですが、今日はかなり涼しく絶好の日和でした!

アメリカザリガニやウシガエルなどの外来生物を捕まえるために池の中に設置してあるワナを見て回ります。
ザリガニが大量に入っていたりすると、池側から歓声が聞こえていました。

CIMG1956.jpg
子供はボートに乗って、大人は胴長を着てボートを押します。
(船酔いに注意!)


さて、池に人が入ったせいでアオサギは早々にいなくなりましたが、カルガモは逃げません!
もちろん近付いてはきませんが、ボートの横を上手にすり抜けて、うまくやり過ごしていました。目の前を泳いでいくカルガモに参加者の皆さんも大喜びでした。
8Y4A6671.jpg
この距離感!
(撮影・岡井孝さん)


他にもオナガやシジュウカラは人間のことなど気にせず…いやちょっとだけ気にして、木から木へ飛び回っていました。
鳥と人間の距離の近さにスタッフもちょっと驚きました。

8Y4A6696.jpg
オナガ「いつもスタッフが来るから慣れてるんだよね~」「ね~」
(撮影・岡井孝さん)



好評でした!水辺の生き物展示

捕まえた魚たちは水槽に入れて観察舎で展示しました。
一般のお客さんも「こんな魚がいるの?」「ウシガエルのオタマジャクシが大きすぎる!!」と、好評でした。
また、サンクチュアリの隣の観賞池で捕獲した金色のコイも展示しました。外来生物には元々ペットだった生き物も多く、人間の都合で放されてしまったこと、生き物を飼ったら最後まで責任を持って飼うことをお話しすると、子供たちも真剣に聞き入っていました。

こうした講座を切っ掛けに、何もいないように見える池にも色々な生き物が生息していること、そこに本来いなかった生き物を放してしまうとバランスが破壊されてしまう……ということを多くの人に伝えられれば、と思いました。


CIMG1775.jpg
石にくっつくトウヨシノボリ!
こんな姿も観察出来ました。


さて、「水辺の生き物教室」は来年も8月の末頃に開催する予定です。今回参加し損なった方、様子を見ていて参加したくなった方、来年の六月頃から当ブログなどをチェックしてみてください。
また本日は行事の開催にあたりまして、一般のお客様のご理解・ご協力に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

今日確認された鳥:アオサギ、オナガ、カワセミ等9種(おがわら)
このページのトップへ

コメント

いつも見守って頂きありがとうございます。
毎年大人気の講座なので、1人でも多くの方に参加して頂きたいと思っており、そのお言葉はありがたい限りです。
普段は見られない「人が池に入っているときの鳥たちの動き」は興味深かったですね。オナガにカルガモ、人を恐れないので不思議です。
是非またお越しください!

  • 2015/08/28(金) 11:23:09 |
  • URL |
  • おがわら #-
  • [編集]

イベントご苦労様でした。私は昼過ぎ見物に行きましたが参加者、親御様もとても楽しそうで見ていて微笑ましく思いました。何年も申込み一杯と云われてたけど今年参加出来て最高と語る母親とも話ししました。小雨も間も無く上がり楽しまれた事と思います。私は、オナガとカルガモが一緒に納まる写真が撮れてとても嬉しく思いました。

  • 2015/08/24(月) 11:19:36 |
  • URL |
  • 古田 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1778-d3c18a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード