光が丘公園バードサンクチュアリ

秋が深まるサンクチュアリ

2015年10月10日(土)くもり

急に秋が深まったような陽気になりました。朝夕は寒いくらいで、日中も涼しくなりましたね。そんな陽気の中、サンクチュアリでは季節移動をしている鳥たちが今日も見られました。

エゾビタキ来ました!
日本では繁殖も越冬もしないですが、渡り途中の中継地点として日本に立ち寄る鳥を旅鳥といいます。エゾビタキも旅鳥で、サンクチュアリを中継地点としているようです。昨年も見られて、今年も見ることができました。ヒタキ類の同定は難しいのですが、サンクチュアリ常連の方々にアドバイスを頂きながら、分かるようになってきました。


エゾビタキ_岡井孝さん151010
羽の白い模様がきれいですね。
(撮影:岡井孝さん)


モズがせわしなく動いて、そして鳴いてます
1年中日本で見られますが、夏は山地に、冬になると低地に移動するような鳥を漂鳥といいます。モズも漂鳥で、サンクチュアリでも最近見られるようになりました。せわしなくあちこちを動きまわり、そしてせわしなく鳴いています。モズは他の鳥の鳴きまねもするため、注意して聞いているといろんな鳴き声が聞けておもしろいです。


モズ_岡井孝さん151010
かわいらしい表情のモズ
(撮影:岡井孝さん)


久しぶりのカイツブリ!
久しぶりにカイツブリを見ることができました。今年の7月以来です。カルガモにまじったりしてゆうゆうと泳いでいました。ゆうゆうと泳いでいるように見えますが、カイツブリ本人は必至で泳いでいるんだろうな、と思ったりしました。


カイツブリ_岡井孝さん151010
目が独特ですね。私はこの目が好きです。
(撮影:岡井孝さん)


おなかがパンパンに膨れたハラビロカマキリ
秋が深まり、カマキリのおなかは産卵を控えてパンパンになっております。今日見つけたハラビロカマキリもおなかをパンパンにしていました。もうじき産卵するのでしょうね。


R0019926.jpg
カマキリは目を発達させているので、主に目で敵や餌を認識します。私が近寄ったところ、こちらを向いて様子を伺っていました。



今日確認された鳥:カイツブリ、モズ、エゾビタキ、キセキレイなど計14種(ひろなか)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1801-e043857c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード