光が丘公園バードサンクチュアリ

秋終盤のバードサンクチュアリ

2015年10月25日(日)晴れ
秋も終盤に差しかかってきたでしょうか。今日は寒さを感じた方も多いと思います。それもそのはず、昨日の夜には木枯らし1号が吹いたそうです。その木枯らし1号の影響で、バードサンクチュアリの観察舎にはかなりの量の落ち葉がありました。

R0020030.jpg
朝は落ち葉の清掃。観察舎の池でも落ち葉とり。


冬鳥続々と到来!
日に日に寒くなるにつれて、冬鳥を見る機会が確実に多くなっています。代表的な冬鳥であるジョウビタキを、今日はオスとメスどちらも見ることができました。ヒタキ類のメスの判別は難しいですが、ジョウビタキはオスもメスも翼に白い斑紋があります。

151025ジョウビタキ古屋さん
ジョウビタキのオス。オスの胸は鮮やかなオレンジ色です。
(写真:古屋真さん)


151025ジョウビタキ岡井さん
ジョウビタキのメス。全体的に地味な色ですが、翼にはっきりとした白い斑紋があります。
(写真:岡井孝さん)


渡っている夏鳥もまだ見られます!
今日はキビタキのメスが見られました。9月によく現れた同じく夏鳥のツツドリは最近全く姿を見なくなりました。もう渡っていったのでしょうね。キビタキに会えるのもあと僅かかもしれません。

151025キビタキ岡井さん
キビタキのメス。
(写真:岡井孝さん)


枯れ始めたススキとコバネイナゴ
ススキの葉もだいぶ茶色が目立つようになりました。バッタ類が見られるのもあと1~2週間でしょうか。でも、最後の最後まで頑張っているようで、コバネイナゴには出会いがあったようです。コバネイナゴを含むバッタ類の多くは土の中に卵を産んで、卵で冬を越します。
151025コバネイナゴ岡井さん
コバネイナゴのペア。秋の終わりを感じさせられるワンショットですね。
(写真:岡井孝さん)


今日確認された鳥:オナガガモ、ジョウビタキ、キビタキなど計11種(ひろなか)
このページのトップへ

コメント

古田様

コメントありがとうございます。
オシドリは土曜日だけの出現だったようです。次回はジョウビタキが撮影できると良いですね。

  • 2015/10/26(月) 18:51:12 |
  • URL |
  • つちや #-
  • [編集]

昨日もカメラマンさんが大盛況でしたね。鳥を見れる良い季節に為ったのでしょうね。ジョウビタキ、オス、メス居たんですね。私は、望遠鏡でメスを見ましたがカメラで取らえる事が出来ず飛び去られました。オスの写真は最近掲示されたので覚えてましたが昨日も現れたとは見れずに残念です。木枯らし一号吹きましたが、昨日の日中も風は強かった様に思います。落ち葉掃除ご苦労様でした。今日鑑賞池に居たら何処かの人が、バードサンクチュアリーのブログを見て、オシドリを見に来たけど休みで残念でしたと云われてました。色々聞かれたのでブログで読んだ知識の範囲でお答えしました。このブログのお陰で他所の人と親しく為りました。

  • 2015/10/26(月) 15:51:49 |
  • URL |
  • 古田 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1810-5e117556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード