光が丘公園バードサンクチュアリ

冬真っ盛り!

2016年1月30日(土) みぞれのち曇り
朝から気温がほとんど上がらず、これぞ冬のバードサンクチュアリ!というようなしばれる1日になりました。
前日までの大雪予報は運良く外れたものの、午前中には一時的に雪に近いみぞれも降りました。
どうせ寒いならたくさん雪降って、雪遊びをしたかった!と悔しがっている子どもたちもきっといることでしょう。

帰ってきたアオサギ
戻ってきたと思ったら、やっぱりいなくなったりと不安定な動きを見せているアオサギたち。
今日は朝から6羽が対岸の木に止まっていました。
その後一部は一旦飛んでいきましたが、午後に再び戻ってきて、最終的には7羽が見られました。
徐々に警戒心が取れてきたのか、観察舎の目の前にも下りていました。
来園者からの注目度も高いアオサギの動向は今後も気になるところです。

アオサギ160130
向こう側が気になる


きれいな白髪
アオサギにつられて、かどうかは分かりませんが、同じ魚食性のカワウが3羽見られました。
これだけ魚を食べる鳥たちが集まっているということは、エサとなる魚が豊富である証拠かもしれません。
ちなみに、カワウは繁殖期になると、きれいな白髪になります。

カワウ160130
苦労が絶えないから白髪になったわけではありません


気になる冬鳥の数
先日雪が降った後くらいからか、それまでたくさんいたツグミやシメの数が一気に減ったように感じます。
ツグミツリーやシメツリーも今日は見られませんでした。
雪でエサが探しにくくなったのか、はたまたあまりの寒さにもう少し暖かい場所へ行ってしまったのか、気になるところです。

ツグミ_斉藤豊広さん160130
少数精鋭だけどまだいるよ!
(撮影:齋藤豊広さん)


ジョウビタキメス_岡井孝さん160130
白い紋付きジョウビタキも元気に飛び回っています
(撮影:岡井孝さん)


癒しの小鳥たち
そんな中、今日一番の賑わいを見せたのは、小鳥たちの混群が観察舎近くまでやってきたときでした。
一番人気はやっぱりエナガ!
小さい体に長い尾っぽ、愛嬌のある顔と行動に誰しもが虜になってしまいます。

エナガ3_伊勢原さん160130
動きが軽やか!
(撮影:伊勢原さん)


エサ探しに夢中なせいか、はたまた人が少なかったせいか、コゲラもすぐ近くで観察できました。

コゲラオス_斉藤豊広さん_160130
尾っぽで体を支えています


コゲラオスアップ_斉藤豊広さん_160130
オスの特徴、後頭部のオレンジがこんなにはっきり!
(ともに撮影:齋藤豊広さん)


他にシジュウカラやメジロも群れに混じっていました。
どの鳥もちょこまかと枝と枝、木と木の間を軽やかに動き回り、エサとなる虫を丹念に探していました。

今日確認された鳥:21種 コガモ、ウグイス、シロハラなど
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

古田さま

昨日は鳥運がついていましたね。
またのご来園をお待ちしております。

  • 2016/01/31(日) 17:03:35 |
  • URL |
  • いわもと #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1856-114efa45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード