光が丘公園バードサンクチュアリ

良い天気に誘われて

2016年2月7日(日)晴れ
今日はすっきり晴れ渡り、日向にいるととても心地よい一日でした。
一方で、日陰で北向きの観察舎にいると、相変わらず冬らしい寒さを感じました。
サンクチュアリにお越しの際は、良い天気だからと言って油断しないで、防寒対策万全で来ることをお勧めします。

未確認泳行物体?!
サンクチュアリ池の中を何やら怪しい物体が泳ぎ回っていました。
池の真ん中あたりや、池岸沿いを丹念に何かを探しながら泳ぎ回っている様子・・・。

カワウのようなもの160207
一体何者?!


水面から顔を出すと、黒い体に緑の目!カワウでした!
エサの魚を探して泳ぎ回っていたんですね。
午前中から2羽見られ、午後にはさらに2羽飛んできました。

カワウ羽干し_古屋さん160207
シンクロ10点!
真っ黒な個体(左)が大人、少し茶色味を帯びている個体(右)が若鳥
(撮影:古屋真さん)


水辺に集まれ!
サンクチュアリの池岸やポンプ池には、水飲みや水浴びのためによく小鳥たちが降り立ちます。
今日は集団での来客が何度かありました。
どの鳥も、はじめは池岸の木に止まって危ないことがないか確認し、その後水辺へ降り立つことが多いです。

カワラヒワアップ_岡井孝さん160207
まずは池岸の木に集まるカワラヒワ。

カワラヒワ_岡井孝さん160207
何羽いるか分かりますか?

カワラヒワこたえ_岡井孝さん160207
赤丸の中に11羽でした!
(すべて撮影:岡井孝さん)


群れでやってくると、いろんな個体が見られるので、雌雄や年齢を観察するには持って来いです。
みんな同じに見えるシメもよくよく見るとオスとメスで羽色が違うことが分かります。

20160207シメ雄_古屋さん
シメの男の子。顔の茶色が鮮やかで、目先が黒く、より悪人面っぽい。

20160207シメ子_古屋さん
シメの女の子。オスよりも色が淡い。
(ともに撮影:古屋真さん)


ずっとかくれんぼ
池岸に広がるフトイの藪の中から、ウグイスに似た「チャッ、チャッ」という声が聞こえました。
何やら小さな鳥が藪の中を動き回っている様子。
一瞬、少しだけ藪の中から茶色い小さな鳥が姿を現しました!

ミソサザイ_齋藤豊広さん160207
こんにちは「ミソサザイ」です。常に尾っぽは上を向く!
(撮影:齋藤豊広さん)


夏場は山地渓流ですごくきれいなさえずりを響かせていますが、冬場は平野部に下りてくる個体もいるようです。
サンクチュアリでは冬場に見られることがありますが、かくれんぼ上手のため、姿を見られてもほんの一瞬であることがほとんどです。

今日確認された鳥:ノスリ(飛び去る)、ジョウビタキ♀、シロハラなど 19種
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1861-65b040f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード