光が丘公園バードサンクチュアリ

春の嵐がハプニングを呼ぶ?!

2016年3月19日(土)雨のち晴れ
朝から雨が降りしきり、鳥も人も静かなサンクチュアリになるかと思いきや、午後からは晴れて気温も上がり春を感じる1日となりました。
公園内のソメイヨシノのつぼみもほころび始め、本格的な春が近づいてきています。

サクラ_岡井孝さん160319
彩り増える季節です
(撮影:岡井孝さん)


ハプニング!
「今日は雨のせいか鳥も静かですね。」と来園者と話していたところ、「ギィーッ」という声が次々と観察舎上のケヤキの木に舞い込んできました。
「あれ?まだ子連れでもないのに4羽のコゲラだ。どういう関係かな?」と思って見ていると、なんと2羽がもつれ合うように木から観察舎の床に、まさに落ちてきました。
そして次の瞬間、1羽が目の前にいた来園者の服に止まったのです!

錯乱コゲラ160319
ここはだれ?わたしはどこ?


あろうことか人間に止まるとは、人もコゲラも予想だにしていないこと。
落ちた衝撃か、争いに敗れた?せいか、コゲラも相当ショックを受けていたのでしょう。
10秒ほど留まった後に近くの木へ移り、しばらく放心状態が続き、その後元気に飛んで行きました。
一生に一度あるかないかの珍事に来園者もびっくり!でも一番驚いていたのは当のコゲラかもしれません。

久々に登場
今日は久々に猛禽類の一種、ノスリが姿を見せてくれました。
前と同じように、森の中に下りると、ヒキガエルを捕まえて食べていました。

ノスリ160319
ここのヒキガエルおいしいね。
(撮影:岡井孝さん)


肉食の猛禽類がいるということは、そのエサとなる生き物(ノスリの場合はヒキガエルなどの両生類爬虫類が主食)が棲める環境だということです。
ヒキガエルなどの在来のいろんな生き物が棲める環境を整えていきたいですね。

春眠暁を覚えず?
アオサギの数も少しずつ減ってきて、最近では10羽前後を推移しています。
その中に、必ず中の島の決まった位置でお昼寝?している幼鳥を最近よく見かけます。
今日も冷たい雨の中ウトウト。
水を飲む時もそのままの体勢で首を伸ばして飲むようです。
島で獣に襲われる危険性が少ないから安心してるのか、それにしても油断しすぎでは?と心配になってしまいます。

おやすみアオサギ160319
おやすみ・・・


スキマダイスキ
朝スタッフが準備をしていると、見慣れた風景に怪しい黒い影が…

おやすみコウモリ広角160319
こどもたちが描いてくれたいきものしらべの展示ですが、よーく見ると…


おやすみコウモリ160319
こんなところに!


展示を貼っている板と壁の隙間にいたのは、なんとアブラコウモリでした!
そろそろ冬眠から醒めて、活動を始める頃ですね。
この板と壁の隙間で冬眠していたのでしょうか?はたまた別のところから飛んできて、昼間休んでいただけでしょうか?
閉園後、まだ明るい空を見上げると、別個体のアブラコウモリが空を飛び回っていました。

夕暮れに飛ぶコウモリ160319_2
飛ぶコウモリ


今日確認された鳥:コガモ16羽、シジュウカラ(さえずり)、ツグミ、ジョウビタキ♀など17種
(いわもと)
このページのトップへ

コメント

桜の開花、光が丘は明日かな?と思える状況に為って来たと思われます。コゲラ、落ちて来て人に止ったとは珍しい写真ですね。私は、木の葉の影や木を登っている姿は見ましたが、その様な展開とは驚きました。ノスリは見るのは最後になるかも知れないと云われ写真を撮りました。コウモリも珍しいですよね。教えて貰って写真に収めました。明日は好天の様なので混み合うでしょうが楽しみにして出掛けます。宜しくお願い致します。

  • 2016/03/20(日) 00:15:20 |
  • URL |
  • 古田 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikarigaoka.blog35.fc2.com/tb.php/1877-d587726a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最近の記事

月別表示

カテゴリー

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード